has_term

(3.1.0以降)
has_term - 投稿記事にタクソノミーが付属しているか調べる

説明

bool has_term( [ mixed $term = '' [ , string $taxonomy = '' [ , mixed $post = null ] ] ] )
投稿記事にタクソノミーが付属しているか調べる。

パラメータ

  • $term
    タクソノミーのID、名前、スラッグか、それらの配列を指定(省略時は'')。
  • $taxonomy
    タクソノミー名として'category'や'post_tag'などを指定(省略時は'')。
  • $post
    投稿IDか投稿情報のオブジェクトを指定(省略時はnull)。

返り値

パラメータ$postで指定された投稿情報にパラメータ$termで指定されたタクソノミーが付属している場合はtrue、属していない場合はfalseを返す。

注意

in_categoryhas_categoryhas_tag関数からを呼び出されている。

使用例

  • 現在の投稿記事が「ニュース」カテゴリーに属しているか調べる。
    <?php if ( has_term( 'ニュース', 'category' ) ) : ?>
  • 現在の投稿記事に「新商品」投稿タグが付属しているか調べる。
    <?php if ( has_term( '新商品', 'post_tag' ) ) : ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/category-template.php

関連

  • has_category - 投稿記事がカテゴリーに属しているか調べる
  • has_tag - 投稿記事に投稿タグが付属しているか調べる
  • in_category - 投稿情報のカテゴリーを調べる

お勧めコンテンツ

HTML entities button:プラグイン作ってみました(2011年6月29日 登録)

以前投稿した「HTML編集モードに定型文ボタンを追加する」をアレンジして、HTML編集モードに特殊文字(HTMLエンティティ)を挿入できるボタン、顔文字を挿入できるボタン、過去の投稿ページのリンクを挿入できるボタンを追加するプラグインを作ってみました。HTML編集モードの作業効率を向上させるプラグインです。2.0.0の新機能は「こちら」で確認してください。HTML編集モードをメインに使用されている方は、お試しあれ。

購読者は管理者ページのアクセス禁止(2013年11月12日 登録)

購読者(subscriber)は、通常「ダッシュボード」「プロフィール」にアクセスできるが、今回はプロフィールを独自に管理する準備を兼ねて、これらのページにアクセスできないようにブロックしてみた。

初期状態で「抜粋」ウィジェットを表示する(2014年1月7日 登録)

投稿編集ページのウィジェットは標準で表示されるものとされないものがある。フォーラムに『投稿の編集画面にデフォルトで抜粋を表示させたい』という投稿があったので、ちょっと調べてみた。

同じ名前のメタ情報をまとめて削除する(2014年3月21日 登録)

WordPressには、投稿情報、コメント情報、ユーザ情報のそれぞれを拡張できるメタ情報の仕組みが用意されている。投稿情報のメタ情報は「カスタムフィールド」として投稿画面に用意されているので投稿者自身が随時操作できるほか、テーマやプラグインからの操作も容易である。今回の中身はそんなメタ情報の一括削除の話だ。

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

最終更新日時 : 2012-01-17 17:27