has_term_meta

(4.9.0以降)
has_term_meta - タームのメタ情報を取得する

説明

mixed has_term_meta( int $term_id )
タームのメタ情報を取得する。

パラメータ

  • $term_id
    タームIDを指定。

返り値

タームのメタ情報(連想配列)を配列で返す。メタ情報がない場合は空の配列を返す。

注意

WordPressのDBバージョン番号が34370(WordPress 4.4.0は35700)より小さい場合は必ずfalseとなる。

同様な関数としてget_term_meta関数があるが、取得できる情報としてメタ情報IDの有無がある。2つの関数の返り値は次の通り。

has_term_meta( $term_id )get_term_meta( $term_id )
array(1) {
  [0]=>
  array(4) {
    ["meta_key"]=>
    string(4) "test"
    ["meta_value"]=>
    string(10) "test_value"
    ["meta_id"]=>
    string(1) "3"
    ["term_id"]=>
    string(1) "1"
  }
}
array(1) {
  ["test"]=>
  array(1) {
    [0]=>
    string(10) "test_value"
  }
}

使用例

  • タームのメタ情報があるか調べる。
    <?php if ( ! empty( hast_term_meta( $term_id ) ) ) : ?>
  • タームのメタ情報をすべて取得する。
    <?php $meta = has_term_meta( $term_id ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/taxonomy.php

関連

お勧めコンテンツ

日本語が含まれていないコメントを無効化する(2012年1月31日 登録)

日本のユーザーを対象にサービス(情報)展開しているサイトの場合、英文のみのコメントはあまりうれしくない。ましてやスパムコメントの対応は時間の無駄でしかない。そんなわけで、日本語を含んでいないコメントを無効化することにした。

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

全投稿を取得するのはnopaging=1でいい(2011年8月29日 登録)

query_posts関数(またはWP_Queryクラス)を使う場合、取得する件数の指定を省略すると管理者ページの「表示設定」-「1ページに表示する最大件数」の指定値分だけの投稿情報を取得する。それでは条件にマッチするすべての投稿情報を取得するには?

開発環境(Windows 8)にimagickを入れる(2012年12月23日 登録)

WordPress 3.5のイメージエディタ(WP_Image_Editor)は、GDだけでなく、imagick(ImageMagick)にも対応している。そんなわけでWindows 8の開発環境にimagickをインストールしてみた。

WP_List_Tableクラスを使ってみた(2017年8月23日 登録)

WordPressの管理画面ではデータを一覧表示しているページがいくつもある。今回この仕組みを自分のプラグインでも使ってみたいと思い、調査しながらプラグインに組み込んでみた。

最終更新日時 : 2017-11-29 10:34