human_time_diff

(1.5.0以降)
human_time_diff - 時間差を感覚的な表現で取得する

説明

string human_time_diff( int $from [ , int $to = '' ] )
時間差を'5分'や'2日'のような感覚的な表現で取得する。

パラメータ

  • $from
    比較する時刻(GMT秒)を指定。
  • $to
    比較するもう1つの時刻(GMT秒)を指定(省略時は'')。

返り値

時間差を示す文字列を返す。

注意

パラメータ$toが省略された(''の)場合は、呼び出し時点の時刻が適用される。パラメータ$from$toの差のみを評価し、前後の判定は行わない。
出力される文字列は次の形式となる(言語設定によって変わる)。

時間差日本語環境英語環境
1時間未満nn min または n mins
1時間以上24時間未満n時間n hour または n hours
24時間以上7日未満nn day または n days
7日以上30日未満nn week または n weeks
30日以上365日未満nか月n month または n months
365日以上nn year または n years

使用例

  • 投稿情報$postがいつ投稿されたのかを取得する。
    <?php $diff = human_time_diff( $post->post_date ); ?>

フィルター

[4.0.0]時差を示す文字列を返す直前で'human_time_diff'フィルターを呼び出す。パラメータ$sinceは時差を示す文字列、$diffは時差の秒数、$from$toは本関数が受け取った値となる。
return apply_filters( 'human_time_diff', $since, $diff, $from, $to );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/formatting.php

関連

  • date_i18n - 日付/時刻を書式化した文字列を取得する
  • _n - 数値フォーマットの翻訳テキストを取得する

お勧めコンテンツ

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2015年3月14日 登録)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。

投稿記事でrubyタグを使えるようにする(前編)(2012年1月25日 登録)

rubyなどのルビ関連タグはIEの独自サポートから始まり、少し前のChrome/Safariが追随して利用できるようになっている。Firefoxはいまだにサポートしていないのだが、それなりに代替表示されるので、投稿記事で使えるようにしてみた。

投稿画面のウェジェットを2列にする(2013年1月25日 登録)

ダッシュボード画面ではスクリーンレイアウトを最大4列まで選択できるのに、投稿画面は1列か2列のどちらか。高解像度のディスプレイを使っていると、投稿画面では大画面のメリットを生かせていない理由がここにあるのではと感じ、3列対応にしてみた。

タイトルのみをキーワード検索する(2014年4月3日 登録)

WordPressのキーワード検索は、投稿タイトルと本文のどちらかに指定したキーワードが含まれているかを調べるわけだが、時々タイトルだけとか、逆に本文だけ検索したいケースがある。

最終更新日時 : 2014-09-05 10:05