human_time_diff

説明

string human_time_diff( int $from [ , int $to = '' ] )
時間差を'5分'や'2日'のような感覚的な表現で取得する。

パラメータ

  • $from
    比較する時刻(GMT秒)を指定。
  • $to
    比較するもう1つの時刻(GMT秒)を指定(省略時は'')。

返り値

時間差を示す文字列を返す。

注意

パラメータ$toが省略された(''の)場合は、呼び出し時点の時刻が適用される。パラメータ$from$toの差のみを評価し、前後の判定は行わない。
出力される文字列は次の形式となる(言語設定によって変わる)。

時間差日本語環境英語環境
1分未満*nn second または n seconds
1時間未満nn min または n mins
1時間以上24時間未満n時間n hour または n hours
24時間以上7日未満nn day または n days
7日以上30日未満nn week または n weeks
30日以上365日未満nか月n month または n months
365日以上nn year または n years

*[5.3.0]時間差が1分未満の場合に秒単位で表示するようになった。


使用例

  • 投稿情報$postがいつ投稿されたのかを取得する。
    <?php $diff = human_time_diff( $post->post_date ); ?>

フィルター

[4.0.0]時差を示す文字列を返す直前で'human_time_diff'フィルターを呼び出す。パラメータ$sinceは時差を示す文字列、$diffは時差の秒数、$from$toは本関数が受け取った値となる。
return apply_filters( 'human_time_diff', $since, $diff, $from, $to );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/formatting.php

最終更新 : 2019年11月18日 14:48



お勧め

ダッシュボードの「クイックドラフト」を「CodeMirror」に変更してみた(2019年11月5日 更新)

管理ページの「テーマエディター」では4.9以降「CodeMirror」が利用されている。今回はこの「CodeMirror」をプラグインで活用できないか調べた話である。

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2018年5月27日 更新)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

Blacklist keys manager:プラグイン作ってみました(2015年5月22日 更新)

少し前から明らかにスパムと思われるコメントが投稿され、そのモデレーションメールを受け取る回数が増えてきた。あまりにもあからさまなコメントばかりなので、何らかの対策ができないか考えてみました。

5.5の機能強化:テーマ変更時に要求バージョンを確認(2020年8月12日 更新)

WordPress 5.5 RC 2が公開され、来週には正式版がリリース。変更箇所が多い「WordPress 5.5 RC 2(以降RC 2)」のソースコードを眺めていると、テーマの切り替え前にWordPressとPHPのバージョンを確認するようになっていた。

投稿内容に応じてwpautopを制御する(2013年8月13日 更新)

投稿内容を表示する the_content関数では、 wpautop関数がフィルターの1つとして呼び出され、改行をbrタグに変換したり、pタグで調整したりする。この機能自体は便利なのだが、きちんとデザインされたHTMLソースを流し込んだ場合はこの機能は好ましくない。そんなわけで、記事内容に応じてwpautop関数を制御できないか考えてみた。