human_time_diff

(1.5.0以降)
human_time_diff - 時間差を感覚的な表現で取得する

説明

string human_time_diff( int $from [ , int $to = '' ] )
時間差を'5分'や'2日'のような感覚的な表現で取得する。

パラメータ

  • $from
    比較する時刻(GMT秒)を指定。
  • $to
    比較するもう1つの時刻(GMT秒)を指定(省略時は'')。

返り値

時間差を示す文字列を返す。

注意

パラメータ$toが省略された(''の)場合は、呼び出し時点の時刻が適用される。パラメータ$from$toの差のみを評価し、前後の判定は行わない。
出力される文字列は次の形式となる(言語設定によって変わる)。

時間差日本語環境英語環境
1時間未満nn min または n mins
1時間以上24時間未満n時間n hour または n hours
24時間以上7日未満nn day または n days
7日以上30日未満nn week または n weeks
30日以上365日未満nか月n month または n months
365日以上nn year または n years

使用例

  • 投稿情報$postがいつ投稿されたのかを取得する。
    <?php $diff = human_time_diff( $post->post_date ); ?>

フィルター

[4.0.0]時差を示す文字列を返す直前で'human_time_diff'フィルターを呼び出す。パラメータ$sinceは時差を示す文字列、$diffは時差の秒数、$from$toは本関数が受け取った値となる。
return apply_filters( 'human_time_diff', $since, $diff, $from, $to );

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/formatting.php

関連

  • date_i18n - 日付/時刻を書式化した文字列を取得する
  • _n - 数値フォーマットの翻訳テキストを取得する

お勧めコンテンツ

CSSやJavaScriptファイルのバージョン番号を変える(2017年3月14日 登録)

WordPress 4.7系の脆弱性をついた攻撃も落ち着いた感じなので、標準でヘッダーやフッター内に出力されるWordPressのバージョン番号について一考しました。

スクリプトファイルのバージョンパラメータを変更する(2015年2月10日 登録)

Java Scriptやスタイルシートの指定を直接head要素内に記述せず、wp_enqueue_scriptsフィルターなどを使って指定する場合、WordPressのバージョン番号が付与されている。このバージョン番号は、妥当なんだろうか。

Login rebuilder:プラグイン作ってみました(2013年1月18日 登録)

昨年投稿した「ログインページを変える」をプラグイン化。ログインページを独自の名前のページ変更し、標準のログインページwp-login.phpを使用できないようにするプラグインです。部外者によるwp-login.phpのアクセスにお悩みの方にお勧めします。また2.0.0では「XML-RPCリクエストの管理機能」を追加。最新の2.2.0では管理者のログイン時にメールで通知する機能を追加しました。

WP_Postオブジェクトで投稿情報を直感的に使う(2012年10月4日 登録)

WordPress 3.5で登場するであろうWP_Postクラス。WordPressの投稿情報は、投稿情報本体のほか、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールドなど、いくつかに分散して記録され、それぞれの情報を取得する際は、いくつかの関数をしていた。新しいWP_Postクラスにより、その習慣とおさらばできるかもしれない。

ショートコードを含んだページを表示する前に何か処理する(2014年5月28日 登録)

固定ページまたは投稿ページに独自のフォームを埋め込む。入力→登録の2段階のフォームなら著名なプラグイン「Contact Form 7」を利用すればいいのだが、クライアントの依頼は入力→確認→登録の3段階で組み込む要素が特化していたので、独自の実装方法を考えることになった。

最終更新日時 : 2014-09-05 10:05