image_constrain_size_for_editor

(2.5.0以降)
image_constrain_size_for_editor - 画像イメージの縮小サイズを取得する

説明

array image_constrain_size_for_editor( int $width, int $height [ , mixed $size = 'medium' ] )
イメージの縮小サイズを取得する。

パラメータ

  • $width
    イメージの幅を指定。
  • $height
    イメージの高さを指定。
  • $size
    縮小サイズ方法として幅と高さの配列か、文字列の'thumb'、'thumbnail'、'medium'、'large'、'full'を指定(省略時は'medium')。

返り値

縮小した幅と高さを格納した配列を返す。

注意

パラメータ$sizeに'thumb'、'thumbnail'、'medium'、'large'の何れかが指定されている場合は、管理ページのメディア設定にて指定しているそれぞれの幅と高さが適用される。なお、'large'の場合にはグローバル変数$content_widthget_option('large_size_w')の小さい値が幅の基準値となる。

使用例

  • 幅1024、高さ768のサムネイルサイズを取得する。
    <?php $size = image_constrain_size_for_editor( 1024, 768, 'thumb' ); ?>
  • 幅1024、高さ768を200×200に合わせて調整したサイズを取得する。
    <?php $size = image_constrain_size_for_editor( 1024, 768, array( 200, 200 ) ); ?>

フィルター

リサイズ後のサイズを返す前にeditor_max_image_sizeフィルターを実行し、そのフィルターの戻り値をwp_constrain_dimensions関数に渡し、その戻り値を返す。
apply_filters( 'editor_max_image_size', array( $max_width, $max_height ), $size );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/media.php

関連

お勧めコンテンツ

ダッシュボードのフィードボックスをカスタマイズ(2011年7月8日 登録)

管理者ページのトップページ「ダッシュボード」には、「WordPress 開発者ブログ」と「WordPress フォーラム」という2つのフィードボックスが表示されている。自分のような開発者には有益な情報をもたらしているが、一般の方には必要のない情報かもしれない。今回はこのフィードボックスをカスタマイズする方法を紹介する(管理者権限)。

テーマから投稿画像のサイズを指定する(2012年3月15日 登録)

投稿記事に挿入する画像サイズは、サムネイル(150×150)、中サイズ(300×300)、大サイズ(1024×1024)がデフォルトだが、テーマによっては別のサイズを指定したい場合はある。基本的には、「設定」-「メディア」の「メディア設定」ページで指定できるが、テーマ内のfunctions.phpで設定しておくとちょっと便利かもしれない。

WP_Postオブジェクトで投稿情報を直感的に使う(2012年10月4日 登録)

WordPress 3.5で登場するであろうWP_Postクラス。WordPressの投稿情報は、投稿情報本体のほか、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールドなど、いくつかに分散して記録され、それぞれの情報を取得する際は、いくつかの関数をしていた。新しいWP_Postクラスにより、その習慣とおさらばできるかもしれない。

投稿画面のウェジェットを2列にする(2013年1月25日 登録)

ダッシュボード画面ではスクリーンレイアウトを最大4列まで選択できるのに、投稿画面は1列か2列のどちらか。高解像度のディスプレイを使っていると、投稿画面では大画面のメリットを生かせていない理由がここにあるのではと感じ、3列対応にしてみた。

「姓」の後に「名」を(2013年11月6日 登録)

WordPressのユーザー情報設定ページでは、「名(First name)」の後に「姓(Last name)」を入力するようになっている。日本向けのユーザー登録できるサイトの場合、この並び順はちょっと違和感があるので、「姓」「名」の順に入力できるようにした。

最終更新日時 : 2011-12-01 13:43