image_constrain_size_for_editor

(2.5.0以降)
image_constrain_size_for_editor - 画像イメージの縮小サイズを取得する

説明

array image_constrain_size_for_editor( int $width, int $height [ , mixed $size = 'medium' ] )
イメージの縮小サイズを取得する。

パラメータ

  • $width
    イメージの幅を指定。
  • $height
    イメージの高さを指定。
  • $size
    縮小サイズ方法として幅と高さの配列か、文字列の'thumb'、'thumbnail'、'medium'、'large'、'full'を指定(省略時は'medium')。

返り値

縮小した幅と高さを格納した配列を返す。

注意

パラメータ$sizeに'thumb'、'thumbnail'、'medium'、'large'の何れかが指定されている場合は、管理ページのメディア設定にて指定しているそれぞれの幅と高さが適用される。なお、'large'の場合にはグローバル変数$content_widthget_option('large_size_w')の小さい値が幅の基準値となる。

使用例

  • 幅1024、高さ768のサムネイルサイズを取得する。
    <?php $size = image_constrain_size_for_editor( 1024, 768, 'thumb' ); ?>
  • 幅1024、高さ768を200×200に合わせて調整したサイズを取得する。
    <?php $size = image_constrain_size_for_editor( 1024, 768, array( 200, 200 ) ); ?>

フィルター

リサイズ後のサイズを返す前にeditor_max_image_sizeフィルターを実行し、そのフィルターの戻り値をwp_constrain_dimensions関数に渡し、その戻り値を返す。
apply_filters( 'editor_max_image_size', array( $max_width, $max_height ), $size );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/media.php

関連

お勧めコンテンツ

購読者は管理者ページのアクセス禁止(2013年11月12日 登録)

購読者(subscriber)は、通常「ダッシュボード」「プロフィール」にアクセスできるが、今回はプロフィールを独自に管理する準備を兼ねて、これらのページにアクセスできないようにブロックしてみた。

カスタム投稿タイプの投稿保存には専用アクションを使おう(2014年7月4日 登録)

カスタム投稿タイプを登録して、専用ウィジェット(meta_box)を使って拡張情報を入力させ、それらの情報をsave_postアクションで保存する。これまではこんな感じだったのだが、久しぶりにカスタム投稿タイプを使ったら、save_postアクションの前にsave_postに投稿タイプ名がくっついたアクションが追加されていた。

query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む(2011年9月6日 登録)

久しぶりにquery_posts関数を見直してみると、見知らぬパラメータがいくつか追加されていた。気になったのでカテゴリー関係の指定を'tax_query'パラメータを交えて整理してみた。

リクエスト応答を終了する前に何かを処理する(2013年9月26日 登録)

PHPでは、register_shutdown_function関数を使うことでリクエストに対してレスポンスを返した後に何らかの処理を行うことができる。WordPressでもregister_shutdown_function関数は使えると思うのだが、テーマ内のテンプレートでページを表示した後で何かを行う場合はどうすればいいのか、ちょっと調べてみた。

テーマから投稿画像のサイズを指定する(2012年3月15日 登録)

投稿記事に挿入する画像サイズは、サムネイル(150×150)、中サイズ(300×300)、大サイズ(1024×1024)がデフォルトだが、テーマによっては別のサイズを指定したい場合はある。基本的には、「設定」-「メディア」の「メディア設定」ページで指定できるが、テーマ内のfunctions.phpで設定しておくとちょっと便利かもしれない。

最終更新日時 : 2011-12-01 13:43