image_constrain_size_for_editor

(2.5.0以降)
image_constrain_size_for_editor - 画像イメージの縮小サイズを取得する

説明

array image_constrain_size_for_editor( int $width, int $height [ , mixed $size = 'medium' ] )
イメージの縮小サイズを取得する。

パラメータ

  • $width
    イメージの幅を指定。
  • $height
    イメージの高さを指定。
  • $size
    縮小サイズ方法として幅と高さの配列か、文字列の'thumb'、'thumbnail'、'medium'、'large'、'full'を指定(省略時は'medium')。

返り値

縮小した幅と高さを格納した配列を返す。

注意

パラメータ$sizeに'thumb'、'thumbnail'、'medium'、'large'の何れかが指定されている場合は、管理ページのメディア設定にて指定しているそれぞれの幅と高さが適用される。なお、'large'の場合にはグローバル変数$content_widthget_option('large_size_w')の小さい値が幅の基準値となる。

使用例

  • 幅1024、高さ768のサムネイルサイズを取得する。
    <?php $size = image_constrain_size_for_editor( 1024, 768, 'thumb' ); ?>
  • 幅1024、高さ768を200×200に合わせて調整したサイズを取得する。
    <?php $size = image_constrain_size_for_editor( 1024, 768, array( 200, 200 ) ); ?>

フィルター

リサイズ後のサイズを返す前にeditor_max_image_sizeフィルターを実行し、そのフィルターの戻り値をwp_constrain_dimensions関数に渡し、その戻り値を返す。
apply_filters( 'editor_max_image_size', array( $max_width, $max_height ), $size );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/media.php

関連

お勧めコンテンツ

the_date関数で投稿日を確実に表示する(2011年12月20日 登録)

投稿記事の投稿日時を表示する際、the_date関数を使用することが多いだろう。このthe_date関数はphpのdate関数と同じパラメータを指定することで、好みの日時フォーマットで投稿日時を表示できるのだが、ある条件の場合に投稿日時を表示しない。最初にこの現象に遭遇したときは、ちょっと悩まされた。

日本語が含まれていないコメントを無効化する(2012年1月31日 登録)

日本のユーザーを対象にサービス(情報)展開しているサイトの場合、英文のみのコメントはあまりうれしくない。ましてやスパムコメントの対応は時間の無駄でしかない。そんなわけで、日本語を含んでいないコメントを無効化することにした。

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

ツイート引用が簡単になる仕組み(2012年6月8日 登録)

WordPress 3.4では、投稿記事の中にツイートのURLを記述するだけで、投稿ページにそれっぽい表示をしてくれるようになる。ちょっと気になったので、その仕組みを追っかけてみた。

プラグインで注意が必要な関数(2013年11月27日 登録)

先日「Login rebuilder」という自作プラグインをアップデートした際、ユーザーさんからエラーになると連絡をいただいた。標準環境では問題なく、どうやら何らかのプラグインが影響しているらしい。

最終更新日時 : 2011-12-01 13:43