image_downsize

(2.5.0以降)
image_downsize - アイキャッチ画像の縮小イメージ情報を取得する

説明

mixed image_downsize( int $id [ , mixed $size = 'medium' ] )
アイキャッチ画像の縮小イメージ情報を取得する。

パラメータ

  • $id
    メディア投稿(attachment)の投稿IDを指定する。
  • $size
    取得したいサイズ名('thumbnail'、'post-thumbnail'、'medium'、'large'、'full')または幅と高さの配列を指定する(省略時は'medium')。

返り値

アイキャッチ画像の指定されたサイズのイメージ情報を配列で返す。アイキャッチ画像でない場合はfalseを返す。イメージ情報の配列内容は次の通り。
配列添え字データタイプ意味
0string縮小イメージのURL
1int幅(ピクセル数)
2int高さ(ピクセル数)
3bool縮小イメージの場合はtrue、オリジナルサイズの場合はfalse

注意

標準のサイズ名とその意味は次の通り。'thumbnail'と'post-thumbnail'は正方形になり、'medium'と'large'はオリジナルの縦横比が維持される。

配列添え字意味
'thumbnail'150×150ピクセル
'post-thumbnail'200×200ピクセル
'medium'幅または高さの大きい値が300ピクセル
'large'幅または高さの大きい値が1024ピクセル
'full'オリジナルサイズ

取得できるのはあくまで縮小イメージになり、オリジナルサイズよりも大きなサイズは取得できない。例えば、オリジナルサイズが640×480ピクセルの場合、パラメータ$sizeに'large'を指定しても取得できるのはオリジナルサイズになる。

使用例

  • 変数$attachment_idの'medium'サイズのイメージ情報を取得する。
    <?php image_downsize( $attachment_id ); ?>
  • 変数$attachment_idの'large'サイズのイメージ情報を取得する。
    <?php image_downsize( $attachment_id, 'large' ); ?>
  • 変数$attachment_idの300×300ピクセル以下のイメージ情報を取得する。
    <?php image_downsize( $attachment_id, array( 300, 300 ) ); ?>

フィルター

[2.5.0]パラメータ$idがアイキャッチ画像投稿かを判定し、アイキャッチ画像投稿の場合は'image_downsize'フィルターを呼び出す。パラメータの$id$sizeは、本関数が受け取ったパラメータの値となる。フィルター関数を使用することで独自処理後に有効な情報を返すことができる。
$out = apply_filters( 'image_downsize', false, $id, $size )

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/media.php

関連

お勧めコンテンツ

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

サイドバーの初期化はwidgets_initアクションで(2011年7月14日 登録)

ウィジェットを使ってみたくなり新テーマ「Twenty Eleven」を覗いてみると、codexに記載されていた内容と少し違っている。これって「Twenty Ten」ですでに変更されていたんだね。

メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する(2014年5月22日 登録)

「メディア(attachment)」は、標準ではカテゴリもタグもカスタムフィールドもない。投稿と親子関係を作って利用することが前提だからともいえるが、メディアをもっと便利に活用するために、それらの付加情報を絞り込みの材料として利用できないか調べてみた。

タイトルが一致する投稿を検索する(2014年2月20日 登録)

WordPressが提供する投稿ページの文字列検索機能の実現には、query_posts関数(WP_Queryクラス)が大きな役割を担っている。ここで紹介するのは、高機能ゆえに使いこなすのが難しいquery_posts関数(WP_Queryクラス)の使用法の一例である。

Login rebuilderで第2ログインページのURLを取得する(2015年5月24日 登録)

先週のこと、「Login rebuilder」のユーザから「wp_login_url関数のように第2ログインページのURLを取得できないか」という問い合わせがありました。その時点ではそのような関数やメソッドを用意していなかったのですが、まあニーズがあるなら作ってみようと思い、対応するメソッドを追加したLogin rebuilderバージョン1.4.3をリリースしました。

最終更新日時 : 2014-07-13 20:26