image_downsize

(2.5.0以降)
image_downsize - アイキャッチ画像の縮小イメージ情報を取得する

説明

mixed image_downsize( int $id [ , mixed $size = 'medium' ] )
アイキャッチ画像の縮小イメージ情報を取得する。

パラメータ

  • $id
    メディア投稿(attachment)の投稿IDを指定する。
  • $size
    取得したいサイズ名('thumbnail'、'post-thumbnail'、'medium'、'large'、'full')または幅と高さの配列を指定する(省略時は'medium')。

返り値

アイキャッチ画像の指定されたサイズのイメージ情報を配列で返す。アイキャッチ画像でない場合はfalseを返す。イメージ情報の配列内容は次の通り。
配列添え字データタイプ意味
0string縮小イメージのURL
1int幅(ピクセル数)
2int高さ(ピクセル数)
3bool縮小イメージの場合はtrue、オリジナルサイズの場合はfalse

注意

標準のサイズ名とその意味は次の通り。'thumbnail'と'post-thumbnail'は正方形になり、'medium'と'large'はオリジナルの縦横比が維持される。

配列添え字意味
'thumbnail'150×150ピクセル
'post-thumbnail'200×200ピクセル
'medium'幅または高さの大きい値が300ピクセル
'large'幅または高さの大きい値が1024ピクセル
'full'オリジナルサイズ

取得できるのはあくまで縮小イメージになり、オリジナルサイズよりも大きなサイズは取得できない。例えば、オリジナルサイズが640×480ピクセルの場合、パラメータ$sizeに'large'を指定しても取得できるのはオリジナルサイズになる。

使用例

  • 変数$attachment_idの'medium'サイズのイメージ情報を取得する。
    <?php image_downsize( $attachment_id ); ?>
  • 変数$attachment_idの'large'サイズのイメージ情報を取得する。
    <?php image_downsize( $attachment_id, 'large' ); ?>
  • 変数$attachment_idの300×300ピクセル以下のイメージ情報を取得する。
    <?php image_downsize( $attachment_id, array( 300, 300 ) ); ?>

フィルター

[2.5.0]パラメータ$idがアイキャッチ画像投稿かを判定し、アイキャッチ画像投稿の場合は'image_downsize'フィルターを呼び出す。パラメータの$id$sizeは、本関数が受け取ったパラメータの値となる。フィルター関数を使用することで独自処理後に有効な情報を返すことができる。
$out = apply_filters( 'image_downsize', false, $id, $size )

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/media.php

関連

お勧めコンテンツ

管理者ページに文言を表示する(2012年4月19日 登録)

お客様向けに管理者ページをカスタマイズする機会が増えてきている。カスタマイズするページや表示場所、表示内容によっていくつかの手段があるが、今回はページの冒頭部分に任意の文言を表示する方法を紹介する。

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2011年2月18日 登録)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

投稿記事でrubyタグを使えるようにする(前編)(2012年1月25日 登録)

rubyなどのルビ関連タグはIEの独自サポートから始まり、少し前のChrome/Safariが追随して利用できるようになっている。Firefoxはいまだにサポートしていないのだが、それなりに代替表示されるので、投稿記事で使えるようにしてみた。

ページを表示する直前の前処理にtemplate_redirectアクションを(2013年4月13日 登録)

リクエストに応じてページを表示する直前の準備として何かしらの処理を行っておきたいケースがある。そんな時、テーマの各テンプレートファイルの先頭部分に処理内容をずらずらと記述していませんか。

canvasタグを投稿したい(2013年12月27日 登録)

以前「投稿内容のid属性などを保存するための対策」で取り上げたように、WordPressでは投稿に記述できるHTMLタグが制限されている。同コラムでこの制限を調整する対策を紹介しているが、3.5以降ではフィルター関数を登録して対応できるようだ。

最終更新日時 : 2014-07-13 20:26