img_caption_shortcode

(2.6.0以降)
img_caption_shortcode - キャプション付き画像のHTMLテキストを生成する

説明

string img_caption_shortcode( array $attr [ , string $content = null ] )
キャプション付き画像のHTMLテキストを生成する(投稿記事に添付画像を挿入する場合に使用されているの実態関数)。

パラメータ

  • $attr
    属性値の連想配列。
    属性名意味値の例
    iddivタグのIDattachment_1234
    align配置指定(alignnone、alignleft、aligncenter、alignright)alignnone
    width画像幅300
    captionキャプションテキスト
  • $content
    画像のHTMLテキスト(省略時はnull)。

返り値

キャプション付き画像のHTMLテキストを返す。

注意

生成されるHTMLテキストは次のような構造になる(なおパラメータ$contentの内容は、HTMLタイプ(HTMLかXHTML)に応じて整形される)。
<div id="$attrのid値" class="wp-caption $attrのalign値" style="width: $attrのwidth値に10を加えた値;">$contentの内容<p class="wp-caption-text">$attrのcaption値</p></div>

使用例

  • キャプション付き画像のHTMLテキストを生成する。
    <?php 
    echo img_caption_shortcode( 
    	array(  'id'=>'attachment_1234', 
    		'align'=>'alignnone', 
    		'width'=>300, 
    		'caption'=>'ここにキャプション' ), 
    	'<a href="http://localhost/wp-content/uploads/image100.jpg"><img src="http://localhost/wp-content/uploads/image100-300x200.jpg" alt="ここに代替テキスト" title="ここにタイトル" width="300" height="200" class="size-medium wp-image-1234" /></a>' ); 
    ?>
    上記の場合に生成されるHTMLテキストは次の通り。
    <div id="attachment_12341" class="wp-caption alignnone" style="width: 310px">
    <a href="http://localhost/wp-content/uploads/image100.jpg">
    <img src="http://localhost/wp-content/uploads/image100-300x200.jpg" alt="ここに代替テキスト" title="ここにタイトル" width="300" height="200" class="size-medium wp-image-1234">
    </a>
    <p class="wp-caption-text">ここにキャプション</p>
    </div>
    ※ここでは便宜上改行しているが、実際に取得できるHTMLテキストは改行していません。

関連

お勧めコンテンツ

query_posts(WP_Queryクラス)でカスタムフィールドを使う(2011年9月15日 登録)

先週3回にわたってtax_queryパラメータを使ったカテゴリーや投稿タグ、投稿フォーマットの絞り込みを整理したが、その途中で目に付いたのが'meta_query'パラメータ。この'meta_query'パラメータは、カスタムフィールドの絞り込み条件を指定するためのもので、3.2で登場した新しいパラメータのようだ。

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

wp_titleからwp_get_document_titleへ(2015年10月26日 登録)

先週、WordPress 4.4 beta1(以降4.4 beta1)が公開されました。この4.4 beta1では新テーマ「Twenty Sixteen」が追加されたほか、wp-includesディレクトリ以下のファイルが大幅に変更された感じです。

add_actionを使って管理ページで独自cssを使う(2011年2月25日 登録)

テーマやプラグインで専用の管理ページを作る場合、そのページ向けのcssやjavascriptが必要になることがある。どちらもページ内に直接記述できるが、特にcssは別ファイルに分けたいほうが便利だ。ここではその方法を紹介しよう。

Login rebuilder 2.3.0の新機能を紹介(2017年8月31日 登録)

プラグイン「Login rebuilder」はログイン時の履歴(ログ)や不正なログインページへのアクセス履歴を保存している。これらの履歴情報はダッシュボートで確認できるが、バージョン2.3.0においてそれぞれがダウンロードできるようになった。

最終更新日時 : 2014-11-16 17:40