img_caption_shortcode

説明

string img_caption_shortcode( array $attr [ , string $content = null ] )
キャプション付き画像のHTMLテキストを生成する(投稿記事に添付画像を挿入する場合に使用されているの実態関数)。

パラメータ

  • $attr
    属性値の連想配列。
    属性名意味値の例
    iddivタグまたはfigureタグのIDattachment-1234
    caption_id[5.1.0]pタグまたはfigcaptionタグのIDcaption-1234
    align配置指定(alignnone、alignleft、aligncenter、alignright)alignnone
    width画像幅300
    captionキャプションテキスト
  • $content
    画像のHTMLテキスト(省略時はnull)。

返り値

キャプション付き画像のHTMLテキストを返す。

注意

生成されるHTMLテキストは次のような構造になる(なおパラメータ$contentの内容は、HTMLタイプ(HTMLかXHTML)に応じて整形される)。

<div id="$attrのid値" class="wp-caption $attrのalign値" style="width: $attrのwidth値に10を加えた値;">$contentの内容<p id="$attrのcaption_id値" class="wp-caption-text">$attrのcaption値</p></div>

テーマのcaptionが'html5'に対応している場合はdivタグではなくfigureタグが適用される。

<figure id="$attrのid値" class="wp-caption $attrのalign値" style="width: $attrのwidth値;">$contentの内容<figcaption id="$attrのcaption_id値" class="wp-caption-text">$attrのcaption値</figcaption></figure>

[5.1.0]ショートコードの属性値に'caption_id'が追加された。


使用例

  • 直接本関数を呼んでキャプション付き画像のHTMLテキストを生成する。
    <?php 
    echo img_caption_shortcode( 
    	array(
    		'id'=>'attachment-1234', 
    		'caption_id'=>'caption-1234',
    		'align'=>'alignnone', 
    		'width'=>300, 
    		'caption'=>'ここにキャプション'
    	), 
    	'<a href="http://localhost/wp-content/uploads/image100.jpg"><img src="http://localhost/wp-content/uploads/image100-300x200.jpg" alt="ここに代替テキスト" title="ここにタイトル" width="300" height="200" class="size-medium wp-image-1234" /></a>' ); 
    ?>
    上記の場合に生成されるHTMLテキストは次の通り。
    <div id="attachment-1234" class="wp-caption alignnone" style="width: 310px">
    <a href="http://localhost/wp-content/uploads/image100.jpg">
    <img src="http://localhost/wp-content/uploads/image100-300x200.jpg" alt="ここに代替テキスト" title="ここにタイトル" width="300" height="200" class="size-medium wp-image-1234">
    </a>
    <p id="caption-1234" class="wp-caption-text">ここにキャプション</p>
    </div>
    ※ここでは便宜上改行しているが、実際に取得できるHTMLテキストは改行していない。

フィルター

[2.6.0]本関数でHTMLを生成する前に'img_caption_shortcode'フィルターを呼び出す。パラメータ$outputには''が、$attr$contentにはサニタイズ処理済みの内容が格納されている。
$output = apply_filters( 'img_caption_shortcode', $output, $attr, $content );
[3.7.0]HTMLを生成する前に'img_caption_shortcode_width'フィルターを呼び出す。パラメータ$widthには幅のpx値が、$attsにはショートコードの属性値の連想配列が、$contentにはサニタイズ処理済みの内容が格納されている。
$caption_width = apply_filters( 'img_caption_shortcode_width', $width, $atts, $content );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/media.php

最終更新 : 2019年03月04日 11:45



お勧め

3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2014年1月17日 更新)

ちょうど1月前の「ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する」にて、WordPress 3.8新ダッシュボードの「概要」ウィジェットにカスタム投稿タイプの投稿数を表示する方法を紹介したが、今回のその続編で「アクティビティ」ウィジェットを拡張する方法を紹介する。

プラグインのロード順を制御する(2014年6月9日 更新)

これまでプラグインがどのような順番でロードされるか意識していなかったのだが、とある自作プラグインを他のプラグインよりも先にロードさせたくなったので調べてみた。

決まった値を返すだけの関数群(2018年5月27日 更新)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

ブロックエディターのタグ入力にタグクラウド機能を追加した(2019年1月10日 更新)

ブロックエディターのタグ入力には「よく使われているタグから選択」から表示される「タグクラウド」がない。ブロックエディターの不満なところのひとつがこれであり、うまく解消することができないか考えてみた。

サイドバーの初期化はwidgets_initアクションで(2011年7月14日 更新)

ウィジェットを使ってみたくなり新テーマ「Twenty Eleven」を覗いてみると、codexに記載されていた内容と少し違っている。これって「Twenty Ten」ですでに変更されていたんだね。