img_caption_shortcode

(2.6.0以降)
img_caption_shortcode - キャプション付き画像のHTMLテキストを生成する

説明

string img_caption_shortcode( array $attr [ , string $content = null ] )
キャプション付き画像のHTMLテキストを生成する(投稿記事に添付画像を挿入する場合に使用されているの実態関数)。

パラメータ

  • $attr
    属性値の連想配列。
    属性名意味値の例
    iddivタグのIDattachment_1234
    align配置指定(alignnone、alignleft、aligncenter、alignright)alignnone
    width画像幅300
    captionキャプションテキスト
  • $content
    画像のHTMLテキスト(省略時はnull)。

返り値

キャプション付き画像のHTMLテキストを返す。

注意

生成されるHTMLテキストは次のような構造になる(なおパラメータ$contentの内容は、HTMLタイプ(HTMLかXHTML)に応じて整形される)。
<div id="$attrのid値" class="wp-caption $attrのalign値" style="width: $attrのwidth値に10を加えた値;">$contentの内容<p class="wp-caption-text">$attrのcaption値</p></div>

使用例

  • キャプション付き画像のHTMLテキストを生成する。
    <?php 
    echo img_caption_shortcode( 
    	array(  'id'=>'attachment_1234', 
    		'align'=>'alignnone', 
    		'width'=>300, 
    		'caption'=>'ここにキャプション' ), 
    	'<a href="http://localhost/wp-content/uploads/image100.jpg"><img src="http://localhost/wp-content/uploads/image100-300x200.jpg" alt="ここに代替テキスト" title="ここにタイトル" width="300" height="200" class="size-medium wp-image-1234" /></a>' ); 
    ?>
    上記の場合に生成されるHTMLテキストは次の通り。
    <div id="attachment_12341" class="wp-caption alignnone" style="width: 310px">
    <a href="http://localhost/wp-content/uploads/image100.jpg">
    <img src="http://localhost/wp-content/uploads/image100-300x200.jpg" alt="ここに代替テキスト" title="ここにタイトル" width="300" height="200" class="size-medium wp-image-1234">
    </a>
    <p class="wp-caption-text">ここにキャプション</p>
    </div>
    ※ここでは便宜上改行しているが、実際に取得できるHTMLテキストは改行していません。

関連

お勧めコンテンツ

購読者は管理者ページのアクセス禁止(2013年11月12日 登録)

購読者(subscriber)は、通常「ダッシュボード」「プロフィール」にアクセスできるが、今回はプロフィールを独自に管理する準備を兼ねて、これらのページにアクセスできないようにブロックしてみた。

プラグインの設定ページもレスポンシブ対応(2014年6月3日 登録)

レスポンシブ対応したWordPressの管理画面。プラグインやテーマのカスタマイズで管理画面を拡張しているなら、切り替わるタイミングはきっちり押さえておきたいところではないだろうか。

さくらのVPSでKUSANAGI(2017年5月15日 登録)

請け負っていた業務が一段落したので、「さくらのVPS」で「KUSANAGI」を試してみました。推奨環境はメモリ4GBとなっているが、今回は実験的な利用なので、SSD 2GBプランでトライしました。

テキストエディタの文字を変更する(2016年8月30日 登録)

テキストエディタ(投稿ページの「テキスト」タブのエディタ)に標準では備わっていない機能を追加する自作プラグイン「html entities button」がほぼ1年ぶりにアップデート。ここではバージョン2.0.0で追加したテキストエディタのフォント切り替え機能について紹介する。

HTML entities button:プラグイン作ってみました(2011年6月29日 登録)

以前投稿した「HTML編集モードに定型文ボタンを追加する」をアレンジして、HTML編集モードに特殊文字(HTMLエンティティ)を挿入できるボタン、顔文字を挿入できるボタン、過去の投稿ページのリンクを挿入できるボタンを追加するプラグインを作ってみました。HTML編集モードの作業効率を向上させるプラグインです。2.1.0では「Dashiconsの挿入」を追加しました。HTML編集モードをメインに使用されている方は、お試しあれ。

最終更新日時 : 2014-11-16 17:40