in_category

(1.2.0以降)
in_category - 投稿情報のカテゴリーを調べる

説明

bool in_category( mixed $category [ , mixed $post = null ] )
投稿情報が指定したカテゴリーに属しているか調べる。

パラメータ

  • $category
    投稿情報が属しているか調べるカテゴリー情報(カテゴリーID、名前、スラッグか、それらの配列)。
  • $post
    投稿情報(または投稿情報ID)を指定(省略時はnullとなり、現在の投稿情報となる)。

返り値

投稿情報が指定したカテゴリーに属している場合はtrue、属していない場合はfalseを返す。

注意

WordPress 2.7で本関数の機能が大幅に更新されている。3.1.0ではほぼ同じ機能のhas_categoryが追加された。

使用例

  • 現在の投稿情報が'blog'カテゴリーに属しているか調べる。
    <?php if ( in_category( 'blog' ) ) { ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/category-template.php

関連

  • has_category - 投稿記事がカテゴリーに属しているか調べる
  • has_term - 投稿記事にタクソノミーが付属しているか調べる

お勧めコンテンツ

コメントの「ウェブサイト」止めました(2014年4月14日 登録)

とあるサイトのスパムコメントが多く、その都度のスパム指定するのが面倒である。これまでいくつか対策を行ってきたが、そういった対応にもいい加減うんざりしてきたので、試験的に「ウェブサイト」を無効化しようと思った。

LevelとCapability(2011年4月14日 登録)

プラグインやテーマの管理ページを作成する際など、ユーザのレベルと権限を確認することがある。ここでは、権限グループ別のレベルと権限の有無を整理してみた。

WP_List_Tableクラスの「一括操作」フォームを使ってみた(2017年9月26日 登録)

今回は「WP_List_Tableクラスを使ってみた」の続き。投稿一覧やプラグインページなどにある「一括操作」(Bulkアクション)フォーム対応に関するメモである。

プラグインで注意が必要な関数(2013年11月27日 登録)

先日「Login rebuilder」という自作プラグインをアップデートした際、ユーザーさんからエラーになると連絡をいただいた。標準環境では問題なく、どうやら何らかのプラグインが影響しているらしい。

開発環境(Windows 8)にimagickを入れる(2012年12月23日 登録)

WordPress 3.5のイメージエディタ(WP_Image_Editor)は、GDだけでなく、imagick(ImageMagick)にも対応している。そんなわけでWindows 8の開発環境にimagickをインストールしてみた。

最終更新日時 : 2012-01-17 17:18