in_category

(1.2.0以降)
in_category - 投稿情報のカテゴリーを調べる

説明

bool in_category( mixed $category [ , mixed $post = null ] )
投稿情報が指定したカテゴリーに属しているか調べる。

パラメータ

  • $category
    投稿情報が属しているか調べるカテゴリー情報(カテゴリーID、名前、スラッグか、それらの配列)。
  • $post
    投稿情報(または投稿情報ID)を指定(省略時はnullとなり、現在の投稿情報となる)。

返り値

投稿情報が指定したカテゴリーに属している場合はtrue、属していない場合はfalseを返す。

注意

WordPress 2.7で本関数の機能が大幅に更新されている。3.1.0ではほぼ同じ機能のhas_categoryが追加された。

使用例

  • 現在の投稿情報が'blog'カテゴリーに属しているか調べる。
    <?php if ( in_category( 'blog' ) ) { ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/category-template.php

関連

  • has_category - 投稿記事がカテゴリーに属しているか調べる
  • has_term - 投稿記事にタクソノミーが付属しているか調べる

お勧めコンテンツ

投稿日の検索が自由自在に(2013年10月30日 登録)

WordPress 3.7.0ではWP_Date_Queryクラスが追加され、WP_Queryクラス(もちろんquery_posts関数でも)で利用できるようになった。このWP_Date_Queryにより、○年○月○日以前や以降の投稿情報を取得したり、○年○月○日から○年○月○日の範囲の投稿情報を取得したりといったことが、容易に行えるようになった。

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2011年2月18日 登録)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

投稿記事でrubyタグを使えるようにする(前編)(2012年1月25日 登録)

rubyなどのルビ関連タグはIEの独自サポートから始まり、少し前のChrome/Safariが追随して利用できるようになっている。Firefoxはいまだにサポートしていないのだが、それなりに代替表示されるので、投稿記事で使えるようにしてみた。

投稿ページでユニークなテンプレートを選択しよう(2016年12月19日 登録)

4.7の変更点に「投稿タイプテンプレート」がある。これは従来固定ページ('page')向けに任意のテンプレートを適用できる機能が拡張されたもので、投稿ページ('post')はもちろんカスタム投稿タイプのページにも適用可能になっている。

query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む(2011年9月6日 登録)

久しぶりにquery_posts関数を見直してみると、見知らぬパラメータがいくつか追加されていた。気になったのでカテゴリー関係の指定を'tax_query'パラメータを交えて整理してみた。

最終更新日時 : 2012-01-17 17:18