is_active_sidebar

(2.8以降)
is_active_sidebar - ダイナミックサイドバーが有効か確認する

説明

bool is_active_sidebar( mixed $index )
ダイナミックサイドバーが有効か確認する。

パラメータ

  • $index
    ダイナミックサイドバーのID番号または名前を指定。

返り値

ダイナミックサイドバーが有効な場合はtrue、無効な場合はfalseを返す。

注意

テーマ内のsidebar.phpで使用することが多いが、ウィジェットの表示でも利用される。

使用例

  • ID番号が2に設定されているダイナミックサイドバーを確認する。
    <?php if ( is_active_sidebar( 2 ) ) { ?>
  • 'secondary-widget-area'のウィジェットを確認する。
    <?php if ( is_active_sidebar( 'secondary-widget-area' ) ) { ?>

関連

お勧めコンテンツ

プラグインのロード順を制御する(2014年6月9日 登録)

これまでプラグインがどのような順番でロードされるか意識していなかったのだが、とある自作プラグインを他のプラグインよりも先にロードさせたくなったので調べてみた。

3.2標準テーマ「Twenty Eleven」は投稿フォーマットに着目(2011年7月6日 登録)

新テーマ「Twenty Eleven」のトップページでは、投稿フォーマットに応じて表示を切り替える仕組みが提案されている。ここでは、その投稿フォームの活用方法を簡単に紹介する。

囲み型ショートコードとwpautop(2014年10月22日 登録)

ショートコードは投稿記事の閲覧時に動的に内容を変更できる優れもの。galleryやcaptionなどいくつかのショートコードが標準で組み込まれており、一部のプラグインではその機能を利用する手段としてショートコードが利用されている。

初期状態で「抜粋」ウィジェットを表示する(2014年1月7日 登録)

投稿編集ページのウィジェットは標準で表示されるものとされないものがある。フォーラムに『投稿の編集画面にデフォルトで抜粋を表示させたい』という投稿があったので、ちょっと調べてみた。

リクエスト応答を終了する前に何かを処理する(2013年9月26日 登録)

PHPでは、register_shutdown_function関数を使うことでリクエストに対してレスポンスを返した後に何らかの処理を行うことができる。WordPressでもregister_shutdown_function関数は使えると思うのだが、テーマ内のテンプレートでページを表示した後で何かを行う場合はどうすればいいのか、ちょっと調べてみた。

最終更新日時 : 2010-06-04 12:27