is_admin_bar_showing

(3.1.0以降)
is_admin_bar_showing - ツールバー(admin bar)の表示状態を調べる

説明

bool is_admin_bar_showing()
ツールバー(admin bar)の表示状態を調べる。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

ツールバー(admin bar)が表示の場合はtrue、非表示の場合はfalseを返す。

注意

'XMLRPC_REQUEST'、DOING_AJAX'、'IFRAME_REQUEST'のいずれかが定義されている場合は必ずfalseになる。
管理者がログインしている場合は必ずtrueになる。利用者がログインしていない場合、利用者がログインしていて「プロフィール」の「サイトを見るときにツールバーを表示する」がチェックされていない場合はfalseになる。

使用例

  • ツールバー(admin bar)の表示状態を調べる。
    <?php if ( is_admin_bar_showing() ) : ?>

フィルター

表示状態を返す直前にshow_admin_barフィルターを呼び出す。パラメータ$show_admin_barには表示状態(trueまたはfalse)が渡る。
$show_admin_bar = apply_filters( 'show_admin_bar', $show_admin_bar );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/admin-bar.php

関連

  • is_admin - リクエストページが管理者ページか調べる
  • is_user_logged_in - 閲覧者がログイン済みか調べる
  • show_admin_bar - ツールバー(admin bar)を強制的に表示/非表示する

お勧めコンテンツ

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

プラグインのロード順を制御する(2014年6月9日 登録)

これまでプラグインがどのような順番でロードされるか意識していなかったのだが、とある自作プラグインを他のプラグインよりも先にロードさせたくなったので調べてみた。

HTML編集モードに定型文ボタンを追加する(2011年6月1日 登録)

投稿編集ページにはビジュアル編集モードとHTML編集モードがあり、それらを拡張するプラグインも多数存在している。そういったプラグインを利用するのもいいのだが、仕組みを理解するのも悪くないはず。というわけで、ここではHTML編集モードのボタンの仕組みと定型文を挿入するボタンを追加する方法を紹介する。

投稿記事でrubyタグを使えるようにする(前編)(2012年1月25日 登録)

rubyなどのルビ関連タグはIEの独自サポートから始まり、少し前のChrome/Safariが追随して利用できるようになっている。Firefoxはいまだにサポートしていないのだが、それなりに代替表示されるので、投稿記事で使えるようにしてみた。

PHPとMySQLのバージョンを確認(2013年9月11日 登録)

先日、WordPressで構築されたサイトについて最新版へのバージョンアップを依頼される。使用されていたWordPressはバージョン2.xということで、最新版へバージョンアップできるのか、PHPとMySQLのバージョンを確認することになった。

最終更新日時 : 2013-03-05 10:54