is_allowed_http_origin

(3.4.0以降)
is_allowed_http_origin - リクエスト元のオリジンが有効か調べる

説明

bool is_allowed_http_origin( [ string $origin = null ] )
リクエスト元のオリジンが有効か調べる。

パラメータ

  • $origin
    オリジンを指定(省略時はnull)。

返り値

オリジンが有効な場合はtrue(4.0.0では有効なオリジン)を、無効な場合はfalse(4.0.0では'')を返す。

注意

仕様上はbool値を返すことになっているが、4.0.0現在ではオリジンの文字列が返るため、厳密なbool判定をしてはいけない。

使用例

  • 現在のリクエスト元のオリジンが有効か調べる。
    <?php if ( is_allowed_http_origin() ) : ?>
  • 取得済みのオリジン($origin)が有効か調べる。
    <?php if ( is_allowed_http_origin( $origin ) ) : ?>

フィルター

[3.4.0]オリジンの判定結果を返す前に'allowed_http_origi'フィルターを呼び出す。$originには有効判定済みのオリジンが、$origin_argにはパラメータとして受け取った値が格納される。
return apply_filters( 'allowed_http_origin', $origin, $origin_arg );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/http.php

関連

お勧めコンテンツ

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2015年3月15日 登録)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

ショートコードを含んだページを表示する前に何か処理する(2014年5月28日 登録)

固定ページまたは投稿ページに独自のフォームを埋め込む。入力→登録の2段階のフォームなら著名なプラグイン「Contact Form 7」を利用すればいいのだが、クライアントの依頼は入力→確認→登録の3段階で組み込む要素が特化していたので、独自の実装方法を考えることになった。

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2015年3月14日 登録)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。

Posts filter multiselect:プラグイン作ってみました(2015年3月9日 登録)

先週の金曜日、知り合いの方から「投稿一覧ページで絞り込みを行う際、複数選択できないか」といった問い合わせがあり、その時には「標準では無理ですね」と返答しました。このこと自体は事実なのですが、要するに「複数選択可能なドロップダウンメニュー」が実現できれば対応するのはそれほど難しくないような気がしました。この週末、そんなノリでちょっとコーディングしてできたのがこのプラグインです。

最終更新日時 : 2014-10-29 14:27