is_email

(0.71以降)
is_email - 文字列がメールアドレス形式か調べる

説明

mixed is_email( string $email [, bool $deprecated = false ] )
文字列がメールアドレス形式か調べる。

パラメータ

  • $email
    文字列が格納された変数を指定
  • $deprecated
    非推奨(省略時、false)

返り値

有効なメールアドレスの場合はそのメールアドレスが、無効な書式の場合はfalseを返す。

注意

WordPress 3.0以降、第2パラメータが非推奨になった。

使用例

  • 変数$emailの中身がメールアドレス形式か調べる。
    <?php if ( is_email( $email ) ) : ?>

フィルター

関数の終了前にis_emailフィルターを呼び出す。$resultにはパラメータ$emailの内容またはfalseが、$invalidにはnullまたは不適合理由を示す文字列('local_invalid_chars'や'domain_no_periods'など)が格納される。
return apply_filters( 'is_email', $result, $email, $invalid );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/formatting.php

お勧めコンテンツ

プラグインで注意が必要な関数(2013年11月27日 登録)

先日「Login rebuilder」という自作プラグインをアップデートした際、ユーザーさんからエラーになると連絡をいただいた。標準環境では問題なく、どうやら何らかのプラグインが影響しているらしい。

さくらのVPSでKUSANAGI(2017年5月15日 登録)

請け負っていた業務が一段落したので、「さくらのVPS」で「KUSANAGI」を試してみました。推奨環境はメモリ4GBとなっているが、今回は実験的な利用なので、SSD 2GBプランでトライしました。

テキストエディタの文字を変更する(2016年8月30日 登録)

テキストエディタ(投稿ページの「テキスト」タブのエディタ)に標準では備わっていない機能を追加する自作プラグイン「html entities button」がほぼ1年ぶりにアップデート。ここではバージョン2.0.0で追加したテキストエディタのフォント切り替え機能について紹介する。

3.2標準テーマ「Twenty Eleven」は投稿フォーマットに着目(2011年7月6日 登録)

新テーマ「Twenty Eleven」のトップページでは、投稿フォーマットに応じて表示を切り替える仕組みが提案されている。ここでは、その投稿フォームの活用方法を簡単に紹介する。

さくらのVPSでKUSANAGI#3(2017年5月18日 登録)

今回は「前回」の続き。http(80番)をクローズ、そのほかに行った調整作業について整理する。

最終更新日時 : 2013-01-23 10:48