is_email

(0.71以降)
is_email - 文字列がメールアドレス形式か調べる

説明

mixed is_email( string $email [, bool $deprecated = false ] )
文字列がメールアドレス形式か調べる。

パラメータ

  • $email
    文字列が格納された変数を指定
  • $deprecated
    非推奨(省略時、false)

返り値

有効なメールアドレスの場合はそのメールアドレスが、無効な書式の場合はfalseを返す。

注意

WordPress 3.0以降、第2パラメータが非推奨になった。

使用例

  • 変数$emailの中身がメールアドレス形式か調べる。
    <?php if ( is_email( $email ) ) : ?>

フィルター

関数の終了前にis_emailフィルターを呼び出す。$resultにはパラメータ$emailの内容またはfalseが、$invalidにはnullまたは不適合理由を示す文字列('local_invalid_chars'や'domain_no_periods'など)が格納される。
return apply_filters( 'is_email', $result, $email, $invalid );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/formatting.php

お勧めコンテンツ

カレンダーウィジェットをAjaxで切り替える(2011年8月22日 登録)

ウィジェットベースでテーマを構築していてカレンダーを表示してみた。標準では、前月や次月のリンク先はそれぞれの月のアーカイブページとなっているのだが、記事を探すだけであればカレンダー部分だけを更新するほうが便利なのではと考え、そのアイデアを実装してみた。

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2015年3月14日 登録)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

パスとURL(2011年10月6日 登録)

テーマやプラグインで、WordPressシステム関連のディレクトリやURLを使う時があり、それらの多くは関数や定数として定義されている。今回は、それらの関数や定数について整理していく。

Login rebuilder 2.3.0の新機能を紹介(2017年8月31日 登録)

プラグイン「Login rebuilder」はログイン時の履歴(ログ)や不正なログインページへのアクセス履歴を保存している。これらの履歴情報はダッシュボートで確認できるが、バージョン2.3.0においてそれぞれがダウンロードできるようになった。

最終更新日時 : 2013-01-23 10:48