is_front_page

(2.5.0以降)
is_front_page - フロントページか調べる

説明

bool is_front_page( )
フロントページか調べる。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

フロントページの場合はtrue、それ以外はfalseを返す。

注意

フロントページは、管理画面の「設定」-「表示設定」で指定されるもので、標準では「最新の投稿」が指定されている。フロントページの設定状態は、get_option関数にパラメータ'show_on_front'を指定することで取得でき、返り値は「最新の投稿」であれば'posts'が、「固定ページ」であれば'page'となる。

このis_front_page関数は、以下の状態の時にtrueを返している。
・「最新の投稿」が設定され、かつis_home関数の返り値がtrueの場合
・「固定ページ」が設定され、現在のページが指定されている固定ページの場合

使用例

  • フロントページか調べる。
    <?php if ( is_front_page( ) ) : ?>

関連

  • get_option - オプションの値を取得する
  • is_home - ホームページか調べる

お勧めコンテンツ

Login rebuilderに「XML-RPC設定」を追加しました(2015年12月31日 登録)

公式サイトで公開しているプラグイン「Login rebuilder」をバージョンアップし、XML-RPCリクエストの管理機能を追加しました。Login rebuilderの主たる機能は、ログインページをサイト別にユニークなURLに変更し、ログインページへの不正アクセスを回避することです。WordPressのXML-RPCリクエストはピンバックや外部ツールやサイトなどとの連携に利用されていますが、今回追加した機能ではXML-RPCリクエストの処理に対していくつかの制限できるようにしています。

投稿日の検索が自由自在に(2013年10月30日 登録)

WordPress 3.7.0ではWP_Date_Queryクラスが追加され、WP_Queryクラス(もちろんquery_posts関数でも)で利用できるようになった。このWP_Date_Queryにより、○年○月○日以前や以降の投稿情報を取得したり、○年○月○日から○年○月○日の範囲の投稿情報を取得したりといったことが、容易に行えるようになった。

購読者は管理者ページのアクセス禁止(2013年11月12日 登録)

購読者(subscriber)は、通常「ダッシュボード」「プロフィール」にアクセスできるが、今回はプロフィールを独自に管理する準備を兼ねて、これらのページにアクセスできないようにブロックしてみた。

JavaScriptテンプレートを使ってみた(2017年6月6日 登録)

前回の記事」で取り上げた「WordPress Events and News」ウィジェットでは入力された地名のAJAX処理してその地名近隣のイベント情報を表示している。特に表示部分では「JavaScriptテンプレート」が採用されており、今更ながら調べてみた。

開発環境(Windows 8)にimagickを入れる(2012年12月23日 登録)

WordPress 3.5のイメージエディタ(WP_Image_Editor)は、GDだけでなく、imagick(ImageMagick)にも対応している。そんなわけでWindows 8の開発環境にimagickをインストールしてみた。

最終更新日時 : 2011-02-17 16:23