is_front_page

(2.5.0以降)
is_front_page - フロントページか調べる

説明

bool is_front_page( )
フロントページか調べる。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

フロントページの場合はtrue、それ以外はfalseを返す。

注意

フロントページは、管理画面の「設定」-「表示設定」で指定されるもので、標準では「最新の投稿」が指定されている。フロントページの設定状態は、get_option関数にパラメータ'show_on_front'を指定することで取得でき、返り値は「最新の投稿」であれば'posts'が、「固定ページ」であれば'page'となる。

このis_front_page関数は、以下の状態の時にtrueを返している。
・「最新の投稿」が設定され、かつis_home関数の返り値がtrueの場合
・「固定ページ」が設定され、現在のページが指定されている固定ページの場合

使用例

  • フロントページか調べる。
    <?php if ( is_front_page( ) ) : ?>

関連

  • get_option - オプションの値を取得する
  • is_home - ホームページか調べる

お勧めコンテンツ

ログアウト後はいつもサイトトップ(2015年5月7日 登録)

ログアウト後に表示(リダイレクト)されるページは、標準ではログインページ(wp-login.php)である。4.2.0ではログアウト処理後のページリダイレクト前に呼び出されるフィルターが追加された。

the_date関数で投稿日を確実に表示する(2011年12月20日 登録)

投稿記事の投稿日時を表示する際、the_date関数を使用することが多いだろう。このthe_date関数はphpのdate関数と同じパラメータを指定することで、好みの日時フォーマットで投稿日時を表示できるのだが、ある条件の場合に投稿日時を表示しない。最初にこの現象に遭遇したときは、ちょっと悩まされた。

プラグインのロード順を制御する(2014年6月9日 登録)

これまでプラグインがどのような順番でロードされるか意識していなかったのだが、とある自作プラグインを他のプラグインよりも先にロードさせたくなったので調べてみた。

Login rebuilderに「XML-RPC設定」を追加しました(2015年12月31日 登録)

公式サイトで公開しているプラグイン「Login rebuilder」をバージョンアップし、XML-RPCリクエストの管理機能を追加しました。Login rebuilderの主たる機能は、ログインページをサイト別にユニークなURLに変更し、ログインページへの不正アクセスを回避することです。WordPressのXML-RPCリクエストはピンバックや外部ツールやサイトなどとの連携に利用されていますが、今回追加した機能ではXML-RPCリクエストの処理に対していくつかの制限できるようにしています。

ホームディレクトリから過去のファイルを削除する(2013年1月27日 登録)

WordPressで構築したサイトのホームディレクトリには、現在使われていないファイルが残っている時がある。3.5.1もリリースされたことだし、これを機にホームディレクトリを整理整頓した。

最終更新日時 : 2011-02-17 16:23