is_front_page

(2.5.0以降)
is_front_page - フロントページか調べる

説明

bool is_front_page( )
フロントページか調べる。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

フロントページの場合はtrue、それ以外はfalseを返す。

注意

フロントページは、管理画面の「設定」-「表示設定」で指定されるもので、標準では「最新の投稿」が指定されている。フロントページの設定状態は、get_option関数にパラメータ'show_on_front'を指定することで取得でき、返り値は「最新の投稿」であれば'posts'が、「固定ページ」であれば'page'となる。

このis_front_page関数は、以下の状態の時にtrueを返している。
・「最新の投稿」が設定され、かつis_home関数の返り値がtrueの場合
・「固定ページ」が設定され、現在のページが指定されている固定ページの場合

使用例

  • フロントページか調べる。
    <?php if ( is_front_page( ) ) : ?>

関連

  • get_option - オプションの値を取得する
  • is_home - ホームページか調べる

お勧めコンテンツ

検索ワード「-10,000円」を検索できるようにしたい(2017年7月20日 登録)

とあるサイトで「-10,000円」をキーワードに検索した際、予想と異なるページが表示され、ちょっと驚いた。今回はその原因調査と対策についてまとめてみた。

投稿画面のウェジェットを2列にする(2013年1月25日 登録)

ダッシュボード画面ではスクリーンレイアウトを最大4列まで選択できるのに、投稿画面は1列か2列のどちらか。高解像度のディスプレイを使っていると、投稿画面では大画面のメリットを生かせていない理由がここにあるのではと感じ、3列対応にしてみた。

ショートコードを使ってテーマ内の画像URLを簡単に指定する(2011年5月2日 登録)

投稿記事の中で画像パーツを使いたいときがある。画像パーツの配置場所は、/imgディレクトリのようなテーマ外の場合と、/wp-content/themes/mytheme/imagesディレクトリのようなテーマ内の場合があり、今回は後者のケース。ショートコードを使って投稿記事の画像ファイルのURLを記述する方法を紹介したい。

子カテゴリのアーカイブページを親カテゴリ用のテンプレートファイルで表示しよう(2011年12月8日 登録)

少し前に投稿した「適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす」で説明した通り、特定のカテゴリ専用のテンプレートとしてcategory-○○.phpを用意することで、category.phpやarchive.php内で振り分けを行う必要がなくなる。ただ、すべてのカテゴリ分を用意するのは効率的ではないし、特に子カテゴリについては親カテゴリと共通内容になるケースが多いのではないだろうか。ここでは、子カテゴリの個別テンプレートファイルを作らず、親カテゴリのテンプレートを利用する方法を紹介する。

3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2014年1月17日 登録)

ちょうど1月前の「ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する」にて、WordPress 3.8新ダッシュボードの「概要」ウィジェットにカスタム投稿タイプの投稿数を表示する方法を紹介したが、今回のその続編で「アクティビティ」ウィジェットを拡張する方法を紹介する。

最終更新日時 : 2011-02-17 16:23