is_main_query

(3.3.0以降)
is_main_query - 現在の投稿情報が最初に検索されたものか調べる

説明

bool is_main_query( )
現在の投稿情報が最初に検索されたものか調べる。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

現在の投稿情報が最初に検索されたものの場合はtrueを、別途query_posts関数で取得されたものの場合はfalseを返す。

注意

内部ではグローバル変数の$wp_the_query$wp_queryを比較している。$wp_the_queryにはWordPressがリクエストされたURLに基づいて最初に検索した結果などが格納されている。

使用例

  • 現在の投稿情報が最初に検索されたものか調べる。
    <?php if ( is_main_query() ) : ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/query.php

関連

  • query_posts - 条件を指定して投稿情報をロードする

お勧めコンテンツ

全投稿を取得するのはnopaging=1でいい(2011年8月29日 登録)

query_posts関数(またはWP_Queryクラス)を使う場合、取得する件数の指定を省略すると管理者ページの「表示設定」-「1ページに表示する最大件数」の指定値分だけの投稿情報を取得する。それでは条件にマッチするすべての投稿情報を取得するには?

query_posts(WP_Queryクラス)で'tax_query'を使いこなす(2011年9月8日 登録)

2日にわたって投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」「query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む」の続き。今日はカテゴリーや投稿タグ以外ののタクソノミーによる絞り込み、複数のタクソノミーの絞り込みの組み合わせについてまとめてみる。

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

3.2標準テーマ「Twenty Eleven」は投稿フォーマットに着目(2011年7月6日 登録)

新テーマ「Twenty Eleven」のトップページでは、投稿フォーマットに応じて表示を切り替える仕組みが提案されている。ここでは、その投稿フォームの活用方法を簡単に紹介する。

各種リンクを取得する関数一覧(2014年6月12日 登録)

サイト設計において、ページ間の相互リンクは重要である。WordPressでは各種ページのリンク(パーマリンク)を取得する関数を用意しており、それらを一通り把握しておくべきだろう。

最終更新日時 : 2012-03-05 20:29