is_main_query

(3.3.0以降)
is_main_query - 現在の投稿情報が最初に検索されたものか調べる

説明

bool is_main_query( )
現在の投稿情報が最初に検索されたものか調べる。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

現在の投稿情報が最初に検索されたものの場合はtrueを、別途query_posts関数で取得されたものの場合はfalseを返す。

注意

内部ではグローバル変数の$wp_the_query$wp_queryを比較している。$wp_the_queryにはWordPressがリクエストされたURLに基づいて最初に検索した結果などが格納されている。

使用例

  • 現在の投稿情報が最初に検索されたものか調べる。
    <?php if ( is_main_query() ) : ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/query.php

関連

  • query_posts - 条件を指定して投稿情報をロードする

お勧めコンテンツ

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2011年2月18日 登録)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

3.6リリース直前チェック(2013年7月26日 登録)

$wpdbは、WordPressのデータベースにアクセスする際に使用できる便利なオブジェクト。独自テーブルの利用やデータ検索の最適化など、標準提供される関数では実現できないことを手助けしてくれる。そんな$wpdbのescapeメソッドが3.6で非推奨(deprecated)になる。

カレンダーウィジェットをAjaxで切り替える(2011年8月22日 登録)

ウィジェットベースでテーマを構築していてカレンダーを表示してみた。標準では、前月や次月のリンク先はそれぞれの月のアーカイブページとなっているのだが、記事を探すだけであればカレンダー部分だけを更新するほうが便利なのではと考え、そのアイデアを実装してみた。

同じ名前のメタ情報をまとめて削除する(2014年3月21日 登録)

WordPressには、投稿情報、コメント情報、ユーザ情報のそれぞれを拡張できるメタ情報の仕組みが用意されている。投稿情報のメタ情報は「カスタムフィールド」として投稿画面に用意されているので投稿者自身が随時操作できるほか、テーマやプラグインからの操作も容易である。今回の中身はそんなメタ情報の一括削除の話だ。

サイドバーの初期化はwidgets_initアクションで(2011年7月14日 登録)

ウィジェットを使ってみたくなり新テーマ「Twenty Eleven」を覗いてみると、codexに記載されていた内容と少し違っている。これって「Twenty Ten」ですでに変更されていたんだね。

最終更新日時 : 2012-03-05 20:29