is_main_site

(3.0.0以降)
is_main_site - サイトがメインサイトか調べる

説明

bool is_main_site( int $site_id = null )
サイトがメインサイトか調べる。

パラメータ

  • $site_id
    サイトIDを指定(省略時はnull)。

返り値

指定されたサイトがメインサイトかシングルの場合はtrueを、メインサイトでない場合はfalseを返す。

注意

基本的にはマルチサイト向けの関数だが、シングルサイトで使用した場合はtrueになる。パラメータ$site_idがnullの場合は現在のサイトが対象となる。

使用例

  • 現在のサイトがメインサイトか調べる。
    <?php if ( is_main_site() ) : ?>
  • サイトIDが2のサイトがメインサイトか調べる。
    <?php if ( is_main_site( 2 ) ) : ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

お勧めコンテンツ

プラグインの設定ページもレスポンシブ対応(2014年6月3日 登録)

レスポンシブ対応したWordPressの管理画面。プラグインやテーマのカスタマイズで管理画面を拡張しているなら、切り替わるタイミングはきっちり押さえておきたいところではないだろうか。

WP_Postオブジェクトで投稿情報を直感的に使う(2012年10月4日 登録)

WordPress 3.5で登場するであろうWP_Postクラス。WordPressの投稿情報は、投稿情報本体のほか、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールドなど、いくつかに分散して記録され、それぞれの情報を取得する際は、いくつかの関数をしていた。新しいWP_Postクラスにより、その習慣とおさらばできるかもしれない。

開発環境(Windows 8)にimagickを入れる(2012年12月23日 登録)

WordPress 3.5のイメージエディタ(WP_Image_Editor)は、GDだけでなく、imagick(ImageMagick)にも対応している。そんなわけでWindows 8の開発環境にimagickをインストールしてみた。

さくらのVPSでKUSANAGI(2017年5月15日 登録)

請け負っていた業務が一段落したので、「さくらのVPS」で「KUSANAGI」を試してみました。推奨環境はメモリ4GBとなっているが、今回は実験的な利用なので、SSD 2GBプランでトライしました。

canvasタグを投稿したい(2013年12月27日 登録)

以前「投稿内容のid属性などを保存するための対策」で取り上げたように、WordPressでは投稿に記述できるHTMLタグが制限されている。同コラムでこの制限を調整する対策を紹介しているが、3.5以降ではフィルター関数を登録して対応できるようだ。

最終更新日時 : 2017-03-24 13:00