is_multi_author

(3.2.0以降)
is_multi_author - サイトの投稿者が複数いるかを調べる

説明

bool is_multi_author( )
サイト(ブログ)の投稿者が複数いるかを調べる。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

サイトの投稿者が2人以上いる場合はtrue、1人以下の場合はfalseを返す。

注意

調べるサイトは現在のサイトのみ。実際に投稿されている記事の投稿者を調べるため、投稿していない投稿者はカウントされない。

使用例

  • サイトの投稿者が複数いるかを調べる。
    <?php if ( is_multi_author( ) ) : ?>

フィルター

値を返す直前'is_multi_author'フィルターが呼び出される。パラメータ$is_multi_authorには複数投稿者の有無(trueまたはfalse)が格納される。
return apply_filters( 'is_multi_author', $is_multi_author );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/author-template.php

お勧めコンテンツ

3.6リリース直前チェック(2013年7月26日 登録)

$wpdbは、WordPressのデータベースにアクセスする際に使用できる便利なオブジェクト。独自テーブルの利用やデータ検索の最適化など、標準提供される関数では実現できないことを手助けしてくれる。そんな$wpdbのescapeメソッドが3.6で非推奨(deprecated)になる。

一定時間でログアウトする(2013年5月23日 登録)

ログイン関係を調べている関係で、wp_set_auth_cookie関数に行き着く。ログイン画面の「ログイン状態を保持する」がチェックされた場合、クッキーの有効期限は14日間。チェックされていない場合は、ブラウザが閉じるまで常に有効となっているんだね。

query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む(2011年9月6日 登録)

久しぶりにquery_posts関数を見直してみると、見知らぬパラメータがいくつか追加されていた。気になったのでカテゴリー関係の指定を'tax_query'パラメータを交えて整理してみた。

ショートコードを含んだページを表示する前に何か処理する(2014年5月28日 登録)

固定ページまたは投稿ページに独自のフォームを埋め込む。入力→登録の2段階のフォームなら著名なプラグイン「Contact Form 7」を利用すればいいのだが、クライアントの依頼は入力→確認→登録の3段階で組み込む要素が特化していたので、独自の実装方法を考えることになった。

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

最終更新日時 : 2013-01-05 01:38