is_multi_author

(3.2.0以降)
is_multi_author - サイトの投稿者が複数いるかを調べる

説明

bool is_multi_author( )
サイト(ブログ)の投稿者が複数いるかを調べる。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

サイトの投稿者が2人以上いる場合はtrue、1人以下の場合はfalseを返す。

注意

調べるサイトは現在のサイトのみ。実際に投稿されている記事の投稿者を調べるため、投稿していない投稿者はカウントされない。

使用例

  • サイトの投稿者が複数いるかを調べる。
    <?php if ( is_multi_author( ) ) : ?>

フィルター

値を返す直前'is_multi_author'フィルターが呼び出される。パラメータ$is_multi_authorには複数投稿者の有無(trueまたはfalse)が格納される。
return apply_filters( 'is_multi_author', $is_multi_author );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/author-template.php

お勧めコンテンツ

Widgets on dashboard:プラグイン作ってみました(2014年5月6日 登録)

サイトバーなどのページ構成パーツとしてウィジェットを利用し、ある程度頻繁に更新している場合、毎回ウィジェットページを表示するのはちょっとだけ面倒かも。そんなわけで、シンプルにダッシュボードで直接編集できればいいかなと思い、調べてみました。

投稿内容に応じてwpautopを制御する(2013年8月13日 登録)

投稿内容を表示するthe_content関数では、wpautop関数がフィルターの1つとして呼び出され、改行をbrタグに変換したり、pタグで調整したりする。この機能自体は便利なのだが、きちんとデザインされたHTMLソースを流し込んだ場合はこの機能は好ましくない。そんなわけで、記事内容に応じてwpautop関数を制御できないか考えてみた。

カスタム投稿タイプの投稿保存には専用アクションを使おう(2014年7月4日 登録)

カスタム投稿タイプを登録して、専用ウィジェット(meta_box)を使って拡張情報を入力させ、それらの情報をsave_postアクションで保存する。これまではこんな感じだったのだが、久しぶりにカスタム投稿タイプを使ったら、save_postアクションの前にsave_postに投稿タイプ名がくっついたアクションが追加されていた。

index.htmlでアーカイブページを表示させる(2011年10月14日 登録)

静的なサイトでは、各ディレクトリにindex.htmlファイルを置き、そのディレクトリの内容を紹介することが多い。WordPressで構築したサイトも同様にできないかと考え、試行錯誤してみた(こんなことを考えてるのは自分だけだろうか!?)。

標準で使用できる数少ないショートコード[caption]とは(2011年5月7日 登録)

画像をアップロードして「投稿に追加」ボタンをクリックすると、投稿記事内にリンク付きのimgタグか、ショートコードのが挿入される。ここではそれらの書式を整理する。

最終更新日時 : 2013-01-05 01:38