is_new_day

(0.71以降)
is_new_day - 現在の投稿記事の投稿日が直前の投稿記事と同じか調べる

説明

int is_new_day( )
現在の投稿記事の投稿日が直前の投稿記事と同じか調べる。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

現在の投稿記事の投稿日(グローバル変数$currentday)が直前の投稿記事の投稿日(グローバル変数$previousday)と同じか調べ、違う場合は1を、同じ場合は0を返す。

注意

投稿記事の表示ループ内向けの関数であり、the_post(正確にはその中で呼ばれるsetup_postdata)関数にて$currentdayを、the_date関数にて$previousdayを更新するため、それらが呼び出されていないケースでは意図通りに機能しない。

使用例

  • 現在の投稿記事の投稿日が直前の投稿記事と同じか調べる。
    <?php if ( is_new_day() ) : ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

  • setup_postdata - 投稿記事に関連するグローバル変数を設定する
  • the_date - 投稿データの投稿日を表示する
  • $currentday - 現在の投稿記事の投稿日
  • $previousday - 直前の投稿記事の投稿日

お勧めコンテンツ

3.6リリース直前チェック(2013年7月26日 登録)

$wpdbは、WordPressのデータベースにアクセスする際に使用できる便利なオブジェクト。独自テーブルの利用やデータ検索の最適化など、標準提供される関数では実現できないことを手助けしてくれる。そんな$wpdbのescapeメソッドが3.6で非推奨(deprecated)になる。

全投稿を取得するのはnopaging=1でいい(2011年8月29日 登録)

query_posts関数(またはWP_Queryクラス)を使う場合、取得する件数の指定を省略すると管理者ページの「表示設定」-「1ページに表示する最大件数」の指定値分だけの投稿情報を取得する。それでは条件にマッチするすべての投稿情報を取得するには?

PHPとMySQLのバージョンを確認(2013年9月11日 登録)

先日、WordPressで構築されたサイトについて最新版へのバージョンアップを依頼される。使用されていたWordPressはバージョン2.xということで、最新版へバージョンアップできるのか、PHPとMySQLのバージョンを確認することになった。

固定ページのURLの拡張子をhtmlに変更する(2012年8月8日 登録)

固定ページについて、URLを静的ページっぽく拡張子htmlに変更したいという要望を受けることがある。これまでは「.html on PAGES」というプラグインを使っていて特に不満があったわけではないのだが、今回ひょんなことから簡単に対応できることがわかったので、メモ書きしておく。

初期化に関連するアクションのおさらい(2012年8月7日 登録)

いつも何気なくfunctions.phpで使っているafter_setup_themeアクションやinitアクション。普段はあまり意識していなかったが、ふとしたことからどんな順番に呼び出されるのか気になってしまい、ちょっと調べてみた。

最終更新日時 : 2011-12-19 13:20