is_new_day

(0.71以降)
is_new_day - 現在の投稿記事の投稿日が直前の投稿記事と同じか調べる

説明

int is_new_day( )
現在の投稿記事の投稿日が直前の投稿記事と同じか調べる。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

現在の投稿記事の投稿日(グローバル変数$currentday)が直前の投稿記事の投稿日(グローバル変数$previousday)と同じか調べ、違う場合は1を、同じ場合は0を返す。

注意

投稿記事の表示ループ内向けの関数であり、the_post(正確にはその中で呼ばれるsetup_postdata)関数にて$currentdayを、the_date関数にて$previousdayを更新するため、それらが呼び出されていないケースでは意図通りに機能しない。

使用例

  • 現在の投稿記事の投稿日が直前の投稿記事と同じか調べる。
    <?php if ( is_new_day() ) : ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

  • setup_postdata - 投稿記事に関連するグローバル変数を設定する
  • the_date - 投稿データの投稿日を表示する
  • $currentday - 現在の投稿記事の投稿日
  • $previousday - 直前の投稿記事の投稿日

お勧めコンテンツ

xmlrpc.phpへのアクセスについてちょっと考えた(2015年7月10日 登録)

少し前のことですが、こちらのサーバーを何度かダウンさせてしまったのですが、その原因はxmlrpc.phpへアクセスが集中したことによってサーバーが過負荷となってしまったというものでした。すぐにサーバー性能を上げることはできないため、xmlrpc.phpのアクセスを全部拒否するという暫定対応してしまいました。

ツイート引用が簡単になる仕組み(2012年6月8日 登録)

WordPress 3.4では、投稿記事の中にツイートのURLを記述するだけで、投稿ページにそれっぽい表示をしてくれるようになる。ちょっと気になったので、その仕組みを追っかけてみた。

同じ名前のメタ情報をまとめて削除する(2014年3月21日 登録)

WordPressには、投稿情報、コメント情報、ユーザ情報のそれぞれを拡張できるメタ情報の仕組みが用意されている。投稿情報のメタ情報は「カスタムフィールド」として投稿画面に用意されているので投稿者自身が随時操作できるほか、テーマやプラグインからの操作も容易である。今回の中身はそんなメタ情報の一括削除の話だ。

投稿ページにキーワード検索ウィジェットを追加する(2012年6月2日 登録)

「投稿の編集」ページで記事を編集していると、関連する投稿記事を検索したくなることがある。そんな時、「投稿一覧」ページに戻って「キーワード検索」を行えばいいのだが、そのひと手間がちょっとだけ煩わしい。

ショートコードを含んだページを表示する前に何か処理する(2014年5月28日 登録)

固定ページまたは投稿ページに独自のフォームを埋め込む。入力→登録の2段階のフォームなら著名なプラグイン「Contact Form 7」を利用すればいいのだが、クライアントの依頼は入力→確認→登録の3段階で組み込む要素が特化していたので、独自の実装方法を考えることになった。

最終更新日時 : 2011-12-19 13:20