is_object_in_taxonomy

(3.0.0以降)
is_object_in_taxonomy - オブジェクトタイプがタクソノミーを使用できるか調べる

説明

bool is_object_in_taxonomy( string $object_type, string $taxonomy )
オブジェクトタイプがタクソノミーを使用できるか調べる。

パラメータ

  • $object_type
    投稿タイプなどのオブジェクトタイプ名を指定。
  • $taxonomy
    タクソノミー名を指定。

返り値

指定されたオブジェクトタイプがタクソノミーを使用できる場合はtrueを、使用できない場合はfalseを返す。

注意

投稿タイプが使用できるタクソノミーは、通常「投稿」が「カテゴリー」と「(投稿)タグ」で、「メディア」および「固定ページ」はタクソノミーを使用できない。ただし、これはあくまでも標準の場合であり、register_taxonomy_for_object_type関数によって任意の投稿タイプに任意のタクソノミーを追加することができる。

使用例

  • 投稿が投稿タグを使用できるか調べる。
    <?php if ( is_object_in_taxonomy( 'post', 'post_tag' ) ) : ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/taxonomy.php

関連

お勧めコンテンツ

ショートコードを使ってテーマ内の画像URLを簡単に指定する(2011年5月2日 登録)

投稿記事の中で画像パーツを使いたいときがある。画像パーツの配置場所は、/imgディレクトリのようなテーマ外の場合と、/wp-content/themes/mytheme/imagesディレクトリのようなテーマ内の場合があり、今回は後者のケース。ショートコードを使って投稿記事の画像ファイルのURLを記述する方法を紹介したい。

サイドバーの初期化はwidgets_initアクションで(2011年7月14日 登録)

ウィジェットを使ってみたくなり新テーマ「Twenty Eleven」を覗いてみると、codexに記載されていた内容と少し違っている。これって「Twenty Ten」ですでに変更されていたんだね。

決まった値を返すだけの関数群(2015年7月15日 登録)

WordPressのソースコードを眺めているとフィルター関数名で'__return_○○'が指定されている部分を時々見かけます。それらの関数定義を見てみると、すべて決まった値を単純に返すだけでした。これらの関数がちょっと気になったので、まとめてみました。

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

ページを表示する直前の前処理にtemplate_redirectアクションを(2013年4月13日 登録)

リクエストに応じてページを表示する直前の準備として何かしらの処理を行っておきたいケースがある。そんな時、テーマの各テンプレートファイルの先頭部分に処理内容をずらずらと記述していませんか。

最終更新日時 : 2014-06-23 17:58