is_object_in_taxonomy

(3.0.0以降)
is_object_in_taxonomy - オブジェクトタイプがタクソノミーを使用できるか調べる

説明

bool is_object_in_taxonomy( string $object_type, string $taxonomy )
オブジェクトタイプがタクソノミーを使用できるか調べる。

パラメータ

  • $object_type
    投稿タイプなどのオブジェクトタイプ名を指定。
  • $taxonomy
    タクソノミー名を指定。

返り値

指定されたオブジェクトタイプがタクソノミーを使用できる場合はtrueを、使用できない場合はfalseを返す。

注意

投稿タイプが使用できるタクソノミーは、通常「投稿」が「カテゴリー」と「(投稿)タグ」で、「メディア」および「固定ページ」はタクソノミーを使用できない。ただし、これはあくまでも標準の場合であり、register_taxonomy_for_object_type関数によって任意の投稿タイプに任意のタクソノミーを追加することができる。

使用例

  • 投稿が投稿タグを使用できるか調べる。
    <?php if ( is_object_in_taxonomy( 'post', 'post_tag' ) ) : ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/taxonomy.php

関連

お勧めコンテンツ

初期化に関連するアクションのおさらい(2012年8月7日 登録)

いつも何気なくfunctions.phpで使っているafter_setup_themeアクションやinitアクション。普段はあまり意識していなかったが、ふとしたことからどんな順番に呼び出されるのか気になってしまい、ちょっと調べてみた。

32ピクセルのサイトアイコンを別の画像ファイルに変更する(2015年8月27日 登録)

「サイトアイコン」は4.3の新機能の1つ。管理画面で適当な画像ファイルを指定するだけでサイトアイコンが適用されます。そんなサイトアイコンで、既存の favicon.ico を併用する方法を紹介します。

ログインページを変える(2012年11月18日 登録)

WordPressの標準的な不正ログイン対策としては、ログインIDは'admin'を避けるパスワードはユニークで長くする、場合によってはアクセスできるIPアドレスを制限する、といった具合だろう。これらの他に何かできないものだろうかと、ちょっと考えてみた。

index.htmlでアーカイブページを表示させる(2011年10月14日 登録)

静的なサイトでは、各ディレクトリにindex.htmlファイルを置き、そのディレクトリの内容を紹介することが多い。WordPressで構築したサイトも同様にできないかと考え、試行錯誤してみた(こんなことを考えてるのは自分だけだろうか!?)。

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

最終更新日時 : 2014-06-23 17:58