is_post_type_archive

(3.1.0以降)
is_post_type_archive - カスタム投稿タイプアーカイブページか調べる

説明

bool is_post_type_archive( [ mixed $post_types = '' ] )
カスタム投稿タイプアーカイブページか調べる。

パラメータ

  • $post_types
    カスタム投稿タイプまたはその配列を指定(省略時は'')。

返り値

カスタム投稿タイプアーカイブページの場合はtrue、それ以外はfalseを返す。

注意

このステータスはquery_post関数の呼び出しによって更新される。

使用例

  • 何らかのカスタム投稿タイプアーカイブページか調べる。
    <?php if ( is_post_type_archive() ) : ?>
  • 'tool'というカスタム投稿タイプアーカイブページか調べる。
    <?php if ( is_post_type_archive( 'tool' ) ) : ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/query.php

関連

お勧めコンテンツ

囲み型ショートコードとwpautop(2014年10月22日 登録)

ショートコードは投稿記事の閲覧時に動的に内容を変更できる優れもの。galleryやcaptionなどいくつかのショートコードが標準で組み込まれており、一部のプラグインではその機能を利用する手段としてショートコードが利用されている。

Widgets on dashboard:プラグイン作ってみました(2014年5月6日 登録)

サイトバーなどのページ構成パーツとしてウィジェットを利用し、ある程度頻繁に更新している場合、毎回ウィジェットページを表示するのはちょっとだけ面倒かも。そんなわけで、シンプルにダッシュボードで直接編集できればいいかなと思い、調べてみました。

投稿内容に応じてwpautopを制御する(2013年8月13日 登録)

投稿内容を表示するthe_content関数では、wpautop関数がフィルターの1つとして呼び出され、改行をbrタグに変換したり、pタグで調整したりする。この機能自体は便利なのだが、きちんとデザインされたHTMLソースを流し込んだ場合はこの機能は好ましくない。そんなわけで、記事内容に応じてwpautop関数を制御できないか考えてみた。

プラグインの設定ページもレスポンシブ対応(2014年6月3日 登録)

レスポンシブ対応したWordPressの管理画面。プラグインやテーマのカスタマイズで管理画面を拡張しているなら、切り替わるタイミングはきっちり押さえておきたいところではないだろうか。

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2011年2月18日 登録)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

最終更新日時 : 2017-11-17 09:15