is_random_header_image

(3.2.0以降)
is_random_header_image - テーマがランダムヘッダイメージに対応しているか調べる

説明

bool is_random_header_image( [ string $type = 'any' ] )
テーマがランダムヘッダイメージに対応しているか調べる。

パラメータ

  • $type
    イメージ種別として'any'、'default'、'uploaded'の何れかを指定(省略時は'any')

返り値

ランダムヘッダイメージに対応している場合はtrueを、対応していない場合はfalseを返す。

注意

get_header_image関数から呼び出される。

使用例

  • テーマがランダムヘッダイメージに対応しているか調べる。
    <?php if ( is_random_header_image( ) ) : ?>
  • テーマがアップロード画像のランダムヘッダイメージに対応しているか調べる。
    <?php if ( is_random_header_image( 'uploaded' ) ) : ?>

関連

お勧めコンテンツ

タイトルのみをキーワード検索する(2014年4月3日 登録)

WordPressのキーワード検索は、投稿タイトルと本文のどちらかに指定したキーワードが含まれているかを調べるわけだが、時々タイトルだけとか、逆に本文だけ検索したいケースがある。

各種リンクを取得する関数一覧(2014年6月12日 登録)

サイト設計において、ページ間の相互リンクは重要である。WordPressでは各種ページのリンク(パーマリンク)を取得する関数を用意しており、それらを一通り把握しておくべきだろう。

Login rebuilderのログ表示機能を紹介(2015年7月9日 登録)

プラグイン「Login rebuilder」には、バージョン1.2.0からログ情報を保存・確認する機能が備わっています。このログ情報では直近のログインページへの不正アクセスやログイン試行を確認できます。ここでは保存しているログ情報の見方について簡単に説明します。

query_posts(WP_Queryクラス)でカスタムフィールドを使う(2011年9月15日 登録)

先週3回にわたってtax_queryパラメータを使ったカテゴリーや投稿タグ、投稿フォーマットの絞り込みを整理したが、その途中で目に付いたのが'meta_query'パラメータ。この'meta_query'パラメータは、カスタムフィールドの絞り込み条件を指定するためのもので、3.2で登場した新しいパラメータのようだ。

3.2標準テーマ「Twenty Eleven」は投稿フォーマットに着目(2011年7月6日 登録)

新テーマ「Twenty Eleven」のトップページでは、投稿フォーマットに応じて表示を切り替える仕組みが提案されている。ここでは、その投稿フォームの活用方法を簡単に紹介する。

最終更新日時 : 2011-07-05 19:52