is_random_header_image

(3.2.0以降)
is_random_header_image - テーマがランダムヘッダイメージに対応しているか調べる

説明

bool is_random_header_image( [ string $type = 'any' ] )
テーマがランダムヘッダイメージに対応しているか調べる。

パラメータ

  • $type
    イメージ種別として'any'、'default'、'uploaded'の何れかを指定(省略時は'any')

返り値

ランダムヘッダイメージに対応している場合はtrueを、対応していない場合はfalseを返す。

注意

get_header_image関数から呼び出される。

使用例

  • テーマがランダムヘッダイメージに対応しているか調べる。
    <?php if ( is_random_header_image( ) ) : ?>
  • テーマがアップロード画像のランダムヘッダイメージに対応しているか調べる。
    <?php if ( is_random_header_image( 'uploaded' ) ) : ?>

関連

お勧めコンテンツ

時代はWP_Queryなのか(2011年8月1日 登録)

WordPressのテーマ作成において、メインの投稿記事とは別に特定の条件を指定した投稿内容を表示することが多々ある。つい最近までget_posts関数を使用することが多かったのだが、最近はWP_Queryクラスを使用することが多くなってきた。

プラグインの設定ページもレスポンシブ対応(2014年6月3日 登録)

レスポンシブ対応したWordPressの管理画面。プラグインやテーマのカスタマイズで管理画面を拡張しているなら、切り替わるタイミングはきっちり押さえておきたいところではないだろうか。

the_date関数で投稿日を確実に表示する(2011年12月20日 登録)

投稿記事の投稿日時を表示する際、the_date関数を使用することが多いだろう。このthe_date関数はphpのdate関数と同じパラメータを指定することで、好みの日時フォーマットで投稿日時を表示できるのだが、ある条件の場合に投稿日時を表示しない。最初にこの現象に遭遇したときは、ちょっと悩まされた。

メディアライブラリに絞り込み用の「投稿タグ」を追加する(2014年6月24日 登録)

この記事は、先月投稿したコラム「メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する」の続編。メディアで「投稿タグ」を追加するだけで「メディアライブラリ」ページの投稿一覧の中には「タグ」カラムが追加されるが、今回はその「投稿タグ」で絞り込み検索に対応してみる。

タイトルのみをキーワード検索する(2014年4月3日 登録)

WordPressのキーワード検索は、投稿タイトルと本文のどちらかに指定したキーワードが含まれているかを調べるわけだが、時々タイトルだけとか、逆に本文だけ検索したいケースがある。

最終更新日時 : 2011-07-05 19:52