is_rtl

(3.0.0以降)
is_rtl - 現在のロケールが右書きか調べる

説明

bool is_rtl( )
現在のロケールが右書き(文字を右から左へ書き進めること)か調べる。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

右書きの場合はtrueを、左書きの場合はfalseを返す。

注意

WordPressでは右書きかを調べ、editor-style.cssかeditor-style-rtl.cssのようにcssファイルを自動で切り替えている。右書きのcssファイルは、●●-rtl.cssのように「-rtl」が付く。

使用例

  • 現在のロケールが右書きか調べる。
    <?php if ( is_rtl( ) ) : ?>

関連

お勧めコンテンツ

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2015年3月15日 登録)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

カテゴリー専用の投稿一覧と新規投稿メニューを追加する(2012年1月23日 登録)

サイト更新の1クリックを省くため、特定カテゴリーの投稿に対して同じようにメニューを追加してみた。カスタム投稿タイプの専用投稿メニューみたいな感じである。

コメントの「ウェブサイト」止めました(2014年4月14日 登録)

とあるサイトのスパムコメントが多く、その都度のスパム指定するのが面倒である。これまでいくつか対策を行ってきたが、そういった対応にもいい加減うんざりしてきたので、試験的に「ウェブサイト」を無効化しようと思った。

query_posts(WP_Queryクラス)で'tax_query'を使いこなす(2011年9月8日 登録)

2日にわたって投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」「query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む」の続き。今日はカテゴリーや投稿タグ以外ののタクソノミーによる絞り込み、複数のタクソノミーの絞り込みの組み合わせについてまとめてみる。

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2011年2月18日 登録)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

最終更新日時 : 2015-08-26 12:27