is_singuler

(1.5.0以降)
is_singuler - 投稿またはページか調べる

説明

bool is_singular( [ mixed $post_types = '' ] )
要求されているページが、投稿またはページか調べる。

パラメータ

  • $post_types
    投稿タイプ名またはその配列を指定(省略時は'')。

返り値

パラメータ$post_typesが''の場合は投稿またはページ、カスタム投稿の場合はtrue、それ以外はfalseを返す。パラメータ$post_typesが''以外の場合は、投稿情報がその投稿タイプと一致する場合はtrue、一致しない場合はfalseを返す。

注意

このステータスはquery_postの呼び出しによって更新される。
パラメータ$post_typesが追加された(2.9?)

使用例

  • 投稿またはページか調べる。
    <?php if ( is_singular() ) : ?>
  • カスタム投稿タイプの'news'か調べる。
    <?php if ( is_singular( 'news' ) ) : ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/query.php

関連

  • get_singular_template - singularテンプレートのパス名を取得する
  • is_404 - 404ページか調べる
  • is_archive - アーカイブページか調べる
  • is_category - カテゴリーアーカイブページか調べる
  • is_date - 日付アーカイブページか調べる
  • is_day - 日別アーカイブページか調べる
  • is_embed - 要求されているページが埋め込み投稿ページか調べる
  • is_home - ホームページか調べる
  • is_month - 月別アーカイブページか調べる
  • is_page - ページか調べる
  • is_paged - 分割された2ページ目以降か調べる
  • is_post_type_archive - カスタム投稿タイプアーカイブページか調べる
  • is_search - 検索結果ページか調べる
  • is_single - 投稿か調べる
  • is_tag - タグアーカイブページか調べる
  • is_year - 年別アーカイブページか調べる
  • query_posts - 条件を指定して投稿情報をロードする

お勧めコンテンツ

各種リンクを取得する関数一覧(2014年6月12日 登録)

サイト設計において、ページ間の相互リンクは重要である。WordPressでは各種ページのリンク(パーマリンク)を取得する関数を用意しており、それらを一通り把握しておくべきだろう。

3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2014年1月17日 登録)

ちょうど1月前の「ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する」にて、WordPress 3.8新ダッシュボードの「概要」ウィジェットにカスタム投稿タイプの投稿数を表示する方法を紹介したが、今回のその続編で「アクティビティ」ウィジェットを拡張する方法を紹介する。

RSSフィードの抜粋をさらに抜粋(2011年7月21日 登録)

RSSフィードはデフォルトでは「全文(HTMLタグを含む)」になっているが、管理画面の「表示設定」では「抜粋のみ(HTMLタグは除外)」を選択できる。それでも投稿記事が長いと、その抜粋テキストも長くなってしまう。ここではそんなRSSフィードの抜粋テキストを調整する方法を紹介する。

時代はWP_Queryなのか(2011年8月1日 登録)

WordPressのテーマ作成において、メインの投稿記事とは別に特定の条件を指定した投稿内容を表示することが多々ある。つい最近までget_posts関数を使用することが多かったのだが、最近はWP_Queryクラスを使用することが多くなってきた。

JavaScriptテンプレートを使ってみた(2017年6月6日 登録)

前回の記事」で取り上げた「WordPress Events and News」ウィジェットでは入力された地名のAJAX処理してその地名近隣のイベント情報を表示している。特に表示部分では「JavaScriptテンプレート」が採用されており、今更ながら調べてみた。

最終更新日時 : 2015-12-18 11:43