is_site_meta_supported

説明

bool is_site_meta_supported()
サイトメタデータが有効か調べる。

パラメータ

パラメータはありません。

返り値

マルチサイトでサイトメタデータが有効な場合はtrueを、それ以外はfalseを返す。


注意

サイトメタデータ(テーブル名wp_blogmeta)は、バージョン5.1.0で追加されたマルチサイト向けの仕組みである。サイトメタデータの概要は、Make WordPress Coreの「Multisite Support for Site Metadata in 5.1」を参照。


使用例

  • サイトメタデータが有効か調べる。
    <?php if ( is_site_meta_supported() ) : ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

最終更新 : 2019年02月25日 10:23



お勧め

タイトルが一致する投稿を検索する(2014年2月20日 更新)

WordPressが提供する投稿ページの文字列検索機能の実現には、 query_posts関数(WP_Queryクラス)が大きな役割を担っている。ここで紹介するのは、高機能ゆえに使いこなすのが難しいquery_posts関数(WP_Queryクラス)の使用法の一例である。

使っていないか確認しないとね!(フィルター編)(2019年4月24日 更新)

先週末にWordPress 5.2 Beta3(以降5.2Beta3)が公開され、正式リリースまであとわずか。ソースコードの変更点を見ていくと、wp-login.phpの中に非推奨となったフィルターが目に留まった。

メディアライブラリに絞り込み用の「投稿タグ」を追加する(2014年6月24日 更新)

この記事は、先月投稿したコラム「メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する」の続編。メディアで「投稿タグ」を追加するだけで「メディアライブラリ」ページの投稿一覧の中には「タグ」カラムが追加されるが、今回はその「投稿タグ」で絞り込み検索に対応してみる。

ブロックエディターで編集したページが出力した余分な改行を削除(2019年2月22日 更新)

ブロックエディターで編集したページのHTMLソースは、投稿本文部分の改行が目立った。Webページとしての表示は問題ないのだが、データとしては不要なので削除することにした。

Gutenberg、初見です(2018年8月6日 更新)

先週末、WordPress 4.9.8がリリースされ、事前に告知されてたように「Gutenberg」がお披露目になった。投稿編集ページがガラリと変わり、影響範囲はそれなりに大きいと思われる。まずはこの週末に感じたことを整理してみた。