is_wp_error

(2.1.0以降)
is_wp_error - WP_Errorオブジェクトか調べる

説明

bool is_wp_error( mixed $thing )
WP_Errorオブジェクトか調べる。

パラメータ

  • $thing
    何らかの変数を指定。

返り値

WP_Errorオブジェクトの場合はtrueを、それ以外はfalseを返す。

注意

返り値はWP_Errorのオブジェクトの場合あるので、返り値がオブジェクトであってもis_wp_error関数で確認する必要がある。 またパラメータ$termにカテゴリー・タグ情報のオブジェクトを指定した場合、フィルター処理を行った後、$outputで指定した型に変換したデータを返す。

使用例

  • get_term関数の返り値をWP_Errorオブジェクトか調べる。
    <?php
    $cat = get_term( 10, 'category' );
    if ( isset( $cat ) && !is_wp_error( $cat ) ) {
    	// 正しく取得できた場合
    }
    ?>
    

関連

お勧めコンテンツ

ログインページを変える(2012年11月18日 登録)

WordPressの標準的な不正ログイン対策としては、ログインIDは'admin'を避けるパスワードはユニークで長くする、場合によってはアクセスできるIPアドレスを制限する、といった具合だろう。これらの他に何かできないものだろうかと、ちょっと考えてみた。

query_posts(WP_Queryクラス)で'tax_query'を使いこなす(2011年9月8日 登録)

2日にわたって投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」「query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む」の続き。今日はカテゴリーや投稿タグ以外ののタクソノミーによる絞り込み、複数のタクソノミーの絞り込みの組み合わせについてまとめてみる。

ログアウト後はいつもサイトトップ(2015年5月7日 登録)

ログアウト後に表示(リダイレクト)されるページは、標準ではログインページ(wp-login.php)である。4.2.0ではログアウト処理後のページリダイレクト前に呼び出されるフィルターが追加された。

初期化に関連するアクションのおさらい(2012年8月7日 登録)

いつも何気なくfunctions.phpで使っているafter_setup_themeアクションやinitアクション。普段はあまり意識していなかったが、ふとしたことからどんな順番に呼び出されるのか気になってしまい、ちょっと調べてみた。

3.6リリース直前チェック(2013年7月26日 登録)

$wpdbは、WordPressのデータベースにアクセスする際に使用できる便利なオブジェクト。独自テーブルの利用やデータ検索の最適化など、標準提供される関数では実現できないことを手助けしてくれる。そんな$wpdbのescapeメソッドが3.6で非推奨(deprecated)になる。

最終更新日時 : 2013-07-05 16:12