is_wp_error

(2.1.0以降)
is_wp_error - WP_Errorオブジェクトか調べる

説明

bool is_wp_error( mixed $thing )
WP_Errorオブジェクトか調べる。

パラメータ

  • $thing
    何らかの変数を指定。

返り値

WP_Errorオブジェクトの場合はtrueを、それ以外はfalseを返す。

注意

返り値はWP_Errorのオブジェクトの場合あるので、返り値がオブジェクトであってもis_wp_error関数で確認する必要がある。 またパラメータ$termにカテゴリー・タグ情報のオブジェクトを指定した場合、フィルター処理を行った後、$outputで指定した型に変換したデータを返す。

使用例

  • get_term関数の返り値をWP_Errorオブジェクトか調べる。
    <?php
    $cat = get_term( 10, 'category' );
    if ( isset( $cat ) && !is_wp_error( $cat ) ) {
    	// 正しく取得できた場合
    }
    ?>
    

関連

お勧めコンテンツ

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2015年3月14日 登録)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。

canvasタグを投稿したい(2013年12月27日 登録)

以前「投稿内容のid属性などを保存するための対策」で取り上げたように、WordPressでは投稿に記述できるHTMLタグが制限されている。同コラムでこの制限を調整する対策を紹介しているが、3.5以降ではフィルター関数を登録して対応できるようだ。

WordPressと組み込まれている主なJavaScriptライブラリのバージョン一覧(2015年4月10日 登録)

WordPressの更新が遅れていたサイトを少し前に更新したところ、jQuery UI sortableを使って拡張したページに不具合が発生しました。WordPressの更新に伴って内部のjQuery UIが更新されたことに起因すると思われ、これを機にWordPressとそれに組み込まれたJavaScriptライブラリのバージョンを確認してみました。

親子の固定ページで同じテンプレートを使う(2013年3月20日 登録)

固定ページのテンプレートファイルは「page.php」か、ページ名(スラッグ)または投稿IDを指定したテンプレートファイルになる。固定ページでページデザインが数パターンある場合、通常は「page.php」で振り分けることになるが、もう少しスマートにできないか考えてみた。

初期状態で「抜粋」ウィジェットを表示する(2014年1月7日 登録)

投稿編集ページのウィジェットは標準で表示されるものとされないものがある。フォーラムに『投稿の編集画面にデフォルトで抜粋を表示させたい』という投稿があったので、ちょっと調べてみた。

最終更新日時 : 2013-07-05 16:12