load_child_theme_textdomain

(2.9.0以降)
load_child_theme_textdomain - 子テーマ用の国際化用ファイルをロードする

説明

bool load_child_theme_textdomain( string $domain [ , mixed $path = false ] )
子テーマ用の国際化用ファイル(MOファイル)をロードする。

パラメータ

  • $domain
    ドメイン名を指定。
  • $path
    国際化用ファイル(MOファイル)のパス名を指定(省略時はfalseとなり、現在のテーマのディレクトリとなる)。

返り値

国際化用ファイル(MOファイル)をロードできた場合はtrueを、ロードできなかった場合はfalseを返す。

注意

ドメイン名は、__関数や_e関数といった翻訳テキストを使用する際のパラメータとして指定する。
パラメータ$pathを省略した場合は、次のように子テーマのディレクトリが指定される。

load_theme_textdomain( $domain, get_stylesheet_directory() );

使用例

  • テーマ内の国際化用ファイル(MOファイル)をロードする。
    <?php load_child_theme_textdomain( 'childdomain' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/l10n.php

関連

お勧めコンテンツ

WordCamp Tokyo 2013(2013年9月14日 登録)

本日開催された「WordCamp Tokyo 2013」に行ってきました。昨年と同様、会場は大田区産業プラザで、PHPカンファレンスと共催でしたね。

時代はWP_Queryなのか(2011年8月1日 登録)

WordPressのテーマ作成において、メインの投稿記事とは別に特定の条件を指定した投稿内容を表示することが多々ある。つい最近までget_posts関数を使用することが多かったのだが、最近はWP_Queryクラスを使用することが多くなってきた。

プラグインのロード順を制御する(2014年6月9日 登録)

これまでプラグインがどのような順番でロードされるか意識していなかったのだが、とある自作プラグインを他のプラグインよりも先にロードさせたくなったので調べてみた。

スマートフォン向けの振り分けを自前で行う(2011年11月2日 登録)

PC向けのサイトをスマートフォン対応する場合、WPtouchやktai styleに代表されるスマートフォン対応のテンプレート切り替えプラグインを使用するのが一般的。そういったプラグインはテンプレート切り替え以外の機能も備えており、そういった機能は必ずしも必要ではない。そんなわけで、ここでは超シンプルなスマートフォン向けのテンプレート切り替えを実現する方法を紹介する。

xmlrpc.phpへのアクセスについてちょっと考えた(2015年7月10日 登録)

少し前のことですが、こちらのサーバーを何度かダウンさせてしまったのですが、その原因はxmlrpc.phpへアクセスが集中したことによってサーバーが過負荷となってしまったというものでした。すぐにサーバー性能を上げることはできないため、xmlrpc.phpのアクセスを全部拒否するという暫定対応してしまいました。

最終更新日時 : 2017-04-07 14:43