load_plugin_textdomain

(1.5.0以降)
load_plugin_textdomain - プラグイン用のMOファイルをロードする

説明

bool load_plugin_textdomain( string $domain [ , mixed $abs_rel_path = false [ , mixed $plugin_rel_path = false ] ] )
プラグイン用の国際化用ファイル(MOファイル)をロードする。

パラメータ

  • $domain
    ドメイン名を指定。
  • $abs_rel_path
    2.7以降は使用が推奨されておらず、falseを指定。
  • $plugin_rel_path
    プラグインの相対パス名(プラグインのディレクトリ名など)を指定(省略時はfalse)。

返り値

国際化用ファイル(MOファイル)をロードできた場合はtrueを、ロードできなかった場合はfalseを返す。

注意

ドメイン名は、__関数や_e関数といった翻訳テキストを使用する際のパラメータとして指定する。
パラメータを$plugin_rel_pathを省略した場合、プラグインディレクトリにあるドメイン名-ロケール情報.moファイルがロードされる。例)ドメイン名が'mydomain'、ロケール情報が'ja'の場合

/wp-content/plugins/mydomain-ja.mo

パラメータを$plugin_rel_pathを指定した場合、自プラグインにあるドメイン名-ロケール情報.moファイルがロードされる。例)ドメイン名が'mydomain'、プラグインの相対パス名が'myplugin'、ロケール情報が'ja'の場合

/wp-content/plugins/myplugin/mydomain-ja.mo

[4.6.0]国際化用ファイルをロードするディレクトリの優先度が変更になり、パラメータ$plugin_rel_pathよりも定数WP_LANG_DIR(標準では/wp-content/languages/plugins/)の示すディレクトリが優先されるようになった。プラグインのバージョンアップ直後などは、新しいプラグインの国際化用ファイルが読み込まれないケースがあるかもしれません。

使用例

  • プラグインの国際化用ファイル(MOファイル)をロードする。
    <?php load_plugin_textdomain( 'mydomain' ); ?>

フィルター

[3.0.0]はじめにロケール情報を確定するために'plugin_locale'フィルターを呼び出す。パラメータ$localeにはget_locale関数の値が、$domainには本関数が受け取った値が格納されている。
$locale = apply_filters( 'plugin_locale', $locale, $domain );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/l10n.php

関連

  • esc_attr_e - 翻訳テキストを表示する
  • get_locale - 現在のロケール情報を取得する
  • load_textdomain - MOファイルをロードする
  • _e - 翻訳テキストを表示する
  • __ - 翻訳テキストを取得する
  • WP_PLUGIN_DIR - プラグインが格納されているディレクトリのパス名

お勧めコンテンツ

Blacklist keys manager:プラグイン作ってみました(2013年9月13日 登録)

少し前から明らかにスパムと思われるコメントが投稿され、そのモデレーションメールを受け取る回数が増えてきた。あまりにもあからさまなコメントばかりなので、何らかの対策ができないか考えてみました。

WordPressの鼓動(2013年10月1日 登録)

WordPressでは、Ajaxを利用する方法の1つとしてadd_action関数を利用することができる。この方法を調べている過程で、'heartbeat'というおもしろそうなAjaxアクションがあったので、紹介しておく。

4.2で始まるiOSの絵文字ケア(2015年3月22日 登録)

WordPress 4.2のベータ1、ベータ2が立て続けにリリースされ、4.2の正式版リリースが近づいています。4.2のポイントの1つは絵文字のクロスブラウザ対応です。ここでの絵文字とは、UTF-8で4バイトのコードが割り当てられている(基本的にはiOSの)絵文字を指します。この絵文字を含んだ投稿が正しく保存できなかったり、iOS以外の環境で意図した通りに表示できないといった問題があり、4.2ではそのような問題を対処をコードが組み込まれています。

Widgets on dashboard:プラグイン作ってみました(2014年5月6日 登録)

サイトバーなどのページ構成パーツとしてウィジェットを利用し、ある程度頻繁に更新している場合、毎回ウィジェットページを表示するのはちょっとだけ面倒かも。そんなわけで、シンプルにダッシュボードで直接編集できればいいかなと思い、調べてみました。

query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む(2011年9月6日 登録)

久しぶりにquery_posts関数を見直してみると、見知らぬパラメータがいくつか追加されていた。気になったのでカテゴリー関係の指定を'tax_query'パラメータを交えて整理してみた。

最終更新日時 : 2016-08-18 14:28