load_plugin_textdomain

(1.5.0以降)
load_plugin_textdomain - プラグイン用のMOファイルをロードする

説明

bool load_plugin_textdomain( string $domain [ , mixed $abs_rel_path $deprecated = false [ , mixed $plugin_rel_path = false ] ] )
プラグイン用の国際化用ファイル(MOファイル)をロードする。

パラメータ

  • $domain
    ドメイン名を指定。
  • $abs_rel_path $deprecated
    2.7以降は使用が推奨されておらず、falseを指定。
  • $plugin_rel_path
    プラグインの相対パス名(プラグインのディレクトリ名など)を指定(省略時はfalse)。

返り値

国際化用ファイル(MOファイル)をロードできた場合はtrueを、ロードできなかった場合はfalseを返す。

注意

ドメイン名は、__関数や_e関数といった翻訳テキストを使用する際のパラメータとして指定する。
パラメータを$plugin_rel_pathを省略した場合、プラグインディレクトリにあるドメイン名-ロケール情報.moファイルがロードされる。例)ドメイン名が'mydomain'、ロケール情報が'ja'の場合

/wp-content/plugins/mydomain-ja.mo

パラメータを$plugin_rel_pathを指定した場合、自プラグインにあるドメイン名-ロケール情報.moファイルがロードされる。例)ドメイン名が'mydomain'、プラグインの相対パス名が'myplugin'、ロケール情報が'ja'の場合

/wp-content/plugins/myplugin/mydomain-ja.mo

[4.6.0]国際化用ファイルをロードするディレクトリの優先度が変更になり、パラメータ$plugin_rel_pathよりも定数WP_LANG_DIR(標準では/wp-content/languages/plugins/)の示すディレクトリが優先されるようになった。プラグインのバージョンアップ直後などは、新しいプラグインの国際化用ファイルが読み込まれないケースがあるかもしれない。

[4.7.0]管理者ページの言語がサイトの言語設定よりユーザの言語設定が優先されるように仕様が変更され、'plugin_locale'フィルターの第1パラメータ$localeの内容はリクエストが管理者ページの場合にはget_user_locale関数で取得できるユーザの言語が適用される。ここで注意しなければならないのが本関数を呼び出すタイミングである。プラグインがロードされたタイミングでは、wp_get_current_user関数を定義しているwp-includes/pluggable.phpがロードされていないため、ログインしているユーザの言語設定を取得できず、サイトの言語設定が適用されてしまう。正しくユーザの言語設定にするためには、'admin_menu'アクションなどの実際に翻訳テキストを使用する直前で本関数を呼び出さなければならない。

使用例

  • プラグインの国際化用ファイル(MOファイル)をロードする。
    <?php load_plugin_textdomain( 'mydomain' ); ?>

フィルター

[3.0.0]はじめにロケール情報を確定するために'plugin_locale'フィルターを呼び出す。パラメータ$localeにはget_locale関数の値([4.7.0]管理者ページはget_user_locale関数の値)が、$domainには本関数が受け取った値が格納されている。
$locale = apply_filters( 'plugin_locale', $locale, $domain );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/l10n.php

関連

  • esc_attr_e - 翻訳テキストを表示する
  • get_locale - 現在のロケール情報を取得する
  • get_user_locale - ユーザの言語を取得する
  • load_textdomain - MOファイルをロードする
  • _e - 翻訳テキストを表示する
  • __ - 翻訳テキストを取得する
  • WP_PLUGIN_DIR - プラグインが格納されているディレクトリのパス名

お勧めコンテンツ

サイドバーの初期化はwidgets_initアクションで(2011年7月14日 登録)

ウィジェットを使ってみたくなり新テーマ「Twenty Eleven」を覗いてみると、codexに記載されていた内容と少し違っている。これって「Twenty Ten」ですでに変更されていたんだね。

ページを表示する直前の前処理にtemplate_redirectアクションを(2013年4月13日 登録)

リクエストに応じてページを表示する直前の準備として何かしらの処理を行っておきたいケースがある。そんな時、テーマの各テンプレートファイルの先頭部分に処理内容をずらずらと記述していませんか。

使っていないか確認しないとね!(2011年6月8日 登録)

2003年に誕生したWordPress。その歴史の中には、廃止予定(deprecated)となっている関数がいくつも存在する。それらの関数をテーマやプラグインで使用するべきではないし、使用しているなら代替の関数に書き換えるべきである。ここでは3.24.9.0現在、廃止予定となっている関数をまとめて紹介する。

canvasタグを投稿したい(2013年12月27日 登録)

以前「投稿内容のid属性などを保存するための対策」で取り上げたように、WordPressでは投稿に記述できるHTMLタグが制限されている。同コラムでこの制限を調整する対策を紹介しているが、3.5以降ではフィルター関数を登録して対応できるようだ。

メディアライブラリに絞り込み用の「投稿タグ」を追加する(2014年6月24日 登録)

この記事は、先月投稿したコラム「メディア(attachment)を拡張してより便利に活用する」の続編。メディアで「投稿タグ」を追加するだけで「メディアライブラリ」ページの投稿一覧の中には「タグ」カラムが追加されるが、今回はその「投稿タグ」で絞り込み検索に対応してみる。

最終更新日時 : 2017-12-17 21:44