load_theme_textdomain

(1.5.0以降)
load_theme_textdomain - テーマ用のMOファイルをロードする

説明

bool load_theme_textdomain( string $domain [ , mixed $path = false ] )
テーマ用の国際化用ファイル(MOファイル)をロードする。

パラメータ

  • $domain
    ドメイン名を指定。
  • $path
    国際化用ファイル(MOファイル)のパス名を指定(省略時はfalseとなり、現在のテーマのディレクトリとなる)。

返り値

国際化用ファイル(MOファイル)をロードできた場合はtrueを、ロードできなかった場合はfalseを返す。

注意

ドメイン名は、__関数や_e関数といった翻訳テキストを使用する際のパラメータとして指定する。
パラメータを$pathを省略した場合、現在のテーマのディレクトリにあるロケール情報.moファイルがロードされる。例)ドメイン名が'mydomain'、ロケール情報が'ja'の場合

/wp-content/themes/mytheme/ja.mo

パラメータを$pathを指定した場合、そのパス名のディレクトリにあるロケール情報.moファイルがロードされる。例)ドメイン名が'mydomain'、$pathとしてget_template_directory関数の戻り値に'/languages'を追加し、ロケール情報が'ja'の場合

/wp-content/themes/mytheme/languages/mydomain-ja.mo

[4.6.0]従来テーマ内の(ロケール).moファイルよりも/wp-content/languages/themes/(ドメイン名)-(ロケール情報).moファイルが優先されるように変更された。

使用例

  • テーマ内の国際化用ファイル(MOファイル)をロードする。
    <?php load_theme_textdomain( 'mydomain' ); ?>
  • テーマ内の'languages'ディレクトリにある国際化用ファイル(MOファイル)をロードする。
    <?php load_theme_textdomain( 'mydomain', get_template_directory().'/languages' ); ?>

フィルター

[3.0.0]冒頭でロケールを決定するため'theme_locale'フィルターを呼び出す。パラメータ$localeにはサイトのロケール([4.7.0]$localeがログインしている場合はそのユーザーのロケールを優先)が、$domainには本関数が受け取った内容が格納されている。
$locale = apply_filters( 'theme_locale', $locale, $domain );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/l10n.php

関連

お勧めコンテンツ

HTML編集モードに定型文ボタンを追加する(2011年6月1日 登録)

投稿編集ページにはビジュアル編集モードとHTML編集モードがあり、それらを拡張するプラグインも多数存在している。そういったプラグインを利用するのもいいのだが、仕組みを理解するのも悪くないはず。というわけで、ここではHTML編集モードのボタンの仕組みと定型文を挿入するボタンを追加する方法を紹介する。

固定ページのURLの拡張子をhtmlに変更する(2012年8月8日 登録)

固定ページについて、URLを静的ページっぽく拡張子htmlに変更したいという要望を受けることがある。これまでは「.html on PAGES」というプラグインを使っていて特に不満があったわけではないのだが、今回ひょんなことから簡単に対応できることがわかったので、メモ書きしておく。

oEmbed対応サイトを整理した(2014年9月3日 登録)

投稿記事にTwitterやYouTubeのURL(アドレス)を記述したとき、表示されるページにはリンクとしてではなく、埋め込んだURLの内容が表示される。この仕組み(機能)はoEmbedというもので、対応サイトは随時バージョンアップしている。

投稿ページでユニークなテンプレートを選択しよう(2016年12月19日 登録)

4.7の変更点に「投稿タイプテンプレート」がある。これは従来固定ページ('page')向けに任意のテンプレートを適用できる機能が拡張されたもので、投稿ページ('post')はもちろんカスタム投稿タイプのページにも適用可能になっている。

wp_titleからwp_get_document_titleへ(2015年10月26日 登録)

先週、WordPress 4.4 beta1(以降4.4 beta1)が公開されました。この4.4 beta1では新テーマ「Twenty Sixteen」が追加されたほか、wp-includesディレクトリ以下のファイルが大幅に変更された感じです。

最終更新日時 : 2017-04-07 14:43