load_theme_textdomain

(1.5.0以降)
load_theme_textdomain - テーマ用のMOファイルをロードする

説明

bool load_theme_textdomain( string $domain [ , mixed $path = false ] )
テーマ用の国際化用ファイル(MOファイル)をロードする。

パラメータ

  • $domain
    ドメイン名を指定。
  • $path
    国際化用ファイル(MOファイル)のパス名を指定(省略時はfalseとなり、現在のテーマのディレクトリとなる)。

返り値

国際化用ファイル(MOファイル)をロードできた場合はtrueを、ロードできなかった場合はfalseを返す。

注意

ドメイン名は、__関数や_e関数といった翻訳テキストを使用する際のパラメータとして指定する。
パラメータを$pathを省略した場合、現在のテーマのディレクトリにあるロケール情報.moファイルがロードされる。例)ドメイン名が'mydomain'、ロケール情報が'ja'の場合

/wp-content/themes/mytheme/ja.mo

パラメータを$pathを指定した場合、そのパス名のディレクトリにあるロケール情報.moファイルがロードされる。例)ドメイン名が'mydomain'、$pathとしてget_template_directory関数の戻り値に'/languages'を追加し、ロケール情報が'ja'の場合

/wp-content/themes/mytheme/languages/mydomain-ja.mo

[4.6.0]従来テーマ内の(ロケール).moファイルよりも/wp-content/languages/themes/(ドメイン名)-(ロケール情報).moファイルが優先されるように変更された。

使用例

  • テーマ内の国際化用ファイル(MOファイル)をロードする。
    <?php load_theme_textdomain( 'mydomain' ); ?>
  • テーマ内の'languages'ディレクトリにある国際化用ファイル(MOファイル)をロードする。
    <?php load_theme_textdomain( 'mydomain', get_template_directory().'/languages' ); ?>

フィルター

[3.0.0]冒頭でロケールを決定するため'theme_locale'フィルターを呼び出す。パラメータ$localeにはサイトのロケール([4.7.0]$localeがログインしている場合はそのユーザーのロケールを優先)が、$domainには本関数が受け取った内容が格納されている。
$locale = apply_filters( 'theme_locale', $locale, $domain );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/l10n.php

関連

お勧めコンテンツ

Paste JSON text:プラグイン作ってみました(2012年1月19日 登録)

動作検証用のサーバーと本番サーバーで投稿データの同期作業(コピー&ペースト)を支援するプラグインです。動作検証用のサーバーで投稿記事をJSONテキストに変換してクリップボードにコピー。本番サーバーの新規投稿ページでクリップボードにコピーしたJSONテキストをペーストして、投稿記事のコピー&ペーストを実現します。複数サーバー間で投稿記事の同期を行っている方は、お試しあれ。

新「WordPress Events and News」ウィジェットが興味深い(2017年5月26日 登録)

4.8のベータ版ですぐに新機能とわかるのが管理者ダッシュボードの新「WordPress Events and News」ウィジェット。ユーザーが指定した地域近隣で開催されるイベント情報を表示してくれるウィジェットで、この中のフォームがちょっと興味深かった。なおこの記事はWordPress 4.8 beta-2をもとにしており、以降のバージョンで変更される可能性があることをあらかじめ断っておく。

Login rebuilder:プラグイン作ってみました(2013年1月18日 登録)

昨年投稿した「ログインページを変える」をプラグイン化。ログインページを独自の名前のページ変更し、標準のログインページwp-login.phpを使用できないようにするプラグインです。部外者によるwp-login.phpのアクセスにお悩みの方にお勧めします。また2.0.0では「XML-RPCリクエストの管理機能」を追加。最新の2.2.0では管理者のログイン時にメールで通知する機能を追加しました。

各種リンクを取得する関数一覧(2014年6月12日 登録)

サイト設計において、ページ間の相互リンクは重要である。WordPressでは各種ページのリンク(パーマリンク)を取得する関数を用意しており、それらを一通り把握しておくべきだろう。

一定時間でログアウトする(2013年5月23日 登録)

ログイン関係を調べている関係で、wp_set_auth_cookie関数に行き着く。ログイン画面の「ログイン状態を保持する」がチェックされた場合、クッキーの有効期限は14日間。チェックされていない場合は、ブラウザが閉じるまで常に有効となっているんだね。

最終更新日時 : 2017-04-07 14:43