locate_template

(2.7.0以降)
locate_template - テンプレートファイルが存在するか確認する

説明

string locate_template( array $template_names [ , bool $load = false [ , bool $require_once = true ] ] )
テンプレートファイルが存在するか確認する。パラメータ$loadがtrueの場合は、見つかったテンプレートファイルを読み込む。

パラメータ

  • $template_names
    テンプレート名が格納された配列を指定。
  • $load
    テンプレート名を読み込む場合はtrue、確認のみの場合はfalseを指定(省略時はfalse)。
  • $require_once
    テンプレートファイルを一度しか読み込まない場合はtrue、何度も読み込む場合はfalseを指定(省略時はtrue)。

返り値

テンプレートが見つかった場合はそのテンプレートファイルのパス名を、見つからなかった場合は''を返す。

注意

テンプレートファイルは、STYLESHEETPATH、TEMPLATEPATHの順に検索される。

使用例

  • テンプレートファイル'loop.php'が存在するか確認する。
    <?php if ( locate_template( array( 'loop.php' ) ) ) { ?>
  • テンプレートファイル'loop.php'を読み込む。
    <?php locate_template( array( 'loop.php' ), true, true ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/theme.php

関連

お勧めコンテンツ

タイトルが一致する投稿を検索する(2014年2月20日 登録)

WordPressが提供する投稿ページの文字列検索機能の実現には、query_posts関数(WP_Queryクラス)が大きな役割を担っている。ここで紹介するのは、高機能ゆえに使いこなすのが難しいquery_posts関数(WP_Queryクラス)の使用法の一例である。

3.2標準テーマ「Twenty Eleven」は投稿フォーマットに着目(2011年7月6日 登録)

新テーマ「Twenty Eleven」のトップページでは、投稿フォーマットに応じて表示を切り替える仕組みが提案されている。ここでは、その投稿フォームの活用方法を簡単に紹介する。

テキストエディタの文字を変更する(2016年8月30日 登録)

テキストエディタ(投稿ページの「テキスト」タブのエディタ)に標準では備わっていない機能を追加する自作プラグイン「html entities button」がほぼ1年ぶりにアップデート。ここではバージョン2.0.0で追加したテキストエディタのフォント切り替え機能について紹介する。

HTML編集モードに定型文ボタンを追加する(2011年6月1日 登録)

投稿編集ページにはビジュアル編集モードとHTML編集モードがあり、それらを拡張するプラグインも多数存在している。そういったプラグインを利用するのもいいのだが、仕組みを理解するのも悪くないはず。というわけで、ここではHTML編集モードのボタンの仕組みと定型文を挿入するボタンを追加する方法を紹介する。

WordPressの鼓動(2013年10月1日 登録)

WordPressでは、Ajaxを利用する方法の1つとしてadd_action関数を利用することができる。この方法を調べている過程で、'heartbeat'というおもしろそうなAjaxアクションがあったので、紹介しておく。

最終更新日時 : 2011-12-07 21:52