locate_template

(2.7.0以降)
locate_template - テンプレートファイルが存在するか確認する

説明

string locate_template( array $template_names [ , bool $load = false [ , bool $require_once = true ] ] )
テンプレートファイルが存在するか確認する。パラメータ$loadがtrueの場合は、見つかったテンプレートファイルを読み込む。

パラメータ

  • $template_names
    テンプレート名が格納された配列を指定。
  • $load
    テンプレート名を読み込む場合はtrue、確認のみの場合はfalseを指定(省略時はfalse)。
  • $require_once
    テンプレートファイルを一度しか読み込まない場合はtrue、何度も読み込む場合はfalseを指定(省略時はtrue)。

返り値

テンプレートが見つかった場合はそのテンプレートファイルのパス名を、見つからなかった場合は''を返す。

注意

テンプレートファイルは、STYLESHEETPATH、TEMPLATEPATHの順に検索される。

使用例

  • テンプレートファイル'loop.php'が存在するか確認する。
    <?php if ( locate_template( array( 'loop.php' ) ) ) { ?>
  • テンプレートファイル'loop.php'を読み込む。
    <?php locate_template( array( 'loop.php' ), true, true ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/theme.php

関連

お勧めコンテンツ

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

WP_Postオブジェクトで投稿情報を直感的に使う(2012年10月4日 登録)

WordPress 3.5で登場するであろうWP_Postクラス。WordPressの投稿情報は、投稿情報本体のほか、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールドなど、いくつかに分散して記録され、それぞれの情報を取得する際は、いくつかの関数をしていた。新しいWP_Postクラスにより、その習慣とおさらばできるかもしれない。

投稿情報を連想配列で参照する(2014年11月16日 登録)

投稿情報は、タイトルや本文、投稿日時といったいくつかのデータが含んでおり、多くの場合オブジェクトになっている。これを連想配列で扱いたい場合はキャストして型変換することが多かった。基本的にはキャストで問題ないのだが、ふと目に留まったto_arrayメソッドが興味深かったのでメモとして残しておく。

ダッシュボードのフィードボックスをカスタマイズ(2011年7月8日 登録)

管理者ページのトップページ「ダッシュボード」には、「WordPress 開発者ブログ」と「WordPress フォーラム」という2つのフィードボックスが表示されている。自分のような開発者には有益な情報をもたらしているが、一般の方には必要のない情報かもしれない。今回はこのフィードボックスをカスタマイズする方法を紹介する(管理者権限)。

query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む(2011年9月7日 登録)

投稿タグの絞り込みは、カテゴリーに似ているけど微妙に違っている。今日は、昨日投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」の続きとして、投稿タグの絞り込みついてまとめてみる。

最終更新日時 : 2017-06-09 11:42