locate_template

(2.7.0以降)
locate_template - テンプレートファイルが存在するか確認する

説明

string locate_template( array $template_names [ , bool $load = false [ , bool $require_once = true ] ] )
テンプレートファイルが存在するか確認する。パラメータ$loadがtrueの場合は、見つかったテンプレートファイルを読み込む。

パラメータ

  • $template_names
    テンプレート名が格納された配列を指定。
  • $load
    テンプレート名を読み込む場合はtrue、確認のみの場合はfalseを指定(省略時はfalse)。
  • $require_once
    テンプレートファイルを一度しか読み込まない場合はtrue、何度も読み込む場合はfalseを指定(省略時はtrue)。

返り値

テンプレートが見つかった場合はそのテンプレートファイルのパス名を、見つからなかった場合は''を返す。

注意

テンプレートファイルは、STYLESHEETPATH、TEMPLATEPATHの順に検索される。

使用例

  • テンプレートファイル'loop.php'が存在するか確認する。
    <?php if ( locate_template( array( 'loop.php' ) ) ) { ?>
  • テンプレートファイル'loop.php'を読み込む。
    <?php locate_template( array( 'loop.php' ), true, true ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/theme.php

関連

お勧めコンテンツ

index.htmlでアーカイブページを表示させる(2011年10月14日 登録)

静的なサイトでは、各ディレクトリにindex.htmlファイルを置き、そのディレクトリの内容を紹介することが多い。WordPressで構築したサイトも同様にできないかと考え、試行錯誤してみた(こんなことを考えてるのは自分だけだろうか!?)。

カスタム投稿タイプの投稿保存には専用アクションを使おう(2014年7月4日 登録)

カスタム投稿タイプを登録して、専用ウィジェット(meta_box)を使って拡張情報を入力させ、それらの情報をsave_postアクションで保存する。これまではこんな感じだったのだが、久しぶりにカスタム投稿タイプを使ったら、save_postアクションの前にsave_postに投稿タイプ名がくっついたアクションが追加されていた。

Contact Form 7に確認フェーズを(2011年12月12日 登録)

Contact Form 7はWordPressによるサイト製作でお世話になることが多いプラグインの1つ。ただ、クライアント様によっては、入力、確認、送信の3フェーズにしたいという要望があり、そんな時は別の方法を採用していたのですが、JavaScript(jQuery)を使ってページ遷移しなくてもいいなら確認フェーズは用意できるかなと思い、作り込んでみた。

PHPとMySQLのバージョンを確認(2013年9月11日 登録)

先日、WordPressで構築されたサイトについて最新版へのバージョンアップを依頼される。使用されていたWordPressはバージョン2.xということで、最新版へバージョンアップできるのか、PHPとMySQLのバージョンを確認することになった。

カレンダーウィジェットをAjaxで切り替える(2011年8月22日 登録)

ウィジェットベースでテーマを構築していてカレンダーを表示してみた。標準では、前月や次月のリンク先はそれぞれの月のアーカイブページとなっているのだが、記事を探すだけであればカレンダー部分だけを更新するほうが便利なのではと考え、そのアイデアを実装してみた。

最終更新日時 : 2017-06-09 11:42