maybe_hash_hex_color

(3.4.0以降)
maybe_hash_hex_color - '#'のついていない16進数のカラー値の先頭に'#'をつける

説明

string maybe_hash_hex_color( $color )
'#'のついていない16進数のカラー値の先頭に'#'をつける。

パラメータ

  • $color
    16進数のカラー値を指定。

返り値

パラメータ$colorが有効な16進数のカラー値の場合は先頭に'#'をつけて返す。それ以外はそのまま値を返す。

注意

有効なカラー値は、'000'~'fff'または'000000'~'ffffff'である(英大文字も可)。

使用例

  • 変数$colorの値の先頭に'#'をつける。
    <?php $color = maybe_hash_hex_color( $color ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/class-wp-customize-manager.php

関連

お勧めコンテンツ

全投稿を取得するのはnopaging=1でいい(2011年8月29日 登録)

query_posts関数(またはWP_Queryクラス)を使う場合、取得する件数の指定を省略すると管理者ページの「表示設定」-「1ページに表示する最大件数」の指定値分だけの投稿情報を取得する。それでは条件にマッチするすべての投稿情報を取得するには?

購読者は管理者ページのアクセス禁止(2013年11月12日 登録)

購読者(subscriber)は、通常「ダッシュボード」「プロフィール」にアクセスできるが、今回はプロフィールを独自に管理する準備を兼ねて、これらのページにアクセスできないようにブロックしてみた。

4.2の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2015年5月13日 登録)

ダッシュボードの「アクティビティ」ウィジェットは「投稿(post)」の状況を表示し、固定ページ(page)やカスタム投稿タイプの投稿記事の状況については標準では表示されない。このことに対して以前『3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する』を紹介したのだが、4.2では新しいフィルターが追加され、カスタマイズが少し容易になった。

投稿記事でrubyタグを使えるようにする(前編)(2012年1月25日 登録)

rubyなどのルビ関連タグはIEの独自サポートから始まり、少し前のChrome/Safariが追随して利用できるようになっている。Firefoxはいまだにサポートしていないのだが、それなりに代替表示されるので、投稿記事で使えるようにしてみた。

ログインページのタイトルを変更してみる(2017年11月17日 登録)

バージョン4.9では新しいフィルターやフィルターのパラメータの追加が多数行われている。ここではその一例としてログインページ関連で追加された2つのフィルターを紹介する。

最終更新日時 : 2012-06-14 18:41