maybe_unserialize

説明

mixed maybe_unserialize( string $original )
シリアライズした文字列からアンシリアライズした値を取得する。

パラメータ

  • $original
    シリアライズした文字列を指定。

返り値

$originalをアンシリアライズした値(数値、文字列、配列など)を返す。シリアライズされていない場合は$originalの値をそのまま返す。

注意

投稿情報のカスタムフィールドデータやユーザー情報の拡張データは、各種データ形式を保存できるようシリアライズしてデータベースに保存している。 get_post_meta get_user_meta関数を使用する場合は、このmaybe_unserialize関数を直接呼び出す必要はないが、対象テーブルから直接生データを取得して使用する場合はこのmaybe_unserialize関数を使用する。

使用例

  • すべての投稿情報のカスタムフィールド'basic'値を$valuesに格納する。
    global $wpdb;
    $values = array();
    $metas = $wpdb->get_results( "SELECT post_id,meta_value FROM {$wpdb->postmeta} WHERE meta_key='basic'" ) ;
    foreach ( $metas as $term ) {
    	$values[$term->post_id] = maybe_unserialize( $term->meta_value );
    }
    

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

最終更新 : 2013年04月27日 17:14



お勧め

5.3の新機能:クエリーログに任意の項目を追加できる新フィルター(2019年10月23日 更新)

5.3 RC2」が公開され、正式リリースまであと20日。公式ディレクトリにプラグインを公開していることもあり、5.3に関する開発者向けの情報「Miscellaneous Developer Focused Changes in 5.3」を読んでいる。

ログインページのタイトルを変更してみる(2018年5月27日 更新)

バージョン4.9では新しいフィルターやフィルターのパラメータの追加が多数行われている。ここではその一例としてログインページ関連で追加された2つのフィルターを紹介する。

プラグインで注意が必要な関数(2013年11月27日 更新)

先日「Login rebuilder」という自作プラグインをアップデートした際、ユーザーさんからエラーになると連絡をいただいた。標準環境では問題なく、どうやら何らかのプラグインが影響しているらしい。

ブロックエディターの色設定を変えてみる(2019年12月11日 更新)

バージョン5.3で機能強化されたブロックエディター。対応を考えて新テーマ「Twenty Twenty」のソースコードを眺めていく。

KUSANAGIでマルチサイト(サブドメイン)を試した(2019年8月6日 更新)

本サイトはサブディレクトリタイプのマルチサイト機能を採用して構築しているが、これまでサブドメインタイプは利用した経験はない。マルチサイト機能のサブドメインタイプは以前から1度は試してみたいと思っており、今回実際にサイトを構築してみた。