mysql2date

(0.71以降)
mysql2date - MySQLの日時情報を変換する

説明

mixed mysql2date( string $dateformatstring, string $mysqlstring [ , bool $translate = true ] )
MySQLの日時情報を変換する。

パラメータ

  • $dateformatstring
    変換したい書式の文字列('G'、'U'、PHPのdate関数で指定できる書式)を指定。
  • $mysqlstring
    投稿記事の投稿日時や更新日時の文字列を指定。
  • $translate
    地域によって変換する場合はtrue、変換しない場合はfalseを指定。

返り値

パラメータ$dateformatstringに応じて変換した日時情報の文字列または秒数を返す。パラメータ$mysqlstringが未設定の場合はfalseを返す。

注意

パラメータ$dateformatstringに'G'または'U'が指定されていた場合は、1970年1月1日からの経過秒数を返す。 /div>

使用例

  • 投稿記事$postの投稿日時を1970年1月1日からの経過秒数に変換する。
    <?php $time = mysql2date( 'U', $post->post_date ); ?>
  • 投稿記事$postの投稿日時を'y.m.d'の書式に変換する。
    <?php $date = mysql2date( 'y.m.d', $post->post_date ); ?>

関連

  • date_i18n - 日付/時刻を書式化した文字列を取得する
  • get_the_date - 投稿データの投稿日を取得する
  • setup_postdata - 投稿記事に関連するグローバル変数を設定する

お勧めコンテンツ

投稿日の検索が自由自在に(2013年10月30日 登録)

WordPress 3.7.0ではWP_Date_Queryクラスが追加され、WP_Queryクラス(もちろんquery_posts関数でも)で利用できるようになった。このWP_Date_Queryにより、○年○月○日以前や以降の投稿情報を取得したり、○年○月○日から○年○月○日の範囲の投稿情報を取得したりといったことが、容易に行えるようになった。

3.6リリース直前チェック(2013年7月26日 登録)

$wpdbは、WordPressのデータベースにアクセスする際に使用できる便利なオブジェクト。独自テーブルの利用やデータ検索の最適化など、標準提供される関数では実現できないことを手助けしてくれる。そんな$wpdbのescapeメソッドが3.6で非推奨(deprecated)になる。

4.2の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2015年5月13日 登録)

ダッシュボードの「アクティビティ」ウィジェットは「投稿(post)」の状況を表示し、固定ページ(page)やカスタム投稿タイプの投稿記事の状況については標準では表示されない。このことに対して以前『3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する』を紹介したのだが、4.2では新しいフィルターが追加され、カスタマイズが少し容易になった。

ページを表示する直前の前処理にtemplate_redirectアクションを(2013年4月13日 登録)

リクエストに応じてページを表示する直前の準備として何かしらの処理を行っておきたいケースがある。そんな時、テーマの各テンプレートファイルの先頭部分に処理内容をずらずらと記述していませんか。

WordPressと組み込まれている主なJavaScriptライブラリのバージョン一覧(2015年4月10日 登録)

WordPressの更新が遅れていたサイトを少し前に更新したところ、jQuery UI sortableを使って拡張したページに不具合が発生しました。WordPressの更新に伴って内部のjQuery UIが更新されたことに起因すると思われ、これを機にWordPressとそれに組み込まれたJavaScriptライブラリのバージョンを確認してみました。

最終更新日時 : 2015-09-24 18:39