mysql2date

説明

mixed mysql2date( string $dateformatstring, string $mysqlstring [ , bool $translate = true ] )
MySQLの日時情報を変換する。

パラメータ

  • $dateformatstring
    変換したい書式の文字列('G'、'U'、PHPのdate関数で指定できる書式)を指定。
  • $mysqlstring
    投稿記事の投稿日時や更新日時の文字列を指定。
  • $translate
    地域によって変換する場合はtrue、変換しない場合はfalseを指定。

返り値

パラメータ$dateformatstringに応じて変換した日時情報の文字列または秒数を返す。パラメータ$mysqlstringが未設定の場合はfalseを返す。

注意

パラメータ$dateformatstringに'G'または'U'が指定されていた場合は、1970年1月1日からの経過秒数を返す。 /div>

使用例

  • 投稿記事$postの投稿日時を1970年1月1日からの経過秒数に変換する。
    <?php $time = mysql2date( 'U', $post->post_date ); ?>
  • 投稿記事$postの投稿日時を'y.m.d'の書式に変換する。
    <?php $date = mysql2date( 'y.m.d', $post->post_date ); ?>

最終更新 : 2015年09月24日 18:39



お勧め

カレンダーウィジェットをAjaxで切り替える(2011年8月22日 更新)

ウィジェットベースでテーマを構築していてカレンダーを表示してみた。標準では、前月や次月のリンク先はそれぞれの月のアーカイブページとなっているのだが、記事を探すだけであればカレンダー部分だけを更新するほうが便利なのではと考え、そのアイデアを実装してみた。

add_actionを使って管理ページで独自cssを使う(2018年5月27日 更新)

テーマやプラグインで専用の管理ページを作る場合、そのページ向けのcssやjavascriptが必要になることがある。どちらもページ内に直接記述できるが、特にcssは別ファイルに分けたいほうが便利だ。ここではその方法を紹介しよう。

子カテゴリのアーカイブページを親カテゴリ用のテンプレートファイルで表示しよう(2011年12月8日 更新)

少し前に投稿した「適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす」で説明した通り、特定のカテゴリ専用のテンプレートとしてcategory-○○.phpを用意することで、category.phpやarchive.php内で振り分けを行う必要がなくなる。ただ、すべてのカテゴリ分を用意するのは効率的ではないし、特に子カテゴリについては親カテゴリと共通内容になるケースが多いのではないだろうか。ここでは、子カテゴリの個別テンプレートファイルを作らず、親カテゴリのテンプレートを利用する方法を紹介する。

wp_titleからwp_get_document_titleへ(2018年5月27日 更新)

先週、WordPress 4.4 beta1(以降4.4 beta1)が公開されました。この4.4 beta1では新テーマ「Twenty Sixteen」が追加されたほか、wp-includesディレクトリ以下のファイルが大幅に変更された感じです。

index.htmlでアーカイブページを表示させる(2011年10月14日 更新)

静的なサイトでは、各ディレクトリにindex.htmlファイルを置き、そのディレクトリの内容を紹介することが多い。WordPressで構築したサイトも同様にできないかと考え、試行錯誤してみた(こんなことを考えてるのは自分だけだろうか!?)。