mysql2date

(0.71以降)
mysql2date - MySQLの日時情報を変換する

説明

mixed mysql2date( string $dateformatstring, string $mysqlstring [ , bool $translate = true ] )
MySQLの日時情報を変換する。

パラメータ

  • $dateformatstring
    変換したい書式の文字列('G'、'U'、PHPのdate関数で指定できる書式)を指定。
  • $mysqlstring
    投稿記事の投稿日時や更新日時の文字列を指定。
  • $translate
    地域によって変換する場合はtrue、変換しない場合はfalseを指定。

返り値

パラメータ$dateformatstringに応じて変換した日時情報の文字列または秒数を返す。パラメータ$mysqlstringが未設定の場合はfalseを返す。

注意

パラメータ$dateformatstringに'G'または'U'が指定されていた場合は、1970年1月1日からの経過秒数を返す。 /div>

使用例

  • 投稿記事$postの投稿日時を1970年1月1日からの経過秒数に変換する。
    <?php $time = mysql2date( 'U', $post->post_date ); ?>
  • 投稿記事$postの投稿日時を'y.m.d'の書式に変換する。
    <?php $date = mysql2date( 'y.m.d', $post->post_date ); ?>

関連

  • date_i18n - 日付/時刻を書式化した文字列を取得する
  • get_the_date - 投稿データの投稿日を取得する
  • setup_postdata - 投稿記事に関連するグローバル変数を設定する

お勧めコンテンツ

タイトルのみをキーワード検索する(2014年4月3日 登録)

WordPressのキーワード検索は、投稿タイトルと本文のどちらかに指定したキーワードが含まれているかを調べるわけだが、時々タイトルだけとか、逆に本文だけ検索したいケースがある。

32ピクセルのサイトアイコンを別の画像ファイルに変更する(2015年8月27日 登録)

「サイトアイコン」は4.3の新機能の1つ。管理画面で適当な画像ファイルを指定するだけでサイトアイコンが適用されます。そんなサイトアイコンで、既存の favicon.ico を併用する方法を紹介します。

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

管理画面でツールバー(Admin bar)を非表示にする(2013年3月5日 登録)

WordPress使ってちょっと変わったサイトを構築する際、管理画面のツールバーを表示させたくないケースがある。一般に公開するサイト側であれば、show_admin_bar関数で非表示にできるのだが、管理画面ではこれを使ってもツールバーは消えてくれない。

RSSフィードの抜粋をさらに抜粋(2011年7月21日 登録)

RSSフィードはデフォルトでは「全文(HTMLタグを含む)」になっているが、管理画面の「表示設定」では「抜粋のみ(HTMLタグは除外)」を選択できる。それでも投稿記事が長いと、その抜粋テキストも長くなってしまう。ここではそんなRSSフィードの抜粋テキストを調整する方法を紹介する。

最終更新日時 : 2015-09-24 18:39