mysql2date

(0.71以降)
mysql2date - MySQLの日時情報を変換する

説明

mixed mysql2date( string $dateformatstring, string $mysqlstring [ , bool $translate = true ] )
MySQLの日時情報を変換する。

パラメータ

  • $dateformatstring
    変換したい書式の文字列('G'、'U'、PHPのdate関数で指定できる書式)を指定。
  • $mysqlstring
    投稿記事の投稿日時や更新日時の文字列を指定。
  • $translate
    地域によって変換する場合はtrue、変換しない場合はfalseを指定。

返り値

パラメータ$dateformatstringに応じて変換した日時情報の文字列または秒数を返す。パラメータ$mysqlstringが未設定の場合はfalseを返す。

注意

パラメータ$dateformatstringに'G'または'U'が指定されていた場合は、1970年1月1日からの経過秒数を返す。 /div>

使用例

  • 投稿記事$postの投稿日時を1970年1月1日からの経過秒数に変換する。
    <?php $time = mysql2date( 'U', $post->post_date ); ?>
  • 投稿記事$postの投稿日時を'y.m.d'の書式に変換する。
    <?php $date = mysql2date( 'y.m.d', $post->post_date ); ?>

関連

  • date_i18n - 日付/時刻を書式化した文字列を取得する
  • get_the_date - 投稿データの投稿日を取得する
  • setup_postdata - 投稿記事に関連するグローバル変数を設定する

お勧めコンテンツ

query_posts(WP_Queryクラス)でカスタムフィールドを使う(2011年9月15日 登録)

先週3回にわたってtax_queryパラメータを使ったカテゴリーや投稿タグ、投稿フォーマットの絞り込みを整理したが、その途中で目に付いたのが'meta_query'パラメータ。この'meta_query'パラメータは、カスタムフィールドの絞り込み条件を指定するためのもので、3.2で登場した新しいパラメータのようだ。

投稿日の検索が自由自在に(2013年10月30日 登録)

WordPress 3.7.0ではWP_Date_Queryクラスが追加され、WP_Queryクラス(もちろんquery_posts関数でも)で利用できるようになった。このWP_Date_Queryにより、○年○月○日以前や以降の投稿情報を取得したり、○年○月○日から○年○月○日の範囲の投稿情報を取得したりといったことが、容易に行えるようになった。

スマートフォン向けの振り分けを自前で行う(2011年11月2日 登録)

PC向けのサイトをスマートフォン対応する場合、WPtouchやktai styleに代表されるスマートフォン対応のテンプレート切り替えプラグインを使用するのが一般的。そういったプラグインはテンプレート切り替え以外の機能も備えており、そういった機能は必ずしも必要ではない。そんなわけで、ここでは超シンプルなスマートフォン向けのテンプレート切り替えを実現する方法を紹介する。

query_posts(WP_Queryクラス)で'tax_query'を使いこなす(2011年9月8日 登録)

2日にわたって投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」「query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む」の続き。今日はカテゴリーや投稿タグ以外ののタクソノミーによる絞り込み、複数のタクソノミーの絞り込みの組み合わせについてまとめてみる。

ログアウト後はいつもサイトトップ(2015年5月7日 登録)

ログアウト後に表示(リダイレクト)されるページは、標準ではログインページ(wp-login.php)である。4.2.0ではログアウト処理後のページリダイレクト前に呼び出されるフィルターが追加された。

最終更新日時 : 2015-09-24 18:39