next_image_link

(2.5.0以降)
next_image_link - 次の添付ファイルへのリンクを表示する

説明

void next_image_link( [ mixed $size = 'thumbnail' [ , mixed $text = false ] ] )
次の添付ファイルへのリンクを表示する。

パラメータ

  • $size
    サイズとして'thumbnail'、'none'、数値の何れかを指定(省略時は'thumbnail')
  • $text
    見出し文字を指定(省略時はfalse)

返り値

返り値はありません。

注意

この関数を使用する際は、現在の投稿情報である$postは添付情報(post_parentが0以外の投稿情報ID)でなければならず、通常の投稿情報(post_parentが0)の場合は何も表示されない。 表示されるHTMLテキストは、wp_get_attachment_link関数にて生成され、パラメータ省略時はサムネールサイズで表示される。画像ではなく文字で表示したい場合は、パラメータ$sizeに'none'またはfalseを指定し、さらにパラメータ$textに任意の文字を指定する(''を指定した場合は、投稿情報のタイトルが適用される)。

使用例

  • 次の添付ファイルへのリンクをサムネール画像で表示する。
    <?php next_image_link( ); ?>
  • 次の添付ファイルへのリンクを'次の写真'という文字で表示する。
    <?php next_image_link( 'none', '次の写真' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/media.php

関連

お勧めコンテンツ

CSSやJavaScriptファイルのバージョン番号を変える(2017年3月14日 登録)

WordPress 4.7系の脆弱性をついた攻撃も落ち着いた感じなので、標準でヘッダーやフッター内に出力されるWordPressのバージョン番号について一考しました。

ログインページを変える(2012年11月18日 登録)

WordPressの標準的な不正ログイン対策としては、ログインIDは'admin'を避けるパスワードはユニークで長くする、場合によってはアクセスできるIPアドレスを制限する、といった具合だろう。これらの他に何かできないものだろうかと、ちょっと考えてみた。

カレンダーウィジェットをAjaxで切り替える(2011年8月22日 登録)

ウィジェットベースでテーマを構築していてカレンダーを表示してみた。標準では、前月や次月のリンク先はそれぞれの月のアーカイブページとなっているのだが、記事を探すだけであればカレンダー部分だけを更新するほうが便利なのではと考え、そのアイデアを実装してみた。

さくらのVPSでKUSANAGI#3(2017年5月18日 登録)

今回は「前回」の続き。http(80番)をクローズ、そのほかに行った調整作業について整理する。

新「WordPress Events and News」ウィジェットが興味深い(2017年5月26日 登録)

4.8のベータ版ですぐに新機能とわかるのが管理者ダッシュボードの新「WordPress Events and News」ウィジェット。ユーザーが指定した地域近隣で開催されるイベント情報を表示してくれるウィジェットで、この中のフォームがちょっと興味深かった。なおこの記事はWordPress 4.8 beta-2をもとにしており、以降のバージョンで変更される可能性があることをあらかじめ断っておく。

最終更新日時 : 2013-01-05 09:34