next_posts

(0.71以降)
next_posts - アーカイブページなどの次ページリンクを取得または表示する

説明

string next_posts( [ int $max_page = 0 [ , bool $echo = true ] ] )
アーカイブページなどの次ページリンクを取得または表示する。

パラメータ

  • $max_page
    ページ数
  • $echo
    リンクを表示する場合はtrue、取得する場合はfalseを指定(省略時はtrue)

返り値

パラメータ$echoがfalseの場合は次ページのリンク(aタグ)を返す。$echoがtrueの場合は何も返さない。

注意

投稿ページなど、1つの投稿情報しか扱っていないページ(がtrueの場合)では無効となる。

使用例

  • アーカイブページの次ページリンクを表示する。
    <?php next_posts( ); ?>
  • アーカイブページの次ページリンクを取得する。
    <?php $link = next_posts( $max_page, false ); ?>

関連

  • next_posts_link - 次の投稿一覧ページのリンクを表示する
  • previous_posts - アーカイブページなどの前ページリンクを取得または表示する
  • $paged - 複数ページのページ番号

お勧めコンテンツ

投稿記事でrubyタグを使えるようにする(前編)(2012年1月25日 登録)

rubyなどのルビ関連タグはIEの独自サポートから始まり、少し前のChrome/Safariが追随して利用できるようになっている。Firefoxはいまだにサポートしていないのだが、それなりに代替表示されるので、投稿記事で使えるようにしてみた。

「投稿に挿入」時のタグをちょっとカスタマイズ(2011年7月29日 登録)

投稿画面において、画像をアップロードし投稿に挿入するすると、imgタグをaタグで囲んだものが挿入される(キャプションを指定した場合はタグも)。それらの画像をLightBox(JavaScriptライブラリ)で表示する場合、aタグにrel属性を追加するのだが、その作業を毎回投稿に挿入した後で行うのがちょっと面倒。というわけで、自動的にrel属性を追加するようにしてみました。

リクエスト応答を終了する前に何かを処理する(2013年9月26日 登録)

PHPでは、register_shutdown_function関数を使うことでリクエストに対してレスポンスを返した後に何らかの処理を行うことができる。WordPressでもregister_shutdown_function関数は使えると思うのだが、テーマ内のテンプレートでページを表示した後で何かを行う場合はどうすればいいのか、ちょっと調べてみた。

oEmbed対応サイトを整理した(2014年9月3日 登録)

投稿記事にTwitterやYouTubeのURL(アドレス)を記述したとき、表示されるページにはリンクとしてではなく、埋め込んだURLの内容が表示される。この仕組み(機能)はoEmbedというもので、対応サイトは随時バージョンアップしている。

Somewhere search box:プラグイン作ってみました(2012年12月24日 登録)

投稿済みの記事を修正する際、毎回「投稿一覧」に戻るのは面倒だ、そんなことを感じて作ったのがこのプラグインです。また1.2.0では投稿内容(本文、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールド)を複製するリンクを投稿一覧ページと投稿編集ページに追加、1.3.0では投稿タイトルのみの検索をサポートしました。

最終更新日時 : 2014-11-16 17:40