number_format_i18n

(2.3.0以降)
number_format_i18n - 数値を1000位毎にグループ化して国際化対応にフォーマットする

説明

string number_format_i18n( mixed $number [ , int $decimals = 0 ] )
数値を1000位毎にグループ化して国際化対応にフォーマットする。

パラメータ

  • $number
    整数または浮動小数点数(その文字列)を指定。
  • $decimals
    小数点以下の桁数を指定(省略時は0)。

返り値

パラメータ$numberを1000桁毎にグループ化して国際化対応にフォーマットした文字列を返す。

注意

PHPのnumber_format関数の国際化対応版。WordPressの関数説明(コメント)ではパラメータ$numberは整数となっているが(WordPress 3.4.2現在)、実際は浮動小数点数にも対応している。

使用例

  • 小数点以下がないフォーマット済みの数値を取得する。
    <?php $formatted = number_format_i18n( $num ); ?>
  • 小数点以下1桁のフォーマット済みの数値を取得する。
    <?php $formatted = number_format_i18n( $num, 1 ); ?>

フィルター

値を返す直前'number_format_i18n'フィルターが呼び出される。パラメータ$formattedにはフォーマット済みの数字が格納される。
apply_filters( 'number_format_i18n', $formatted );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

関連

  • date_i18n - 日付/時刻を書式化した文字列を取得する
  • get_comments_number_text - コメント数を示す文字列を取得する
  • paginate_links - ページネートリンクを取得する
  • size_format - 数値を1000桁毎(1024)にグループ化してサイズフォーマットする
  • timer_stop - タイマー開始時からの経過時間を取得する

お勧めコンテンツ

パスとURL(2011年10月6日 登録)

テーマやプラグインで、WordPressシステム関連のディレクトリやURLを使う時があり、それらの多くは関数や定数として定義されている。今回は、それらの関数や定数について整理していく。

4.2で始まるiOSの絵文字ケア(2015年3月22日 登録)

WordPress 4.2のベータ1、ベータ2が立て続けにリリースされ、4.2の正式版リリースが近づいています。4.2のポイントの1つは絵文字のクロスブラウザ対応です。ここでの絵文字とは、UTF-8で4バイトのコードが割り当てられている(基本的にはiOSの)絵文字を指します。この絵文字を含んだ投稿が正しく保存できなかったり、iOS以外の環境で意図した通りに表示できないといった問題があり、4.2ではそのような問題を対処をコードが組み込まれています。

公式ディレクトリに登録するならajax.googleapis.comのライブラリは利用しない(2015年3月15日 登録)

数日前、投稿一覧ページの絞り込みドロップダウンメニューを複数選択可能にするプラグイン「Posts filter multiselect」を公開したのですが、その際に指摘されたポイントを紹介します。

開発環境(Windows 8)にimagickを入れる(2012年12月23日 登録)

WordPress 3.5のイメージエディタ(WP_Image_Editor)は、GDだけでなく、imagick(ImageMagick)にも対応している。そんなわけでWindows 8の開発環境にimagickをインストールしてみた。

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2015年3月14日 登録)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。

最終更新日時 : 2014-09-05 12:01