paginate_links

(2.1.0以降)
paginate_links - ページネートリンクを取得する

説明

mixed paginate_links( [ mixed $args = '' ] )
(アーカイブページ向けの)ページネートリンクを取得する。

パラメータ

  • $args
    ページネートリンクのパラメータを連想配列または文字列で指定する(省略時は、'')。
    キー名意味デフォルト値
    baseベースURL('%_%'がページネート部分に置き換わる)'%_%'
    formatページネート部の書式('%#%'がページ番号に置き換わる)'?page=%#%'
    total最大ページ数(2以上)1
    current現在のページ番号0
    show_all全件表示false
    prev_next「前へ」「次へ」のリンクの有無true
    prev_text「前へ」のテキスト__('« Previous')
    next_text「次へ」のテキスト__('Next »')
    end_size最終ページ部の表示件数(1以上)1
    mid_size現在のページ部の表示件数(0以上)2
    type出力形式('array'、'list'、その他)'plain'
    add_argsURLに追加するパラメータを連想配列で指定false
    add_fragmentadd_argsパラメータ指定分の後に追加するパラメータ''
    before_page_number[3.9.0]各ページ番号の前に追加するテキスト''
    after_page_number[3.9.0]各ページ番号の後ろに追加するテキスト''

返り値

'type'が'array'の場合は、各ページネートリンクを格納した配列を返す。'type'が'list'の場合は、UL、LIタグで囲まれたページネートリンクの文字列を返す。'type'が'array'および'list'以外の場合は、単純にページネートリンクが連結した文字列を返す。

注意

ベースURL、ページ部について自由に設定できる汎用的な関数で、アーカイブページはもちろん検索結果ページでも応用できる(むしろこちらが本命かも)。
'show_all'はデフォルトfalseで、ページ数が多い場合は途中が「…」になる(ドット表示)。'show_all'がtrueの場合にはドット表示されない。

使用例

  • ベースURLが'http://localhost/category/news'で、ページ数を10、現在のページを5としてリンクを取得する。
    <?php $link = paginate_links( array( 'base'=>'http://localhost/category/news', 'total'=>10, 'current'=>5 ) ); ?>
  • ベースURLが'http://localhost/category/news'で、ページ部を'/page/%#%'、ページ数を10、現在のページを5として、UL、LIタグ付きで取得する。
    <?php $link = paginate_links( array( 'base'=>'http://localhost/category/news', 'format'=>'/page/%#%', 'total'=>10, 'current'=>5, 'type'=>'list' ) ); ?>

フィルター

リンク先URLの生成時、'paginate_links'フィルターが呼び出される。パラメータ$linkにはリンク先URLが格納される。
esc_url( apply_filters( 'paginate_links', $link ) )

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

お勧めコンテンツ

さくらのVPSでKUSANAGI#2(2017年5月16日 登録)

今回は「前回」の続き。さくらのVPS(メモリー2GB SSDプラン)でパフォーマンスをApacheのabコマンドで確認してみた。はてさて、うたい文句通りのパフォーマンスは発揮するのだろうか。

LevelとCapability(2011年4月14日 登録)

プラグインやテーマの管理ページを作成する際など、ユーザのレベルと権限を確認することがある。ここでは、権限グループ別のレベルと権限の有無を整理してみた。

リクエスト応答を終了する前に何かを処理する(2013年9月26日 登録)

PHPでは、register_shutdown_function関数を使うことでリクエストに対してレスポンスを返した後に何らかの処理を行うことができる。WordPressでもregister_shutdown_function関数は使えると思うのだが、テーマ内のテンプレートでページを表示した後で何かを行う場合はどうすればいいのか、ちょっと調べてみた。

投稿日の検索が自由自在に(2013年10月30日 登録)

WordPress 3.7.0ではWP_Date_Queryクラスが追加され、WP_Queryクラス(もちろんquery_posts関数でも)で利用できるようになった。このWP_Date_Queryにより、○年○月○日以前や以降の投稿情報を取得したり、○年○月○日から○年○月○日の範囲の投稿情報を取得したりといったことが、容易に行えるようになった。

4.2で始まるiOSの絵文字ケア(2015年3月22日 登録)

WordPress 4.2のベータ1、ベータ2が立て続けにリリースされ、4.2の正式版リリースが近づいています。4.2のポイントの1つは絵文字のクロスブラウザ対応です。ここでの絵文字とは、UTF-8で4バイトのコードが割り当てられている(基本的にはiOSの)絵文字を指します。この絵文字を含んだ投稿が正しく保存できなかったり、iOS以外の環境で意図した通りに表示できないといった問題があり、4.2ではそのような問題を対処をコードが組み込まれています。

最終更新日時 : 2014-12-25 10:02