paginate_links

(2.1.0以降)
paginate_links - ページネートリンクを取得する

説明

mixed paginate_links( [ mixed $args = '' ] )
(アーカイブページ向けの)ページネートリンクを取得する。

パラメータ

  • $args
    ページネートリンクのパラメータを連想配列または文字列で指定する(省略時は、'')。
    キー名意味デフォルト値
    baseベースURL('%_%'がページネート部分に置き換わる)'%_%'
    formatページネート部の書式('%#%'がページ番号に置き換わる)'?page=%#%'
    total最大ページ数(2以上)1
    current現在のページ番号0
    show_all全件表示false
    prev_next「前へ」「次へ」のリンクの有無true
    prev_text「前へ」のテキスト__('« Previous')
    next_text「次へ」のテキスト__('Next »')
    end_size最終ページ部の表示件数(1以上)1
    mid_size現在のページ部の表示件数(0以上)2
    type出力形式('array'、'list'、その他)'plain'
    add_argsURLに追加するパラメータを連想配列で指定false
    add_fragmentadd_argsパラメータ指定分の後に追加するパラメータ''
    before_page_number[3.9.0]各ページ番号の前に追加するテキスト''
    after_page_number[3.9.0]各ページ番号の後ろに追加するテキスト''
    aria_current[4.9.0]現在のページを示すspan要素のaria_current属性値'page'

返り値

'type'が'array'の場合は、各ページネートリンクを格納した配列を返す。'type'が'list'の場合は、UL、LIタグで囲まれたページネートリンクの文字列を返す。'type'が'array'および'list'以外の場合は、単純にページネートリンクが連結した文字列を返す。

注意

ベースURL、ページ部について自由に設定できる汎用的な関数で、アーカイブページはもちろん検索結果ページでも応用できる(むしろこちらが本命かも)。
'show_all'はデフォルトfalseで、ページ数が多い場合は途中が「…」になる(ドット表示)。'show_all'がtrueの場合にはドット表示されない。

使用例

  • ベースURLが'http://localhost/category/news'で、ページ数を10、現在のページを5としてリンクを取得する。
    <?php $link = paginate_links( array( 'base'=>'http://localhost/category/news', 'total'=>10, 'current'=>5 ) ); ?>
  • ベースURLが'http://localhost/category/news'で、ページ部を'/page/%#%'、ページ数を10、現在のページを5として、UL、LIタグ付きで取得する。
    <?php $link = paginate_links( array( 'base'=>'http://localhost/category/news', 'format'=>'/page/%#%', 'total'=>10, 'current'=>5, 'type'=>'list' ) ); ?>

フィルター

リンク先URLの生成時、'paginate_links'フィルターが呼び出される。パラメータ$linkにはリンク先URLが格納される。
esc_url( apply_filters( 'paginate_links', $link ) )

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

お勧めコンテンツ

適切なテンプレートファイルを用意してテンプレート内の振り分け処理を無くす(2011年10月18日 登録)

/wp-includes/template-loader.phpではリクエストされたページに応じて現在のテーマにあるテンプレートファイルの中から適切なものを選びに振り分けている。ここでは、さまざまなテンプレートファイルの種類と、テンプレートファイルが省略された場合の内部の動作についてまとめてみる。

ログインページのタイトルを変更してみる(2017年11月17日 登録)

バージョン4.9では新しいフィルターやフィルターのパラメータの追加が多数行われている。ここではその一例としてログインページ関連で追加された2つのフィルターを紹介する。

初期状態で「抜粋」ウィジェットを表示する(2014年1月7日 登録)

投稿編集ページのウィジェットは標準で表示されるものとされないものがある。フォーラムに『投稿の編集画面にデフォルトで抜粋を表示させたい』という投稿があったので、ちょっと調べてみた。

カテゴリー専用の投稿一覧と新規投稿メニューを追加する(2012年1月23日 登録)

サイト更新の1クリックを省くため、特定カテゴリーの投稿に対して同じようにメニューを追加してみた。カスタム投稿タイプの専用投稿メニューみたいな感じである。

query_posts(WP_Queryクラス)でカスタムフィールドを使う(2011年9月15日 登録)

先週3回にわたってtax_queryパラメータを使ったカテゴリーや投稿タグ、投稿フォーマットの絞り込みを整理したが、その途中で目に付いたのが'meta_query'パラメータ。この'meta_query'パラメータは、カスタムフィールドの絞り込み条件を指定するためのもので、3.2で登場した新しいパラメータのようだ。

最終更新日時 : 2017-11-17 09:07