path_join

(2.5.0以降)
path_join - パス名を連結する

説明

string path_join( string $base, string $path )
パス名を連結する。

パラメータ

  • $base
    ペースとなるパス名を指定する。
  • $path
    ベースに連結するパス名を指定する。

返り値

パラメータ$base$pathを連結したパス名を返す。ただし$pathが絶対パスの場合は$pathのみを返す。

注意

パラメータ$baseの末尾に'/'があってもなくても有効なパスとして連結できる。なお絶対パスの判定は、実在の有無を調べているのではなく、path_is_absolute関数を使ってパスのパターンを識別している。

使用例

  • ABSPATHに'wp-load.php'を連結したパス名を取得する。
    <?php $fullpath = path_join( ABSPATH, 'wp-load.php' ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/functions.php

お勧めコンテンツ

「姓」の後に「名」を(2013年11月6日 登録)

WordPressのユーザー情報設定ページでは、「名(First name)」の後に「姓(Last name)」を入力するようになっている。日本向けのユーザー登録できるサイトの場合、この並び順はちょっと違和感があるので、「姓」「名」の順に入力できるようにした。

囲み型ショートコードとwpautop(2014年10月22日 登録)

ショートコードは投稿記事の閲覧時に動的に内容を変更できる優れもの。galleryやcaptionなどいくつかのショートコードが標準で組み込まれており、一部のプラグインではその機能を利用する手段としてショートコードが利用されている。

WP_List_Tableクラスの「一括操作」フォームを使ってみた(2017年9月26日 登録)

今回は「WP_List_Tableクラスを使ってみた」の続き。投稿一覧やプラグインページなどにある「一括操作」(Bulkアクション)フォーム対応に関するメモである。

headタグのmeta(generator)タグを取り除く(2011年2月18日 登録)

標準的なWordPressのテーマで出力されるHTMLには、headタグ内に次のようなmetaタグが出力されている。
<meta name="generator" content="WordPress 3.0.5" />

親子の固定ページで同じテンプレートを使う(2013年3月20日 登録)

固定ページのテンプレートファイルは「page.php」か、ページ名(スラッグ)または投稿IDを指定したテンプレートファイルになる。固定ページでページデザインが数パターンある場合、通常は「page.php」で振り分けることになるが、もう少しスマートにできないか考えてみた。

最終更新日時 : 2014-07-09 00:54