pings_open

(1.5.0以降)
pings_open - 投稿ページがトラックバック・ピンバックを許可されているか調べる

説明

bool pings_open( [ mixed $post_id = NULL ] )
投稿ページ(情報)がトラックバック・ピンバックを許可しているかを調べる。

パラメータ

  • $post_id
    投稿情報IDまたは投稿情報(省略時はNULLとなり、現在の投稿情報を調べる)。

返り値

トラックバック・ピンバックが許可されている場合はtrueを、許可されていない場合はfalseを返す。

注意

特にありません。

使用例

  • 現在の投稿ページがトラックバック・ピンバックを許可されているか調べる。
    <?php if ( pings_open( ) ) { ?>
  • 投稿情報IDが10の投稿ページがトラックバック・ピンバックを許可されているか調べる。
    <?php if ( pings_open( 10 ) ) { ?>

関連

  • comments_open - 投稿ページがコメント投稿を許可されているか調べる

お勧めコンテンツ

固定ページを投稿ページ用テンプレートファイル(single.php)で表示する(2013年7月31日 登録)

固定ページと投稿ページのデザインが共通の場合、同じ内容のsingle.phpとpage.phpを用意すれば事足りるが、デザインの修正時は二度手間になってしまう。そこで、固定ページをsingle.phpで表示するようにできないか考えてみた。

サイドバーの初期化はwidgets_initアクションで(2011年7月14日 登録)

ウィジェットを使ってみたくなり新テーマ「Twenty Eleven」を覗いてみると、codexに記載されていた内容と少し違っている。これって「Twenty Ten」ですでに変更されていたんだね。

4.2で始まるiOSの絵文字ケア(2015年3月22日 登録)

WordPress 4.2のベータ1、ベータ2が立て続けにリリースされ、4.2の正式版リリースが近づいています。4.2のポイントの1つは絵文字のクロスブラウザ対応です。ここでの絵文字とは、UTF-8で4バイトのコードが割り当てられている(基本的にはiOSの)絵文字を指します。この絵文字を含んだ投稿が正しく保存できなかったり、iOS以外の環境で意図した通りに表示できないといった問題があり、4.2ではそのような問題を対処をコードが組み込まれています。

ツイート引用が簡単になる仕組み(2012年6月8日 登録)

WordPress 3.4では、投稿記事の中にツイートのURLを記述するだけで、投稿ページにそれっぽい表示をしてくれるようになる。ちょっと気になったので、その仕組みを追っかけてみた。

「投稿に挿入」時のタグをちょっとカスタマイズ(2011年7月29日 登録)

投稿画面において、画像をアップロードし投稿に挿入するすると、imgタグをaタグで囲んだものが挿入される(キャプションを指定した場合はタグも)。それらの画像をLightBox(JavaScriptライブラリ)で表示する場合、aタグにrel属性を追加するのだが、その作業を毎回投稿に挿入した後で行うのがちょっと面倒。というわけで、自動的にrel属性を追加するようにしてみました。

最終更新日時 : 2010-03-08 08:42