plugin_basename

(1.5以降)
plugin_basename - プラグインのベース名を取得する

説明

string plugin_basename( string $file )
プラグインのベース名(プラグインディレクトリ以下の部分)を取得する。

パラメータ

  • $file
    プラグインファイルのパス名を指定(通常は__FILE__)。

返り値

パラメータ$fileで指定されたプラグインファイルのベース名を返す。例えばプラグインのディレクトリがtestplugin、プラグインのファイル名がtestplugin.phpの場合は、ベース名は「testplugin/testplugin.php」となる。

注意

パラメータにはPHP内部でそのPHPファイルのパス名が定義されている「__FILE__」定数を使用するのが一般的。なお、パラメータ$fileにプラグイン以外のファイルのパス名を指定した場合はそのパス名をそのまま返す。

使用例

  • プラグインのベース名を取得する。
    <?php $basename = plugin_basename( __FILE__ ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

WordPressの鼓動(2013年10月1日 登録)

WordPressでは、Ajaxを利用する方法の1つとしてadd_action関数を利用することができる。この方法を調べている過程で、'heartbeat'というおもしろそうなAjaxアクションがあったので、紹介しておく。

3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2014年1月17日 登録)

ちょうど1月前の「ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する」にて、WordPress 3.8新ダッシュボードの「概要」ウィジェットにカスタム投稿タイプの投稿数を表示する方法を紹介したが、今回のその続編で「アクティビティ」ウィジェットを拡張する方法を紹介する。

Widgets on dashboard:プラグイン作ってみました(2014年5月6日 登録)

サイトバーなどのページ構成パーツとしてウィジェットを利用し、ある程度頻繁に更新している場合、毎回ウィジェットページを表示するのはちょっとだけ面倒かも。そんなわけで、シンプルにダッシュボードで直接編集できればいいかなと思い、調べてみました。

3.6リリース直前チェック(2013年7月26日 登録)

$wpdbは、WordPressのデータベースにアクセスする際に使用できる便利なオブジェクト。独自テーブルの利用やデータ検索の最適化など、標準提供される関数では実現できないことを手助けしてくれる。そんな$wpdbのescapeメソッドが3.6で非推奨(deprecated)になる。

投稿画面のウェジェットを2列にする(2013年1月25日 登録)

ダッシュボード画面ではスクリーンレイアウトを最大4列まで選択できるのに、投稿画面は1列か2列のどちらか。高解像度のディスプレイを使っていると、投稿画面では大画面のメリットを生かせていない理由がここにあるのではと感じ、3列対応にしてみた。

最終更新日時 : 2014-04-18 08:23