plugins_url

(2.6.0以降)
plugins_url - プラグインの保存先URLを取得する

説明

string plugins_url( [ string $path = '' [ , string $plugin = '' ] ] )
プラグインの保存先URLを取得する。

パラメータ

  • $path
    プラグインの保存先パス名(省略時は'')。
  • $plugin
    プラグインのファイル名(省略時は'')。プラグインのファイルなら__FILE__を指定する。

返り値

プラグインの保存先URLを返す。
例)http://localhost/wp/wp-content/plugins
※ドメイン名がlocalhostで、WordPressをwpディレクトリにインストールした場合。

注意

末尾に'/'は付かない。

使用例

  • プラグインの保存先URLを取得する。
    <?php $plugin_url = plugins_url( '', __FILE__ ); ?>

関連

お勧めコンテンツ

32ピクセルのサイトアイコンを別の画像ファイルに変更する(2015年8月27日 登録)

「サイトアイコン」は4.3の新機能の1つ。管理画面で適当な画像ファイルを指定するだけでサイトアイコンが適用されます。そんなサイトアイコンで、既存の favicon.ico を併用する方法を紹介します。

囲み型ショートコードとwpautop(2014年10月22日 登録)

ショートコードは投稿記事の閲覧時に動的に内容を変更できる優れもの。galleryやcaptionなどいくつかのショートコードが標準で組み込まれており、一部のプラグインではその機能を利用する手段としてショートコードが利用されている。

プラグインで注意が必要な関数(2013年11月27日 登録)

先日「Login rebuilder」という自作プラグインをアップデートした際、ユーザーさんからエラーになると連絡をいただいた。標準環境では問題なく、どうやら何らかのプラグインが影響しているらしい。

WP_List_Tableクラスの「一括操作」フォームを使ってみた(2017年9月26日 登録)

今回は「WP_List_Tableクラスを使ってみた」の続き。投稿一覧やプラグインページなどにある「一括操作」(Bulkアクション)フォーム対応に関するメモである。

Widgets on dashboard:プラグイン作ってみました(2014年5月6日 登録)

サイトバーなどのページ構成パーツとしてウィジェットを利用し、ある程度頻繁に更新している場合、毎回ウィジェットページを表示するのはちょっとだけ面倒かも。そんなわけで、シンプルにダッシュボードで直接編集できればいいかなと思い、調べてみました。

最終更新日時 : 2014-07-04 14:22