post_custom

(1.5.0以降)
post_custom - カスタムフィールドの値を取得する

説明

mixed post_custom( [ string $key = '' ] )
カスタムフィールドの値を取得する。

パラメータ

  • $key
    カスタムフィールド名を指定(省略時は'')。

返り値

パラメータ$keyで指定されたカスタムフィールドの値(複数ある場合は配列で)を返す。カスタムフィールドが設定されていない場合はfalseを返す。

注意

内部では、get_post_customを使って現在の投稿記事のカスタムフィールド情報をすべて取得し、その中からパラメータ$keyにマッチするものを返している。

使用例

  • 'food'という名前のカスタムフィールドの値を取得する。
    <?php $val = post_custom( 'food' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post-template.php

関連

  • get_post_custom - カスタムフィールド情報をすべて取得する

お勧めコンテンツ

WP_Postオブジェクトで投稿情報を直感的に使う(2012年10月4日 登録)

WordPress 3.5で登場するであろうWP_Postクラス。WordPressの投稿情報は、投稿情報本体のほか、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールドなど、いくつかに分散して記録され、それぞれの情報を取得する際は、いくつかの関数をしていた。新しいWP_Postクラスにより、その習慣とおさらばできるかもしれない。

ログインページのタイトルを変更してみる(2017年11月17日 登録)

バージョン4.9では新しいフィルターやフィルターのパラメータの追加が多数行われている。ここではその一例としてログインページ関連で追加された2つのフィルターを紹介する。

プラグインの設定ページもレスポンシブ対応(2014年6月3日 登録)

レスポンシブ対応したWordPressの管理画面。プラグインやテーマのカスタマイズで管理画面を拡張しているなら、切り替わるタイミングはきっちり押さえておきたいところではないだろうか。

標準で使用できる数少ないショートコード[caption]とは(2011年5月7日 登録)

画像をアップロードして「投稿に追加」ボタンをクリックすると、投稿記事内にリンク付きのimgタグか、ショートコードのが挿入される。ここではそれらの書式を整理する。

一定時間でログアウトする(2013年5月23日 登録)

ログイン関係を調べている関係で、wp_set_auth_cookie関数に行き着く。ログイン画面の「ログイン状態を保持する」がチェックされた場合、クッキーの有効期限は14日間。チェックされていない場合は、ブラウザが閉じるまで常に有効となっているんだね。

最終更新日時 : 2012-06-21 21:03