post_password_required

(2.7.0以降)
post_password_required - 投稿ページのパスワード保護状態を調べる

説明

bool post_password_required( [ mixed $post = null ] )
投稿ページがパスワード保護状態を調べる。

パラメータ

  • $post
    パスワード保護状態を調べる投稿情報またはその投稿IDを指定(省略時は現在の投稿情報を調べる)。

返り値

投稿ページがパスワード保護されていて利用者のクッキーにパスワードが含まれているか、パスワードが一致しない場合はtrueを返す。それ以外の場合はfalseを返す。

注意

パスワード保護は投稿情報別に設定されるもので、管理者ページの投稿編集の公開状態で変更できる(通常は一般公開)。

使用例

  • 現在の投稿ページのパスワード保護状態を調べる。
    <?php if ( post_password_required() ) { ?>

フィルター

[4.7.0]パスワードが必要かを返す前に'post_password_required'フィルターを呼び出す。パラメータ$requiredにはパスワードが必要かどうかの判定内容が、$postには対象の投稿情報(パラメータとして受け取った内容と異なる場合がある)が格納されている。
return apply_filters( 'post_password_required', $required, $post );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post-template.php

関連

  • get_the_content - 現在の投稿情報のコンテンツを取得する
  • get_the_password_form - パスワード保護されている投稿のパスワード入力フォームを取得する
  • $post - 投稿情報

お勧めコンテンツ

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

4.4では投稿ページも専用テンプレートが適用できる(2015年11月7日 登録)

従来、特定の固定ページには専用テンプレートを適用できるのですが、投稿ページに適用させるためにはアクションやフィルターを利用する必要がありました。4.4では特定の投稿ページに標準で専用テンプレートを適用できるようになりそうです。

投稿画面のウェジェットを2列にする(2013年1月25日 登録)

ダッシュボード画面ではスクリーンレイアウトを最大4列まで選択できるのに、投稿画面は1列か2列のどちらか。高解像度のディスプレイを使っていると、投稿画面では大画面のメリットを生かせていない理由がここにあるのではと感じ、3列対応にしてみた。

管理画面でツールバー(Admin bar)を非表示にする(2013年3月5日 登録)

WordPress使ってちょっと変わったサイトを構築する際、管理画面のツールバーを表示させたくないケースがある。一般に公開するサイト側であれば、show_admin_bar関数で非表示にできるのだが、管理画面ではこれを使ってもツールバーは消えてくれない。

常時SSL接続に変更しました(2017年3月3日 登録)

先週末、本サイトを常時SSL接続に変更しました。本サイトは「さくらのVPS」(CentOS 6系、Apache 2.2系)上にWordPressのマルチサイト機能を使って構築しており、無償で使用できる「Let's Encrypt」を使って常時SSL接続に切り替えた手順をメモとして残しそうと思います。

最終更新日時 : 2017-01-11 15:45