post_password_required

(2.7.0以降)
post_password_required - 投稿ページのパスワード保護状態を調べる

説明

bool post_password_required( [ mixed $post = null ] )
投稿ページがパスワード保護状態を調べる。

パラメータ

  • $post
    パスワード保護状態を調べる投稿情報またはその投稿IDを指定(省略時は現在の投稿情報を調べる)。

返り値

投稿ページがパスワード保護されていて利用者のクッキーにパスワードが含まれているか、パスワードが一致しない場合はtrueを返す。それ以外の場合はfalseを返す。

注意

パスワード保護は投稿情報別に設定されるもので、管理者ページの投稿編集の公開状態で変更できる(通常は一般公開)。

使用例

  • 現在の投稿ページのパスワード保護状態を調べる。
    <?php if ( post_password_required() ) { ?>

フィルター

[4.7.0]パスワードが必要かを返す前に'post_password_required'フィルターを呼び出す。パラメータ$requiredにはパスワードが必要かどうかの判定内容が、$postには対象の投稿情報(パラメータとして受け取った内容と異なる場合がある)が格納されている。
return apply_filters( 'post_password_required', $required, $post );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post-template.php

関連

  • get_the_content - 現在の投稿情報のコンテンツを取得する
  • get_the_password_form - パスワード保護されている投稿のパスワード入力フォームを取得する
  • $post - 投稿情報

お勧めコンテンツ

さくらのVPSでKUSANAGI#2(2017年5月16日 登録)

今回は「前回」の続き。さくらのVPS(メモリー2GB SSDプラン)でパフォーマンスをApacheのabコマンドで確認してみた。はてさて、うたい文句通りのパフォーマンスは発揮するのだろうか。

固定ページを投稿ページ用テンプレートファイル(single.php)で表示する(2013年7月31日 登録)

固定ページと投稿ページのデザインが共通の場合、同じ内容のsingle.phpとpage.phpを用意すれば事足りるが、デザインの修正時は二度手間になってしまう。そこで、固定ページをsingle.phpで表示するようにできないか考えてみた。

管理者ページに文言を表示する(2012年4月19日 登録)

お客様向けに管理者ページをカスタマイズする機会が増えてきている。カスタマイズするページや表示場所、表示内容によっていくつかの手段があるが、今回はページの冒頭部分に任意の文言を表示する方法を紹介する。

新「WordPress Events and News」ウィジェットが興味深い(2017年5月26日 登録)

4.8のベータ版ですぐに新機能とわかるのが管理者ダッシュボードの新「WordPress Events and News」ウィジェット。ユーザーが指定した地域近隣で開催されるイベント情報を表示してくれるウィジェットで、この中のフォームがちょっと興味深かった。なおこの記事はWordPress 4.8 beta-2をもとにしており、以降のバージョンで変更される可能性があることをあらかじめ断っておく。

「姓」の後に「名」を(2013年11月6日 登録)

WordPressのユーザー情報設定ページでは、「名(First name)」の後に「姓(Last name)」を入力するようになっている。日本向けのユーザー登録できるサイトの場合、この並び順はちょっと違和感があるので、「姓」「名」の順に入力できるようにした。

最終更新日時 : 2017-01-11 15:45