post_type_archive_title

(3.1.0以降)
post_type_archive_title - カスタム投稿タイプアーカイブのタイトルを表示する

説明

string post_type_archive_title( [ string $prefix = '' [ , bool $display = true ] ] )
カスタム投稿タイプアーカイブのタイトルを表示する。

パラメータ

  • $prefix
    プレフィックス文字を指定(省略時は'')。
  • $display
    表示する場合はtrue、取得する場合はfalseを指定(省略時はtrue)。

返り値

パラメータ$displayがfalseの場合はタイトルを返す。なお、$displayがtrueか、リクエストページがカスタム投稿タイプアーカイブ以外の場合は何も返さない。

注意

get_queried_object関数を使って、リクエストページのオブジェクトを取得している。

使用例

  • カスタム投稿タイプアーカイブのタイトルを表示する。
    <?php post_type_archive_title(); ?>
  • カスタム投稿タイプアーカイブのタイトルを取得する。
    <?php $title = post_type_archive_title( '', false ); ?>

フィルター

タイトルを表示または返す前にpost_type_archive_titleフィルターを実行する。パラメータ$nameにはカスタム投稿タイプ名が格納されている。
$title = apply_filters('post_type_archive_title', $name );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

お勧めコンテンツ

WordCamp Tokyo 2013(2013年9月14日 登録)

本日開催された「WordCamp Tokyo 2013」に行ってきました。昨年と同様、会場は大田区産業プラザで、PHPカンファレンスと共催でしたね。

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

Contact Form 7に確認フェーズを(2011年12月12日 登録)

Contact Form 7はWordPressによるサイト製作でお世話になることが多いプラグインの1つ。ただ、クライアント様によっては、入力、確認、送信の3フェーズにしたいという要望があり、そんな時は別の方法を採用していたのですが、JavaScript(jQuery)を使ってページ遷移しなくてもいいなら確認フェーズは用意できるかなと思い、作り込んでみた。

プラグインで注意が必要な関数(2013年11月27日 登録)

先日「Login rebuilder」という自作プラグインをアップデートした際、ユーザーさんからエラーになると連絡をいただいた。標準環境では問題なく、どうやら何らかのプラグインが影響しているらしい。

canvasタグを投稿したい(2013年12月27日 登録)

以前「投稿内容のid属性などを保存するための対策」で取り上げたように、WordPressでは投稿に記述できるHTMLタグが制限されている。同コラムでこの制限を調整する対策を紹介しているが、3.5以降ではフィルター関数を登録して対応できるようだ。

最終更新日時 : 2014-12-23 14:57