post_type_archive_title

(3.1.0以降)
post_type_archive_title - カスタム投稿タイプアーカイブのタイトルを表示する

説明

string post_type_archive_title( [ string $prefix = '' [ , bool $display = true ] ] )
カスタム投稿タイプアーカイブのタイトルを表示する。

パラメータ

  • $prefix
    プレフィックス文字を指定(省略時は'')。
  • $display
    表示する場合はtrue、取得する場合はfalseを指定(省略時はtrue)。

返り値

パラメータ$displayがfalseの場合はタイトルを返す。なお、$displayがtrueか、リクエストページがカスタム投稿タイプアーカイブ以外の場合は何も返さない。

注意

get_queried_object関数を使って、リクエストページのオブジェクトを取得している。

使用例

  • カスタム投稿タイプアーカイブのタイトルを表示する。
    <?php post_type_archive_title(); ?>
  • カスタム投稿タイプアーカイブのタイトルを取得する。
    <?php $title = post_type_archive_title( '', false ); ?>

フィルター

タイトルを表示または返す前にpost_type_archive_titleフィルターを実行する。パラメータ$nameにはカスタム投稿タイプ名が格納されている。
$title = apply_filters('post_type_archive_title', $name );

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/general-template.php

関連

お勧めコンテンツ

さくらのVPSでKUSANAGI#3(2017年5月18日 登録)

今回は「前回」の続き。http(80番)をクローズ、そのほかに行った調整作業について整理する。

ログアウト後はいつもサイトトップ(2015年5月7日 登録)

ログアウト後に表示(リダイレクト)されるページは、標準ではログインページ(wp-login.php)である。4.2.0ではログアウト処理後のページリダイレクト前に呼び出されるフィルターが追加された。

使っていないか確認しないとね!(2011年6月8日 登録)

2003年に誕生したWordPress。その歴史の中には、廃止予定(deprecated)となっている関数がいくつも存在する。それらの関数をテーマやプラグインで使用するべきではないし、使用しているなら代替の関数に書き換えるべきである。ここでは3.24.7.0現在、廃止予定となっている関数をまとめて紹介する。

常時SSL接続に変更しました(2017年3月3日 登録)

先週末、本サイトを常時SSL接続に変更しました。本サイトは「さくらのVPS」(CentOS 6系、Apache 2.2系)上にWordPressのマルチサイト機能を使って構築しており、無償で使用できる「Let's Encrypt」を使って常時SSL接続に切り替えた手順をメモとして残しそうと思います。

3.6リリース直前チェック(2013年7月26日 登録)

$wpdbは、WordPressのデータベースにアクセスする際に使用できる便利なオブジェクト。独自テーブルの利用やデータ検索の最適化など、標準提供される関数では実現できないことを手助けしてくれる。そんな$wpdbのescapeメソッドが3.6で非推奨(deprecated)になる。

最終更新日時 : 2014-12-23 14:57