post_type_supports

(3.0.0以降)
post_type_supports - 投稿タイプが特徴を有しているか調べる

説明

bool post_type_supports( string $post_type, string $feature )
投稿タイプが特徴(≒編集要素)を有しているか調べる。

パラメータ

  • $post_type
    投稿タイプ名を指定。
  • $feature
    特徴('title'、'editor'、'author'、'thumbnail'、'excerpt'、'trackbacks'、'custom-fields'、'comments'、'revisions'、'post-formats'など)を指定。

返り値

投稿タイプが特徴を有している場合はtrueを、投稿タイプが無効か特徴を有していない場合はfalseを返す。

注意

特徴は管理画面で表示される要素と一致しない場合がある。例えば、標準で組み込まれるページ('page')は管理画面上ではカスタムフィールドは表示されないがデータ上は'custom-fields'は有している。

使用例

  • 投稿タイプ'my_post'が'editor'を有しているか調べる。
    <?php if ( post_type_supports( 'my_post', 'editor' ) ) : ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/post.php

関連

お勧めコンテンツ

RSSフィードの抜粋をさらに抜粋(2011年7月21日 登録)

RSSフィードはデフォルトでは「全文(HTMLタグを含む)」になっているが、管理画面の「表示設定」では「抜粋のみ(HTMLタグは除外)」を選択できる。それでも投稿記事が長いと、その抜粋テキストも長くなってしまう。ここではそんなRSSフィードの抜粋テキストを調整する方法を紹介する。

親子の固定ページで同じテンプレートを使う(2013年3月20日 登録)

固定ページのテンプレートファイルは「page.php」か、ページ名(スラッグ)または投稿IDを指定したテンプレートファイルになる。固定ページでページデザインが数パターンある場合、通常は「page.php」で振り分けることになるが、もう少しスマートにできないか考えてみた。

固定ページのURLの拡張子をhtmlに変更する(2012年8月8日 登録)

固定ページについて、URLを静的ページっぽく拡張子htmlに変更したいという要望を受けることがある。これまでは「.html on PAGES」というプラグインを使っていて特に不満があったわけではないのだが、今回ひょんなことから簡単に対応できることがわかったので、メモ書きしておく。

投稿内容に応じてwpautopを制御する(2013年8月13日 登録)

投稿内容を表示するthe_content関数では、wpautop関数がフィルターの1つとして呼び出され、改行をbrタグに変換したり、pタグで調整したりする。この機能自体は便利なのだが、きちんとデザインされたHTMLソースを流し込んだ場合はこの機能は好ましくない。そんなわけで、記事内容に応じてwpautop関数を制御できないか考えてみた。

カレンダーウィジェットをAjaxで切り替える(2011年8月22日 登録)

ウィジェットベースでテーマを構築していてカレンダーを表示してみた。標準では、前月や次月のリンク先はそれぞれの月のアーカイブページとなっているのだが、記事を探すだけであればカレンダー部分だけを更新するほうが便利なのではと考え、そのアイデアを実装してみた。

最終更新日時 : 2016-05-25 07:02