previous_image_link

(2.5.0以降)
previous_image_link - 前の添付ファイルへのリンクを表示する

説明

void previous_image_link( [ mixed $size = 'thumbnail' [ , mixed $text = false ] ] )
前の添付ファイルへのリンクを表示する。

パラメータ

  • $size
    サイズとして'thumbnail'、'none'、数値の何れかを指定(省略時は'thumbnail')
  • $text
    見出し文字を指定(省略時はfalse)

返り値

返り値はありません。

注意

この関数を使用する際は、現在の投稿情報である$postは添付情報(post_parentが0以外の投稿情報ID)でなければならず、通常の投稿情報(post_parentが0)の場合は何も表示されない。 表示されるHTMLテキストは、wp_get_attachment_link関数にて生成され、パラメータ省略時はサムネールサイズで表示される。画像ではなく文字で表示したい場合は、パラメータ$sizeに'none'またはfalseを指定し、さらにパラメータ$textに任意の文字を指定する(''を指定した場合は、投稿情報のタイトルが適用される)。

使用例

  • 前の添付ファイルへのリンクをサムネール画像で表示する。
    <?php previous_image_link( ); ?>
  • 前の添付ファイルへのリンクを'前の写真'という文字で表示する。
    <?php previous_image_link( 'none', '前の写真' ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/media.php

関連

お勧めコンテンツ

3.6リリース直前チェック(2013年7月26日 登録)

$wpdbは、WordPressのデータベースにアクセスする際に使用できる便利なオブジェクト。独自テーブルの利用やデータ検索の最適化など、標準提供される関数では実現できないことを手助けしてくれる。そんな$wpdbのescapeメソッドが3.6で非推奨(deprecated)になる。

さくらのVPSでKUSANAGI(2017年5月15日 登録)

請け負っていた業務が一段落したので、「さくらのVPS」で「KUSANAGI」を試してみました。推奨環境はメモリ4GBとなっているが、今回は実験的な利用なので、SSD 2GBプランでトライしました。

テーマから投稿画像のサイズを指定する(2012年3月15日 登録)

投稿記事に挿入する画像サイズは、サムネイル(150×150)、中サイズ(300×300)、大サイズ(1024×1024)がデフォルトだが、テーマによっては別のサイズを指定したい場合はある。基本的には、「設定」-「メディア」の「メディア設定」ページで指定できるが、テーマ内のfunctions.phpで設定しておくとちょっと便利かもしれない。

「投稿に挿入」時のタグをちょっとカスタマイズ(2011年7月29日 登録)

投稿画面において、画像をアップロードし投稿に挿入するすると、imgタグをaタグで囲んだものが挿入される(キャプションを指定した場合はタグも)。それらの画像をLightBox(JavaScriptライブラリ)で表示する場合、aタグにrel属性を追加するのだが、その作業を毎回投稿に挿入した後で行うのがちょっと面倒。というわけで、自動的にrel属性を追加するようにしてみました。

3.2標準テーマ「Twenty Eleven」は投稿フォーマットに着目(2011年7月6日 登録)

新テーマ「Twenty Eleven」のトップページでは、投稿フォーマットに応じて表示を切り替える仕組みが提案されている。ここでは、その投稿フォームの活用方法を簡単に紹介する。

最終更新日時 : 2013-01-05 09:33