previous_posts

(0.71以降)
previous_posts - アーカイブページなどの前ページリンクを取得または表示する

説明

string previous_posts( [ bool $echo = true ] )
アーカイブページなどの前ページリンクを取得または表示する。

パラメータ

  • $echo
    リンクを表示する場合はtrue、取得する場合はfalseを指定(省略時はtrue)

返り値

パラメータ$echoがfalseの場合は次ページのリンク(aタグ)を返す。$echoがtrueの場合は何も返さない。

注意

投稿ページなど、1つの投稿情報しか扱っていないページ(がtrueの場合)では無効となる。 先頭ページであってもリンクを表示または取得するので、呼び出す場合は先頭ページかどうか事前に確認したほうがいい。

使用例

  • アーカイブページの前ページリンクを表示する。
    <?php previous_posts( ); ?>
  • アーカイブページの前ページリンクを取得する。
    <?php $link = previous_posts( false ); ?>

関連

  • next_posts - アーカイブページなどの次ページリンクを取得または表示する
  • previous_posts_link - 前の投稿一覧ページのリンクを表示する
  • $paged - 複数ページのページ番号

お勧めコンテンツ

3.2標準テーマ「Twenty Eleven」は投稿フォーマットに着目(2011年7月6日 登録)

新テーマ「Twenty Eleven」のトップページでは、投稿フォーマットに応じて表示を切り替える仕組みが提案されている。ここでは、その投稿フォームの活用方法を簡単に紹介する。

4.2で始まるiOSの絵文字ケア(2015年3月22日 登録)

WordPress 4.2のベータ1、ベータ2が立て続けにリリースされ、4.2の正式版リリースが近づいています。4.2のポイントの1つは絵文字のクロスブラウザ対応です。ここでの絵文字とは、UTF-8で4バイトのコードが割り当てられている(基本的にはiOSの)絵文字を指します。この絵文字を含んだ投稿が正しく保存できなかったり、iOS以外の環境で意図した通りに表示できないといった問題があり、4.2ではそのような問題を対処をコードが組み込まれています。

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2015年3月14日 登録)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。

Somewhere search box:プラグイン作ってみました(2012年12月24日 登録)

投稿済みの記事を修正する際、毎回「投稿一覧」に戻るのは面倒だ、そんなことを感じて作ったのがこのプラグインです。また1.2.0では投稿内容(本文、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールド)を複製するリンクを投稿一覧ページと投稿編集ページに追加、1.3.0では投稿タイトルのみの検索をサポートしました。

最終更新日時 : 2014-11-16 17:40