register_sidebar

説明

string register_sidebar( [ mixed $args = array() ] )
サイドバーを登録する。

パラメータ

  • $args
    サイドバーの属性情報を連想配列または文字列で指定。属性情報の内容は次の通り。
    属性名意味省略時の値
    nameサイドバー名__('Sidebar #n')
    idサイドバーIDsidebar-#n
    descriptionサイドバーの説明''
    classサイドバーに追加するクラス名''
    before_widgetウィジェットの前タグ<li id="%1$s" class="widget %2$s">
    after_widgetウィジェットの後タグ</li>\n
    before_titleサイドバータイトルの前タグ<h2 class="widgettitle">
    after_titleサイドバータイトルの後タグ</h2>\n
    ※#nにはサイドバーのシリアル番号が入る(例:登録時に2つのサイドバーが登録されている場合は3が入る)。

返り値

サイドバーIDを返す。

注意

内部では add_theme_support( 'widgets' )を実行し、テーマで「ウィジェット」メニューが有効になる。
デフォルトではタイトルは<h2>タグになるので、ページのHTML構造にあわせてパラメータ$argsの'before_title'と'after_title'に適切なタグを指定する。

[4.2.0]パラメータで'id'要素を指定することが推奨となった。


使用例

  • サイドバーを登録する。
    <?php register_sidebar( ); ?>
  • 属性を指定してサイドバーを登録する。
    <?php register_sidebar( array( 'name'=>'メインサイドバー' ) ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

[3.0.0]本関数の終了直前に'register_sidebar'アクションを呼び出す。パラメータ$sidebarは本関数のパラメータに未指定の規定値を加えた内容が格納される。
do_action( 'register_sidebar', $sidebar );

ソースファイル

/wp-includes/widgets.php

最終更新 : 2015年12月18日 10:41



お勧め

query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む(2011年9月14日 更新)

投稿タグの絞り込みは、カテゴリーに似ているけど微妙に違っている。今日は、昨日投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」の続きとして、投稿タグの絞り込みついてまとめてみる。

管理者ページに文言を表示する(2012年4月19日 更新)

お客様向けに管理者ページをカスタマイズする機会が増えてきている。カスタマイズするページや表示場所、表示内容によっていくつかの手段があるが、今回はページの冒頭部分に任意の文言を表示する方法を紹介する。

oEmbedについて考えてみた(2018年5月27日 更新)

本サイト向けにテーマをリニューアルしようと思い一から作っている最中、ふと生成されているHTMLの中にあるoEmbedの記述が目についた。「この記述いつからだっけ」くらいに思いながらリンク先を開き、ちょっとモヤモヤしてしまった。

ショートコードを含んだページを表示する前に何か処理する(2014年5月28日 更新)

固定ページまたは投稿ページに独自のフォームを埋め込む。入力→登録の2段階のフォームなら著名なプラグイン「Contact Form 7」を利用すればいいのだが、クライアントの依頼は入力→確認→登録の3段階で組み込む要素が特化していたので、独自の実装方法を考えることになった。

WP_Postオブジェクトで投稿情報を直感的に使う(2012年10月4日 更新)

WordPress 3.5で登場するであろう WP_Postクラス。WordPressの投稿情報は、投稿情報本体のほか、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールドなど、いくつかに分散して記録され、それぞれの情報を取得する際は、いくつかの関数をしていた。新しいWP_Postクラスにより、その習慣とおさらばできるかもしれない。