register_sidebar

(2.2.0以降)
register_sidebar - サイドバーを登録する

説明

string register_sidebar( [ mixed $args = array() ] )
サイドバーを登録する。

パラメータ

  • $args
    サイドバーの属性情報を連想配列または文字列で指定。属性情報の内容は次の通り。
    属性名意味省略時の値
    nameサイドバー名__('Sidebar #n')
    idサイドバーIDsidebar-#n
    descriptionサイドバーの説明''
    classサイドバーに追加するクラス名''
    before_widgetウィジェットの前タグ<li id="%1$s" class="widget %2$s">
    after_widgetウィジェットの後タグ</li>\n
    before_titleサイドバータイトルの前タグ<h2 class="widgettitle">
    after_titleサイドバータイトルの後タグ</h2>\n
    ※#nにはサイドバーのシリアル番号が入る(例:登録時に2つのサイドバーが登録されている場合は3が入る)。

返り値

サイドバーIDを返す。

注意

内部ではadd_theme_support( 'widgets' )を実行し、テーマで「ウィジェット」メニューが有効になる。
デフォルトではタイトルは<h2>タグになるので、ページのHTML構造にあわせてパラメータ$argsの'before_title'と'after_title'に適切なタグを指定する。

[4.2.0]パラメータで'id'要素を指定することが推奨となった。

使用例

  • サイドバーを登録する。
    <?php register_sidebar( ); ?>
  • 属性を指定してサイドバーを登録する。
    <?php register_sidebar( array( 'name'=>'メインサイドバー' ) ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

[3.0.0]本関数の終了直前に'register_sidebar'アクションを呼び出す。パラメータ$sidebarは本関数のパラメータに未指定の規定値を加えた内容が格納される。
do_action( 'register_sidebar', $sidebar );

ソースファイル

/wp-includes/widgets.php

関連

お勧めコンテンツ

テキストエディタの文字を変更する(2016年8月30日 登録)

テキストエディタ(投稿ページの「テキスト」タブのエディタ)に標準では備わっていない機能を追加する自作プラグイン「html entities button」がほぼ1年ぶりにアップデート。ここではバージョン2.0.0で追加したテキストエディタのフォント切り替え機能について紹介する。

一定時間でログアウトする(2013年5月23日 登録)

ログイン関係を調べている関係で、wp_set_auth_cookie関数に行き着く。ログイン画面の「ログイン状態を保持する」がチェックされた場合、クッキーの有効期限は14日間。チェックされていない場合は、ブラウザが閉じるまで常に有効となっているんだね。

query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む(2011年9月7日 登録)

投稿タグの絞り込みは、カテゴリーに似ているけど微妙に違っている。今日は、昨日投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」の続きとして、投稿タグの絞り込みついてまとめてみる。

ログアウト後はいつもサイトトップ(2015年5月7日 登録)

ログアウト後に表示(リダイレクト)されるページは、標準ではログインページ(wp-login.php)である。4.2.0ではログアウト処理後のページリダイレクト前に呼び出されるフィルターが追加された。

Posts filter multiselect:プラグイン作ってみました(2015年3月9日 登録)

先週の金曜日、知り合いの方から「投稿一覧ページで絞り込みを行う際、複数選択できないか」といった問い合わせがあり、その時には「標準では無理ですね」と返答しました。このこと自体は事実なのですが、要するに「複数選択可能なドロップダウンメニュー」が実現できれば対応するのはそれほど難しくないような気がしました。この週末、そんなノリでちょっとコーディングしてできたのがこのプラグインです。

最終更新日時 : 2015-12-18 10:41