register_sidebar

(2.2.0以降)
register_sidebar - サイドバーを登録する

説明

string register_sidebar( [ mixed $args = array() ] )
サイドバーを登録する。

パラメータ

  • $args
    サイドバーの属性情報を連想配列または文字列で指定。属性情報の内容は次の通り。
    属性名意味省略時の値
    nameサイドバー名__('Sidebar #n')
    idサイドバーIDsidebar-#n
    descriptionサイドバーの説明''
    classサイドバーに追加するクラス名''
    before_widgetウィジェットの前タグ<li id="%1$s" class="widget %2$s">
    after_widgetウィジェットの後タグ</li>\n
    before_titleサイドバータイトルの前タグ<h2 class="widgettitle">
    after_titleサイドバータイトルの後タグ</h2>\n
    ※#nにはサイドバーのシリアル番号が入る(例:登録時に2つのサイドバーが登録されている場合は3が入る)。

返り値

サイドバーIDを返す。

注意

内部ではadd_theme_support( 'widgets' )を実行し、テーマで「ウィジェット」メニューが有効になる。
デフォルトではタイトルは<h2>タグになるので、ページのHTML構造にあわせてパラメータ$argsの'before_title'と'after_title'に適切なタグを指定する。

[4.2.0]パラメータで'id'要素を指定することが推奨となった。

使用例

  • サイドバーを登録する。
    <?php register_sidebar( ); ?>
  • 属性を指定してサイドバーを登録する。
    <?php register_sidebar( array( 'name'=>'メインサイドバー' ) ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

[3.0.0]本関数の終了直前に'register_sidebar'アクションを呼び出す。パラメータ$sidebarは本関数のパラメータに未指定の規定値を加えた内容が格納される。
do_action( 'register_sidebar', $sidebar );

ソースファイル

/wp-includes/widgets.php

関連

お勧めコンテンツ

常時SSL接続に変更しました(2017年3月3日 登録)

先週末、本サイトを常時SSL接続に変更しました。本サイトは「さくらのVPS」(CentOS 6系、Apache 2.2系)上にWordPressのマルチサイト機能を使って構築しており、無償で使用できる「Let's Encrypt」を使って常時SSL接続に切り替えた手順をメモとして残しそうと思います。

スマートフォン向けの振り分けを自前で行う(2011年11月2日 登録)

PC向けのサイトをスマートフォン対応する場合、WPtouchやktai styleに代表されるスマートフォン対応のテンプレート切り替えプラグインを使用するのが一般的。そういったプラグインはテンプレート切り替え以外の機能も備えており、そういった機能は必ずしも必要ではない。そんなわけで、ここでは超シンプルなスマートフォン向けのテンプレート切り替えを実現する方法を紹介する。

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2015年3月14日 登録)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。

query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む(2011年9月7日 登録)

投稿タグの絞り込みは、カテゴリーに似ているけど微妙に違っている。今日は、昨日投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」の続きとして、投稿タグの絞り込みついてまとめてみる。

Paste JSON text:プラグイン作ってみました(2012年1月19日 登録)

動作検証用のサーバーと本番サーバーで投稿データの同期作業(コピー&ペースト)を支援するプラグインです。動作検証用のサーバーで投稿記事をJSONテキストに変換してクリップボードにコピー。本番サーバーの新規投稿ページでクリップボードにコピーしたJSONテキストをペーストして、投稿記事のコピー&ペーストを実現します。複数サーバー間で投稿記事の同期を行っている方は、お試しあれ。

最終更新日時 : 2015-12-18 10:41