register_sidebar

(2.2.0以降)
register_sidebar - サイドバーを登録する

説明

string register_sidebar( [ mixed $args = array() ] )
サイドバーを登録する。

パラメータ

  • $args
    サイドバーの属性情報を連想配列または文字列で指定。属性情報の内容は次の通り。
    属性名意味省略時の値
    nameサイドバー名__('Sidebar #n')
    idサイドバーIDsidebar-#n
    descriptionサイドバーの説明''
    classサイドバーに追加するクラス名''
    before_widgetウィジェットの前タグ<li id="%1$s" class="widget %2$s">
    after_widgetウィジェットの後タグ</li>\n
    before_titleサイドバータイトルの前タグ<h2 class="widgettitle">
    after_titleサイドバータイトルの後タグ</h2>\n
    ※#nにはサイドバーのシリアル番号が入る(例:登録時に2つのサイドバーが登録されている場合は3が入る)。

返り値

サイドバーIDを返す。

注意

内部ではadd_theme_support( 'widgets' )を実行し、テーマで「ウィジェット」メニューが有効になる。
デフォルトではタイトルは<h2>タグになるので、ページのHTML構造にあわせてパラメータ$argsの'before_title'と'after_title'に適切なタグを指定する。

[4.2.0]パラメータで'id'要素を指定することが推奨となった。

使用例

  • サイドバーを登録する。
    <?php register_sidebar( ); ?>
  • 属性を指定してサイドバーを登録する。
    <?php register_sidebar( array( 'name'=>'メインサイドバー' ) ); ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

[3.0.0]本関数の終了直前に'register_sidebar'アクションを呼び出す。パラメータ$sidebarは本関数のパラメータに未指定の規定値を加えた内容が格納される。
do_action( 'register_sidebar', $sidebar );

ソースファイル

/wp-includes/widgets.php

関連

お勧めコンテンツ

32ピクセルのサイトアイコンを別の画像ファイルに変更する(2015年8月27日 登録)

「サイトアイコン」は4.3の新機能の1つ。管理画面で適当な画像ファイルを指定するだけでサイトアイコンが適用されます。そんなサイトアイコンで、既存の favicon.ico を併用する方法を紹介します。

さくらのVPSでKUSANAGI#2(2017年5月16日 登録)

今回は「前回」の続き。さくらのVPS(メモリー2GB SSDプラン)でパフォーマンスをApacheのabコマンドで確認してみた。はてさて、うたい文句通りのパフォーマンスは発揮するのだろうか。

カスタムフィールドで並び替え(2013年8月9日 登録)

WordPressでは複数の投稿記事を取得する際、並び順の指定を省略すると投稿日時の降順になる。並び順は、投稿日時だけでなく、更新日時、投稿名、記事タイトル、コメント数のほか、カスタムフィールドも指定できる。

初期状態で「抜粋」ウィジェットを表示する(2014年1月7日 登録)

投稿編集ページのウィジェットは標準で表示されるものとされないものがある。フォーラムに『投稿の編集画面にデフォルトで抜粋を表示させたい』という投稿があったので、ちょっと調べてみた。

oEmbed対応サイトを整理した(2014年9月3日 登録)

投稿記事にTwitterやYouTubeのURL(アドレス)を記述したとき、表示されるページにはリンクとしてではなく、埋め込んだURLの内容が表示される。この仕組み(機能)はoEmbedというもので、対応サイトは随時バージョンアップしている。

最終更新日時 : 2015-12-18 10:41