register_taxonomy_for_object_type

(3.0.0以降)
register_taxonomy_for_object_type - 投稿タイプにタクソノミーを割り当てる

説明

bool register_taxonomy_for_object_type( string $taxonomy, string $object_type )
投稿タイプにタクソノミーを割り当てる。

パラメータ

  • $taxonomy
    'category'や'post_tag'などのタクソノミー名を指定。
  • $object_type
    'page'や'attachment'などの投稿タイプ名を指定。

返り値

投稿タイプにタクソノミーに割り当てできたか、割り当て済みの場合はtrueを、投稿タイプまたはタクソノミーのどちらかが未登録の場合はfalseを返す。

注意

登録済み投稿タイプのタクソノミーを拡張する場合に使用する。

使用例

  • メディア('attachment')にタグ('post_tag')を割り当てる。
    <?php register_taxonomy_for_object_type( 'post_tag', 'attachment' ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/taxonomy.php

関連

お勧めコンテンツ

Slightly troublesome permalink:プラグイン作ってみました(2012年2月9日 登録)

カテゴリーを含んだパーマリンクを設定している場合、複数のカテゴリーを指定した投稿記事のパーマリンクのURLに目的のカテゴリーとは異なるカテゴリーが適用された経験はないだろうか。このプラグインは、パーマリンクに適用されるカテゴリーをコントロールし、希望通りのパーマリンクを設定します。

HTML entities button:プラグイン作ってみました(2011年6月29日 登録)

以前投稿した「HTML編集モードに定型文ボタンを追加する」をアレンジして、HTML編集モードに特殊文字(HTMLエンティティ)を挿入できるボタン、顔文字を挿入できるボタン、過去の投稿ページのリンクを挿入できるボタンを追加するプラグインを作ってみました。HTML編集モードの作業効率を向上させるプラグインです。2.0.0の新機能は「こちら」で確認してください。HTML編集モードをメインに使用されている方は、お試しあれ。

全投稿を取得するのはnopaging=1でいい(2011年8月29日 登録)

query_posts関数(またはWP_Queryクラス)を使う場合、取得する件数の指定を省略すると管理者ページの「表示設定」-「1ページに表示する最大件数」の指定値分だけの投稿情報を取得する。それでは条件にマッチするすべての投稿情報を取得するには?

リクエスト応答を終了する前に何かを処理する(2013年9月26日 登録)

PHPでは、register_shutdown_function関数を使うことでリクエストに対してレスポンスを返した後に何らかの処理を行うことができる。WordPressでもregister_shutdown_function関数は使えると思うのだが、テーマ内のテンプレートでページを表示した後で何かを行う場合はどうすればいいのか、ちょっと調べてみた。

初期化に関連するアクションのおさらい(2012年8月7日 登録)

いつも何気なくfunctions.phpで使っているafter_setup_themeアクションやinitアクション。普段はあまり意識していなかったが、ふとしたことからどんな順番に呼び出されるのか気になってしまい、ちょっと調べてみた。

最終更新日時 : 2014-07-01 09:55