register_taxonomy_for_object_type

(3.0.0以降)
register_taxonomy_for_object_type - 投稿タイプにタクソノミーを割り当てる

説明

bool register_taxonomy_for_object_type( string $taxonomy, string $object_type )
投稿タイプにタクソノミーを割り当てる。

パラメータ

  • $taxonomy
    'category'や'post_tag'などのタクソノミー名を指定。
  • $object_type
    'page'や'attachment'などの投稿タイプ名を指定。

返り値

投稿タイプにタクソノミーに割り当てできたか、割り当て済みの場合はtrueを、投稿タイプまたはタクソノミーのどちらかが未登録の場合はfalseを返す。

注意

登録済み投稿タイプのタクソノミーを拡張する場合に使用する。

使用例

  • メディア('attachment')にタグ('post_tag')を割り当てる。
    <?php register_taxonomy_for_object_type( 'post_tag', 'attachment' ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/taxonomy.php

関連

お勧めコンテンツ

index.htmlでアーカイブページを表示させる(2011年10月14日 登録)

静的なサイトでは、各ディレクトリにindex.htmlファイルを置き、そのディレクトリの内容を紹介することが多い。WordPressで構築したサイトも同様にできないかと考え、試行錯誤してみた(こんなことを考えてるのは自分だけだろうか!?)。

ショートコードを含んだページを表示する前に何か処理する(2014年5月28日 登録)

固定ページまたは投稿ページに独自のフォームを埋め込む。入力→登録の2段階のフォームなら著名なプラグイン「Contact Form 7」を利用すればいいのだが、クライアントの依頼は入力→確認→登録の3段階で組み込む要素が特化していたので、独自の実装方法を考えることになった。

新「WordPress Events and News」ウィジェットが興味深い(2017年5月26日 登録)

4.8のベータ版ですぐに新機能とわかるのが管理者ダッシュボードの新「WordPress Events and News」ウィジェット。ユーザーが指定した地域近隣で開催されるイベント情報を表示してくれるウィジェットで、この中のフォームがちょっと興味深かった。なおこの記事はWordPress 4.8 beta-2をもとにしており、以降のバージョンで変更される可能性があることをあらかじめ断っておく。

ログインページを変える(2012年11月18日 登録)

WordPressの標準的な不正ログイン対策としては、ログインIDは'admin'を避けるパスワードはユニークで長くする、場合によってはアクセスできるIPアドレスを制限する、といった具合だろう。これらの他に何かできないものだろうかと、ちょっと考えてみた。

リクエスト応答を終了する前に何かを処理する(2013年9月26日 登録)

PHPでは、register_shutdown_function関数を使うことでリクエストに対してレスポンスを返した後に何らかの処理を行うことができる。WordPressでもregister_shutdown_function関数は使えると思うのだが、テーマ内のテンプレートでページを表示した後で何かを行う場合はどうすればいいのか、ちょっと調べてみた。

最終更新日時 : 2014-07-01 09:55