register_taxonomy_for_object_type

(3.0.0以降)
register_taxonomy_for_object_type - 投稿タイプにタクソノミーを割り当てる

説明

bool register_taxonomy_for_object_type( string $taxonomy, string $object_type )
投稿タイプにタクソノミーを割り当てる。

パラメータ

  • $taxonomy
    'category'や'post_tag'などのタクソノミー名を指定。
  • $object_type
    'page'や'attachment'などの投稿タイプ名を指定。

返り値

投稿タイプにタクソノミーに割り当てできたか、割り当て済みの場合はtrueを、投稿タイプまたはタクソノミーのどちらかが未登録の場合はfalseを返す。

注意

登録済み投稿タイプのタクソノミーを拡張する場合に使用する。

使用例

  • メディア('attachment')にタグ('post_tag')を割り当てる。
    <?php register_taxonomy_for_object_type( 'post_tag', 'attachment' ); ?>

フィルター

直接実行するフィルターはありません。

アクション

直接実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/taxonomy.php

関連

お勧めコンテンツ

the_date関数で投稿日を確実に表示する(2011年12月20日 登録)

投稿記事の投稿日時を表示する際、the_date関数を使用することが多いだろう。このthe_date関数はphpのdate関数と同じパラメータを指定することで、好みの日時フォーマットで投稿日時を表示できるのだが、ある条件の場合に投稿日時を表示しない。最初にこの現象に遭遇したときは、ちょっと悩まされた。

初期状態で「抜粋」ウィジェットを表示する(2014年1月7日 登録)

投稿編集ページのウィジェットは標準で表示されるものとされないものがある。フォーラムに『投稿の編集画面にデフォルトで抜粋を表示させたい』という投稿があったので、ちょっと調べてみた。

スクリプトファイルのバージョンパラメータを変更する(2015年2月10日 登録)

Java Scriptやスタイルシートの指定を直接head要素内に記述せず、wp_enqueue_scriptsフィルターなどを使って指定する場合、WordPressのバージョン番号が付与されている。このバージョン番号は、妥当なんだろうか。

Emojin:プラグイン作ってみました(2014年8月23日 登録)

ちょっと前のTLでiOSの絵文字を含んだ投稿を保存すると、絵文字以降の文章がすべて消えた状態で保存されるといったツイートを見かけた。少し検索してみると、MySQLのデータベースの文字セットが「utf8」の場合、iOSの絵文字のような4バイトの文字を正常に保存できず、それ以降の文章も保存されないというものらしい。対処方法としてデータベースの文字セットを「utf8mb4」に変更するのが有効らしいのだが、他に回避策がないか考えてみた。

使っていないか確認しないとね!(2011年6月8日 登録)

2003年に誕生したWordPress。その歴史の中には、廃止予定(deprecated)となっている関数がいくつも存在する。それらの関数をテーマやプラグインで使用するべきではないし、使用しているなら代替の関数に書き換えるべきである。ここでは3.24.9.0現在、廃止予定となっている関数をまとめて紹介する。

最終更新日時 : 2014-07-01 09:55