register_widget

(2.8.0以降)
register_widget - ウィジェットを登録する

説明

void register_widget( string $widget_class )
ウィジェットを登録する。

パラメータ

  • $widget_class
    ウィジェットのクラス名を指定。

返り値

返り値はありません。

注意

独自のウィジェットはWP_Widgetクラスを継承したクラスを定義し、そのクラス名をこのregister_widget関数で指定して登録する。register_widget関数を呼ぶタイミングは、テーマであればfunctions.phpにてwidgets_initアクションの処理内で行うのが望ましいようだ。

使用例

  • ウィジェットを登録する。
    <?php register_widget( 'Mytheme_Text_Widget' );
    
    class Mytheme_Text_Widget extends WP_Widget {
    	function __construct() {
    		// ここにウィジェットの初期化処理を記述
    	}
    	function widget( $args, $instance ) {
    		// ウィジェットによる表示(出力)処理を記述
    	}
    	function flush_widget_cache() {
    		// wp_cache_delete関数でウィジェットのキャッシュを削除
    	}
    	function update( $new_instance, $old_instance ) {
    		// ウィジェットのプロパティ更新処理を記述
    	}
    	function form( $instance ) {
    		// ウィジェットのプロパティフォームを記述
    	}
    }
    ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/widgets.php

お勧めコンテンツ

絵文字画像がPNGからSVGへ(2016年8月15日 登録)

WordPressでは絵文字に対応していないブラウザ環境で絵文字を表示する仕組みをバージョン4.2から提供。絵文字に対応しているブラウザとそん色がない表示を実現する。

query_posts(WP_Queryクラス)で投稿タグを絞り込む(2011年9月7日 登録)

投稿タグの絞り込みは、カテゴリーに似ているけど微妙に違っている。今日は、昨日投稿した「query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む」の続きとして、投稿タグの絞り込みついてまとめてみる。

ログアウト後はいつもサイトトップ(2015年5月7日 登録)

ログアウト後に表示(リダイレクト)されるページは、標準ではログインページ(wp-login.php)である。4.2.0ではログアウト処理後のページリダイレクト前に呼び出されるフィルターが追加された。

カスタムフィールド関連関数のおさらい(2012年6月22日 登録)

カスタムフィールドは、投稿記事の拡張情報としてよく利用されている。投稿ページで登録した情報をアーカイブや投稿ページで表示しているが、投稿ページを表示する際にカスタムフィールドの値を更新して、サイドバーのようなページ内要素に利用したりしている。

WP_Postオブジェクトで投稿情報を直感的に使う(2012年10月4日 登録)

WordPress 3.5で登場するであろうWP_Postクラス。WordPressの投稿情報は、投稿情報本体のほか、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールドなど、いくつかに分散して記録され、それぞれの情報を取得する際は、いくつかの関数をしていた。新しいWP_Postクラスにより、その習慣とおさらばできるかもしれない。

最終更新日時 : 2013-01-28 12:14