register_widget

(2.8.0以降)
register_widget - ウィジェットを登録する

説明

void register_widget( string $widget_class )
ウィジェットを登録する。

パラメータ

  • $widget_class
    ウィジェットのクラス名を指定。

返り値

返り値はありません。

注意

独自のウィジェットはWP_Widgetクラスを継承したクラスを定義し、そのクラス名をこのregister_widget関数で指定して登録する。register_widget関数を呼ぶタイミングは、テーマであればfunctions.phpにてwidgets_initアクションの処理内で行うのが望ましいようだ。

使用例

  • ウィジェットを登録する。
    <?php register_widget( 'Mytheme_Text_Widget' );
    
    class Mytheme_Text_Widget extends WP_Widget {
    	function __construct() {
    		// ここにウィジェットの初期化処理を記述
    	}
    	function widget( $args, $instance ) {
    		// ウィジェットによる表示(出力)処理を記述
    	}
    	function flush_widget_cache() {
    		// wp_cache_delete関数でウィジェットのキャッシュを削除
    	}
    	function update( $new_instance, $old_instance ) {
    		// ウィジェットのプロパティ更新処理を記述
    	}
    	function form( $instance ) {
    		// ウィジェットのプロパティフォームを記述
    	}
    }
    ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/widgets.php

お勧めコンテンツ

コメントの「ウェブサイト」止めました(2014年4月14日 登録)

とあるサイトのスパムコメントが多く、その都度のスパム指定するのが面倒である。これまでいくつか対策を行ってきたが、そういった対応にもいい加減うんざりしてきたので、試験的に「ウェブサイト」を無効化しようと思った。

スクリプトファイルのバージョンパラメータを変更する(2015年2月10日 登録)

Java Scriptやスタイルシートの指定を直接head要素内に記述せず、wp_enqueue_scriptsフィルターなどを使って指定する場合、WordPressのバージョン番号が付与されている。このバージョン番号は、妥当なんだろうか。

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

テーマから投稿画像のサイズを指定する(2012年3月15日 登録)

投稿記事に挿入する画像サイズは、サムネイル(150×150)、中サイズ(300×300)、大サイズ(1024×1024)がデフォルトだが、テーマによっては別のサイズを指定したい場合はある。基本的には、「設定」-「メディア」の「メディア設定」ページで指定できるが、テーマ内のfunctions.phpで設定しておくとちょっと便利かもしれない。

管理者ページに文言を表示する(2012年4月19日 登録)

お客様向けに管理者ページをカスタマイズする機会が増えてきている。カスタマイズするページや表示場所、表示内容によっていくつかの手段があるが、今回はページの冒頭部分に任意の文言を表示する方法を紹介する。

最終更新日時 : 2013-01-28 12:14