register_widget

(2.8.0以降)
register_widget - ウィジェットを登録する

説明

void register_widget( string $widget_class )
ウィジェットを登録する。

パラメータ

  • $widget_class
    ウィジェットのクラス名を指定。

返り値

返り値はありません。

注意

独自のウィジェットはWP_Widgetクラスを継承したクラスを定義し、そのクラス名をこのregister_widget関数で指定して登録する。register_widget関数を呼ぶタイミングは、テーマであればfunctions.phpにてwidgets_initアクションの処理内で行うのが望ましいようだ。

使用例

  • ウィジェットを登録する。
    <?php register_widget( 'Mytheme_Text_Widget' );
    
    class Mytheme_Text_Widget extends WP_Widget {
    	function __construct() {
    		// ここにウィジェットの初期化処理を記述
    	}
    	function widget( $args, $instance ) {
    		// ウィジェットによる表示(出力)処理を記述
    	}
    	function flush_widget_cache() {
    		// wp_cache_delete関数でウィジェットのキャッシュを削除
    	}
    	function update( $new_instance, $old_instance ) {
    		// ウィジェットのプロパティ更新処理を記述
    	}
    	function form( $instance ) {
    		// ウィジェットのプロパティフォームを記述
    	}
    }
    ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/widgets.php

お勧めコンテンツ

Login rebuilderで第2ログインページのURLを取得する(2015年5月24日 登録)

先週のこと、「Login rebuilder」のユーザから「wp_login_url関数のように第2ログインページのURLを取得できないか」という問い合わせがありました。その時点ではそのような関数やメソッドを用意していなかったのですが、まあニーズがあるなら作ってみようと思い、対応するメソッドを追加したLogin rebuilderバージョン1.4.3をリリースしました。

canvasタグを投稿したい(2013年12月27日 登録)

以前「投稿内容のid属性などを保存するための対策」で取り上げたように、WordPressでは投稿に記述できるHTMLタグが制限されている。同コラムでこの制限を調整する対策を紹介しているが、3.5以降ではフィルター関数を登録して対応できるようだ。

「テキスト」モードと「ビジュアル」モードを行き来すると投稿内容の一部が消える(2015年3月14日 登録)

仕事がらサイトの引っ越し作業のお手伝いをすることがあるのですが、今回は引っ越しにあわせてWordPressを「3.7.1」から最新版「4.1.1」にアップデートすることになりました。ここで紹介するのはこの案件で発生したトラブルの話です。

常時SSL接続に変更しました(2017年3月3日 登録)

先週末、本サイトを常時SSL接続に変更しました。本サイトは「さくらのVPS」(CentOS 6系、Apache 2.2系)上にWordPressのマルチサイト機能を使って構築しており、無償で使用できる「Let's Encrypt」を使って常時SSL接続に切り替えた手順をメモとして残しそうと思います。

カスタムフィールド関連関数のおさらい(2012年6月22日 登録)

カスタムフィールドは、投稿記事の拡張情報としてよく利用されている。投稿ページで登録した情報をアーカイブや投稿ページで表示しているが、投稿ページを表示する際にカスタムフィールドの値を更新して、サイドバーのようなページ内要素に利用したりしている。

最終更新日時 : 2013-01-28 12:14