register_widget

説明

void register_widget( string $widget_class )
ウィジェットを登録する。

パラメータ

  • $widget_class
    ウィジェットのクラス名を指定。

返り値

返り値はありません。

注意

独自のウィジェットはWP_Widgetクラスを継承したクラスを定義し、そのクラス名をこのregister_widget関数で指定して登録する。register_widget関数を呼ぶタイミングは、テーマであればfunctions.phpにてwidgets_initアクションの処理内で行うのが望ましいようだ。

使用例

  • ウィジェットを登録する。
    <?php register_widget( 'Mytheme_Text_Widget' );
    
    class Mytheme_Text_Widget extends WP_Widget {
    	function __construct() {
    		// ここにウィジェットの初期化処理を記述
    	}
    	function widget( $args, $instance ) {
    		// ウィジェットによる表示(出力)処理を記述
    	}
    	function flush_widget_cache() {
    		// wp_cache_delete関数でウィジェットのキャッシュを削除
    	}
    	function update( $new_instance, $old_instance ) {
    		// ウィジェットのプロパティ更新処理を記述
    	}
    	function form( $instance ) {
    		// ウィジェットのプロパティフォームを記述
    	}
    }
    ?>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/widgets.php

最終更新 : 2013年01月28日 12:14


お勧め

各種リンクを取得する関数一覧(2014年6月12日 更新)

サイト設計において、ページ間の相互リンクは重要である。WordPressでは各種ページのリンク(パーマリンク)を取得する関数を用意しており、それらを一通り把握しておくべきだろう。

ログインページを変える(2014年9月12日 更新)

WordPressの標準的な不正ログイン対策としては、ログインIDは'admin'を避けるパスワードはユニークで長くする、場合によってはアクセスできるIPアドレスを制限する、といった具合だろう。これらの他に何かできないものだろうかと、ちょっと考えてみた。

Login rebuilderのログ表示機能を紹介(2018年5月27日 更新)

プラグイン「Login rebuilder」には、バージョン1.2.0からログ情報を保存・確認する機能が備わっています。このログ情報では直近のログインページへの不正アクセスやログイン試行を確認できます。ここでは保存しているログ情報の見方について簡単に説明します。

管理画面でツールバー(Admin bar)を非表示にする(2013年3月5日 更新)

WordPress使ってちょっと変わったサイトを構築する際、管理画面のツールバーを表示させたくないケースがある。一般に公開するサイト側であれば、 show_admin_bar関数で非表示にできるのだが、管理画面ではこれを使ってもツールバーは消えてくれない。

一定時間でログアウトする(2013年5月23日 更新)

ログイン関係を調べている関係で、 wp_set_auth_cookie関数に行き着く。ログイン画面の「ログイン状態を保持する」がチェックされた場合、クッキーの有効期限は14日間。チェックされていない場合は、ブラウザが閉じるまで常に有効となっているんだね。