remove_action

(1.2.0以降)
remove_action - WordPressタグに登録されているアクションを削除する

説明

bool remove_action( $tag, mixed $function_to_remove [ , int $priority = 10 [ , int $accepted_args = 1 ] ] )
WordPressタグに登録されているアクションを削除する。

パラメータ

  • $tag
    WordPressタグ名
  • $function_to_remove
    アクション関数を示す名前(文字列)または配列
  • $priority
    アクション関数のプライオリティ値(省略時は10)
  • $accepted_args
    アクション関数のパラメータ数(省略時は1)

返り値

アクション関数を削除できた場合はtrue、削除できなかった(登録されていなかった)場合はfalseを返す。

注意

現状のWordPress内部ではアクションとフィルターは同じ扱いになっており、この関数の内部ではremove_filter関数にパラメータを引き継ぎ、アクションを削除している。

使用例

  • WordPressタグ'wp_head'に登録されているアクション'wp_generator'を削除する。
    <?php remove_action( 'wp_head', 'wp_generator' ); ;>

関連

  • add_action - アクション関数を追加する
  • has_action - WordPressタグにアクションが登録されているか調べる
  • remove_filter - WordPressタグに登録されているフィルターを削除する

お勧めコンテンツ

ページを表示する直前の前処理にtemplate_redirectアクションを(2013年4月13日 登録)

リクエストに応じてページを表示する直前の準備として何かしらの処理を行っておきたいケースがある。そんな時、テーマの各テンプレートファイルの先頭部分に処理内容をずらずらと記述していませんか。

get_postsとquery_postsを使い分け(2011年1月21日 登録)

get_postsquery_postsは、どちらも複数の投稿情報を取得することができる便利な関数である。パラメータとして指定できる内容も共通しているものが多く、query_postsがより詳細なパラメータを指定でき、高機能になっている。

3.8の「アクティビティ」ウィジェットに投稿以外の情報も表示する(2014年1月17日 登録)

ちょうど1月前の「ダッシュボードの「概要」にカスタム投稿タイプ件数を表示する」にて、WordPress 3.8新ダッシュボードの「概要」ウィジェットにカスタム投稿タイプの投稿数を表示する方法を紹介したが、今回のその続編で「アクティビティ」ウィジェットを拡張する方法を紹介する。

テーマから投稿画像のサイズを指定する(2012年3月15日 登録)

投稿記事に挿入する画像サイズは、サムネイル(150×150)、中サイズ(300×300)、大サイズ(1024×1024)がデフォルトだが、テーマによっては別のサイズを指定したい場合はある。基本的には、「設定」-「メディア」の「メディア設定」ページで指定できるが、テーマ内のfunctions.phpで設定しておくとちょっと便利かもしれない。

もうquery_postsは呼ばない(2011年9月27日 登録)

トップページやカテゴリーページで標準の条件に少し手を加えた投稿情報を表示するケースがある。そんな時、テンプレートファイルの先頭でquery_posts関数を呼び出して投稿情報を再抽出していたのだが、フィルター処理をうまく使えばquery_posts関数を呼び出さなくても大丈夫みたいだ。

最終更新日時 : 2011-06-23 16:40