remove_action

(1.2.0以降)
remove_action - WordPressタグに登録されているアクションを削除する

説明

bool remove_action( $tag, mixed $function_to_remove [ , int $priority = 10 [ , int $accepted_args = 1 ] ] )
WordPressタグに登録されているアクションを削除する。

パラメータ

  • $tag
    WordPressタグ名
  • $function_to_remove
    アクション関数を示す名前(文字列)または配列
  • $priority
    アクション関数のプライオリティ値(省略時は10)
  • $accepted_args
    アクション関数のパラメータ数(省略時は1)

返り値

アクション関数を削除できた場合はtrue、削除できなかった(登録されていなかった)場合はfalseを返す。

注意

現状のWordPress内部ではアクションとフィルターは同じ扱いになっており、この関数の内部ではremove_filter関数にパラメータを引き継ぎ、アクションを削除している。

使用例

  • WordPressタグ'wp_head'に登録されているアクション'wp_generator'を削除する。
    <?php remove_action( 'wp_head', 'wp_generator' ); ;>

関連

  • add_action - アクション関数を追加する
  • has_action - WordPressタグにアクションが登録されているか調べる
  • remove_filter - WordPressタグに登録されているフィルターを削除する

お勧めコンテンツ

購読者は管理者ページのアクセス禁止(2013年11月12日 登録)

購読者(subscriber)は、通常「ダッシュボード」「プロフィール」にアクセスできるが、今回はプロフィールを独自に管理する準備を兼ねて、これらのページにアクセスできないようにブロックしてみた。

管理者ページに文言を表示する(2012年4月19日 登録)

お客様向けに管理者ページをカスタマイズする機会が増えてきている。カスタマイズするページや表示場所、表示内容によっていくつかの手段があるが、今回はページの冒頭部分に任意の文言を表示する方法を紹介する。

同じ名前のメタ情報をまとめて削除する(2014年3月21日 登録)

WordPressには、投稿情報、コメント情報、ユーザ情報のそれぞれを拡張できるメタ情報の仕組みが用意されている。投稿情報のメタ情報は「カスタムフィールド」として投稿画面に用意されているので投稿者自身が随時操作できるほか、テーマやプラグインからの操作も容易である。今回の中身はそんなメタ情報の一括削除の話だ。

管理画面の'アイキャッチ画像'を'写真'に変える(2013年1月23日 登録)

クライアント向けに専用のテーマを提供する際、稀に管理画面内の用語の変更を依頼されることがある。今回は、'アイキャッチ画像'だとわかりにくいので'写真'に変えてほしいということだった。

Somewhere search box:プラグイン作ってみました(2012年12月24日 登録)

投稿済みの記事を修正する際、毎回「投稿一覧」に戻るのは面倒だ、そんなことを感じて作ったのがこのプラグインです。また1.2.0では投稿内容(本文、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールド)を複製するリンクを投稿一覧ページと投稿編集ページに追加、1.3.0では投稿タイトルのみの検索をサポートしました。

最終更新日時 : 2011-06-23 16:40