remove_filter

(1.2.0以降)
remove_filter - WordPressタグに登録されているフィルターを削除する

説明

bool remove_filter( $tag, mixed $function_to_remove [ , int $priority = 10 [ , int $accepted_args = 1 ] ] )
WordPressタグに登録されているフィルターを削除する。

パラメータ

  • $tag
    WordPressタグ名
  • $function_to_remove
    フィルター関数を示す名前(文字列)または配列
  • $priority
    フィルター関数のプライオリティ値(省略時は10)
  • $accepted_args
    フィルター関数のパラメータ数(省略時は1)

返り値

フィルター関数を削除できた場合はtrue、削除できなかった(登録されていなかった)場合はfalseを返す。

注意

パラメータ$priorityを省略した場合は10となる。フィルターを削除する際、プライオリティ値が一致しないと削除されない。

[3.5.0]パラメータ$accepted_argsは、使用されなくなった。

使用例

  • WordPressタグ'the_title'に登録されているフィルター'trim'を削除する。
    <?php remove_filter( 'the_title', 'trim' ); ;>
  • 'comment_text'フィルターの'convert_smilies'を削除する。
    <?php remove_filter( 'comment_text', 'convert_smilies', 20 ); ;>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/plugin.php

関連

  • add_filter - フィルター関数を追加する
  • has_filter - WordPressタグにフィルターが登録されているか調べる
  • remove_action - WordPressタグに登録されているアクションを削除する

お勧めコンテンツ

add_actionを使って管理ページで独自cssを使う(2011年2月25日 登録)

テーマやプラグインで専用の管理ページを作る場合、そのページ向けのcssやjavascriptが必要になることがある。どちらもページ内に直接記述できるが、特にcssは別ファイルに分けたいほうが便利だ。ここではその方法を紹介しよう。

初期状態で「抜粋」ウィジェットを表示する(2014年1月7日 登録)

投稿編集ページのウィジェットは標準で表示されるものとされないものがある。フォーラムに『投稿の編集画面にデフォルトで抜粋を表示させたい』という投稿があったので、ちょっと調べてみた。

WordCamp Tokyo 2013(2013年9月14日 登録)

本日開催された「WordCamp Tokyo 2013」に行ってきました。昨年と同様、会場は大田区産業プラザで、PHPカンファレンスと共催でしたね。

wp_titleからwp_get_document_titleへ(2015年10月26日 登録)

先週、WordPress 4.4 beta1(以降4.4 beta1)が公開されました。この4.4 beta1では新テーマ「Twenty Sixteen」が追加されたほか、wp-includesディレクトリ以下のファイルが大幅に変更された感じです。

全投稿を取得するのはnopaging=1でいい(2011年8月29日 登録)

query_posts関数(またはWP_Queryクラス)を使う場合、取得する件数の指定を省略すると管理者ページの「表示設定」-「1ページに表示する最大件数」の指定値分だけの投稿情報を取得する。それでは条件にマッチするすべての投稿情報を取得するには?

最終更新日時 : 2016-06-01 08:59