remove_filter

(1.2.0以降)
remove_filter - WordPressタグに登録されているフィルターを削除する

説明

bool remove_filter( $tag, mixed $function_to_remove [ , int $priority = 10 [ , int $accepted_args = 1 ] ] )
WordPressタグに登録されているフィルターを削除する。

パラメータ

  • $tag
    WordPressタグ名
  • $function_to_remove
    フィルター関数を示す名前(文字列)または配列
  • $priority
    フィルター関数のプライオリティ値(省略時は10)
  • $accepted_args
    フィルター関数のパラメータ数(省略時は1)

返り値

フィルター関数を削除できた場合はtrue、削除できなかった(登録されていなかった)場合はfalseを返す。

注意

パラメータ$priorityを省略した場合は10となる。フィルターを削除する際、プライオリティ値が一致しないと削除されない。

[3.5.0]パラメータ$accepted_argsは、使用されなくなった。

使用例

  • WordPressタグ'the_title'に登録されているフィルター'trim'を削除する。
    <?php remove_filter( 'the_title', 'trim' ); ;>
  • 'comment_text'フィルターの'convert_smilies'を削除する。
    <?php remove_filter( 'comment_text', 'convert_smilies', 20 ); ;>

フィルター

実行するフィルターはありません。

アクション

実行するアクションはありません。

ソースファイル

/wp-includes/plugin.php

関連

  • add_filter - フィルター関数を追加する
  • has_filter - WordPressタグにフィルターが登録されているか調べる
  • remove_action - WordPressタグに登録されているアクションを削除する

お勧めコンテンツ

query_posts(WP_Queryクラス)でカスタムフィールドを使う(2011年9月15日 登録)

先週3回にわたってtax_queryパラメータを使ったカテゴリーや投稿タグ、投稿フォーマットの絞り込みを整理したが、その途中で目に付いたのが'meta_query'パラメータ。この'meta_query'パラメータは、カスタムフィールドの絞り込み条件を指定するためのもので、3.2で登場した新しいパラメータのようだ。

固定ページのURLの拡張子をhtmlに変更する(2012年8月8日 登録)

固定ページについて、URLを静的ページっぽく拡張子htmlに変更したいという要望を受けることがある。これまでは「.html on PAGES」というプラグインを使っていて特に不満があったわけではないのだが、今回ひょんなことから簡単に対応できることがわかったので、メモ書きしておく。

投稿画面のウェジェットを2列にする(2013年1月25日 登録)

ダッシュボード画面ではスクリーンレイアウトを最大4列まで選択できるのに、投稿画面は1列か2列のどちらか。高解像度のディスプレイを使っていると、投稿画面では大画面のメリットを生かせていない理由がここにあるのではと感じ、3列対応にしてみた。

管理画面でツールバー(Admin bar)を非表示にする(2013年3月5日 登録)

WordPress使ってちょっと変わったサイトを構築する際、管理画面のツールバーを表示させたくないケースがある。一般に公開するサイト側であれば、show_admin_bar関数で非表示にできるのだが、管理画面ではこれを使ってもツールバーは消えてくれない。

4.2.3でちょっと変わったショートコード(2015年7月25日 登録)

4.3のリリースまであと少しなわけですが、4.2.3が緊急リリースされました。4.2.2とソースコードを比較すると、ざっくりTinyMCE絡みが多い印象を受けたのですが、ショートコード関連も少し変わっていたので簡単にまとめてみました。

最終更新日時 : 2016-06-01 08:59