remove_menu_page

(3.1.0以降)
remove_menu_page - メニューを削除する

説明

mixed remove_menu_page( string $menu_slug )
メニューを削除する。

パラメータ

  • $menu_slug
    メニューのスラッグ。

返り値

メニューを削除できた場合はそのメニュー情報を示す配列を返す。削除できなかった場合はfalseを返す。

注意

admin_menuアクションの中で使用することで、任意のメニューを削除(非表示)できる(admin_menuアクション以外で使用すると不具合が生じる)。主なスラッグは次の通り。
メニュースラッグ
ダッシュボードindex.php
投稿edit.php
メディアupload.php
リンクlink-manager.php
固定ページedit.php?post_type=page
コメントedit-comments.php
外観themes.php
プラグインplugins.php
ユーザーusers.php
ツールtool.php
設定options-general.php

使用例

  • ツールメニューを削除する。
    <?php
    add_action('admin_menu', 'my_remove_menu');
    
    function my_remove_menu() {
    	remove_menu_page( 'tools.php' );
    }
    ?>

関連

お勧めコンテンツ

初期状態で「抜粋」ウィジェットを表示する(2014年1月7日 登録)

投稿編集ページのウィジェットは標準で表示されるものとされないものがある。フォーラムに『投稿の編集画面にデフォルトで抜粋を表示させたい』という投稿があったので、ちょっと調べてみた。

囲み型ショートコードとwpautop(2014年10月22日 登録)

ショートコードは投稿記事の閲覧時に動的に内容を変更できる優れもの。galleryやcaptionなどいくつかのショートコードが標準で組み込まれており、一部のプラグインではその機能を利用する手段としてショートコードが利用されている。

カスタム投稿タイプの投稿保存には専用アクションを使おう(2014年7月4日 登録)

カスタム投稿タイプを登録して、専用ウィジェット(meta_box)を使って拡張情報を入力させ、それらの情報をsave_postアクションで保存する。これまではこんな感じだったのだが、久しぶりにカスタム投稿タイプを使ったら、save_postアクションの前にsave_postに投稿タイプ名がくっついたアクションが追加されていた。

WP_List_Tableクラスを使ってみた(2017年8月23日 登録)

WordPressの管理画面ではデータを一覧表示しているページがいくつもある。今回この仕組みを自分のプラグインでも使ってみたいと思い、調査しながらプラグインに組み込んでみた。

プラグインのヘッダー情報を国際化対応しよう(2017年6月19日 登録)

バージョン4.8がリリースされてひと段落。あらためてプラグイン一覧ページを見てみると「Akismet」が「Akismet Anti-Spam (アンチスパム)」と表示されていた。説明文だけじゃなくプラグイン名も国際化対応できたのね。

最終更新日時 : 2011-06-23 16:41