remove_menu_page

(3.1.0以降)
remove_menu_page - メニューを削除する

説明

mixed remove_menu_page( string $menu_slug )
メニューを削除する。

パラメータ

  • $menu_slug
    メニューのスラッグ。

返り値

メニューを削除できた場合はそのメニュー情報を示す配列を返す。削除できなかった場合はfalseを返す。

注意

admin_menuアクションの中で使用することで、任意のメニューを削除(非表示)できる(admin_menuアクション以外で使用すると不具合が生じる)。主なスラッグは次の通り。
メニュースラッグ
ダッシュボードindex.php
投稿edit.php
メディアupload.php
リンクlink-manager.php
固定ページedit.php?post_type=page
コメントedit-comments.php
外観themes.php
プラグインplugins.php
ユーザーusers.php
ツールtool.php
設定options-general.php

使用例

  • ツールメニューを削除する。
    <?php
    add_action('admin_menu', 'my_remove_menu');
    
    function my_remove_menu() {
    	remove_menu_page( 'tools.php' );
    }
    ?>

関連

お勧めコンテンツ

Somewhere search box:プラグイン作ってみました(2012年12月24日 登録)

投稿済みの記事を修正する際、毎回「投稿一覧」に戻るのは面倒だ、そんなことを感じて作ったのがこのプラグインです。また1.2.0では投稿内容(本文、カテゴリーや投稿タグ、カスタムフィールド)を複製するリンクを投稿一覧ページと投稿編集ページに追加しました。

ショートコードを使ってテーマ内の画像URLを簡単に指定する(2011年5月2日 登録)

投稿記事の中で画像パーツを使いたいときがある。画像パーツの配置場所は、/imgディレクトリのようなテーマ外の場合と、/wp-content/themes/mytheme/imagesディレクトリのようなテーマ内の場合があり、今回は後者のケース。ショートコードを使って投稿記事の画像ファイルのURLを記述する方法を紹介したい。

カスタムフィールド関連関数のおさらい(2012年6月22日 登録)

カスタムフィールドは、投稿記事の拡張情報としてよく利用されている。投稿ページで登録した情報をアーカイブや投稿ページで表示しているが、投稿ページを表示する際にカスタムフィールドの値を更新して、サイドバーのようなページ内要素に利用したりしている。

スマートフォン向けの振り分けを自前で行う(2011年11月2日 登録)

PC向けのサイトをスマートフォン対応する場合、WPtouchやktai styleに代表されるスマートフォン対応のテンプレート切り替えプラグインを使用するのが一般的。そういったプラグインはテンプレート切り替え以外の機能も備えており、そういった機能は必ずしも必要ではない。そんなわけで、ここでは超シンプルなスマートフォン向けのテンプレート切り替えを実現する方法を紹介する。

「姓」の後に「名」を(2013年11月6日 登録)

WordPressのユーザー情報設定ページでは、「名(First name)」の後に「姓(Last name)」を入力するようになっている。日本向けのユーザー登録できるサイトの場合、この並び順はちょっと違和感があるので、「姓」「名」の順に入力できるようにした。

最終更新日時 : 2011-06-23 16:41