remove_menu_page

説明

mixed remove_menu_page( string $menu_slug )
メニューを削除する。

パラメータ

  • $menu_slug
    メニューのスラッグ。

返り値

メニューを削除できた場合はそのメニュー情報を示す配列を返す。削除できなかった場合はfalseを返す。

注意

admin_menuアクションの中で使用することで、任意のメニューを削除(非表示)できる(admin_menuアクション以外で使用すると不具合が生じる)。主なスラッグは次の通り。
メニュースラッグ
ダッシュボードindex.php
投稿edit.php
メディアupload.php
リンクlink-manager.php
固定ページedit.php?post_type=page
コメントedit-comments.php
外観themes.php
プラグインplugins.php
ユーザーusers.php
ツールtool.php
設定options-general.php

使用例

  • ツールメニューを削除する。
    <?php
    add_action('admin_menu', 'my_remove_menu');
    
    function my_remove_menu() {
    	remove_menu_page( 'tools.php' );
    }
    ?>

最終更新 : 2018年05月27日 10:52



お勧め

query_posts(WP_Queryクラス)でカテゴリーを絞り込む(2011年9月14日 更新)

久しぶりに query_posts関数を見直してみると、見知らぬパラメータがいくつか追加されていた。気になったのでカテゴリー関係の指定を'tax_query'パラメータを交えて整理してみた。

「順序」をtextからnumberに変更してみた(2018年5月27日 更新)

固定ページの編集画面の「投稿の属性」ウィジェットには、ページの並び替えに使用できる「順序」のinput要素がある。この「順序」のinput要素はtype属性が'text'となっており、編集の際にIMEが有効になってしまう場合がある。ページの編集頻度が多くなると、その都度IMEをオフにするのがやや面倒になってくる。

投稿内容のid属性などを保存するための対策(2012年6月15日 更新)

WordPress 3.4にアップデートしたとある環境で投稿記事を保存すると、divタグなどのid属性がクリアされて保存するようになった(id属性が保存できなくなった)。ここでは、その対策方法の1つを紹介しておく。

oEmbedについて考えてみた(2018年5月27日 更新)

本サイト向けにテーマをリニューアルしようと思い一から作っている最中、ふと生成されているHTMLの中にあるoEmbedの記述が目についた。「この記述いつからだっけ」くらいに思いながらリンク先を開き、ちょっとモヤモヤしてしまった。

Google Mapsブロックを作る過程で悩んだ件(2022年8月23日 更新)

自分なりのGoogle Mapsブロックを作るべく、カスタムHTMLブロックをベースにいくつかのパラメータ要素をサイドバーに追加していく。Google Maps用のAPIキーについてはオプションデータ(wp_optionsテーブル)に格納して利用していこうと思ったのだが、その方法がさっぱりわからなかった。